おしらせ

 
おしらせ
上野由日路x伊藤弘 オールドレンズ写真学校 写真展 vol.4
11月3-5日 場所は原宿 詳しくはこちら スタッフとして参加予定です。

オールドレンズ女子部
12月2日(土) 東京ドームシティ イルミネーション撮影散歩&お茶会 詳しくはこちら

TAIR-41Mのブログエントリーに写真を追加
Oo.ema.oOさんにオリンパスPENで撮影したタイ―ル41M(前記モデル)の写真を提供していただきました。

2013/10/01

Feature Article on Deckel mount lenses デッケルレンズ特集



銘玉の宝庫デッケルマウントのレンズ達
デッケル(DKL)マウントは1903年に創業したドイツ・ミュンヘンの機械メーカーFriedrich Deckel(フリードリッヒ・デッケル)社がメーカーの枠を越えて交換レンズの互換性を共有することを目的に考案したマウント規格である。1958年にKodak(ドイツ・コダック)社が新型カメラのRetina(レチナ)IIISに採用し[注1]、翌1959年にはVoigtländer(フォクトレンダー)社がBessamatic(ベッサマティック)を発売することでデッケル機市場に参入、レチナ・デッケル機とフォクトレンダー・デッケル機を合わせると何と通産100万台を超えるカメラが製造された(「フォクトレンダー」オフィスへリア発刊参照)。交換レンズ群の供給メーカーもVoigtländerに加え、Schneider, Rodenstock, Steinheil, Ennaが加わり、M42やEXAKTAに次ぐ第3のユニバーサルマウントとして大きな賑わいを見せた。また、Zeissが実質的に参入しなかったことも、このマウント規格のジャンルが独特な発展を見せる大きな要因となっており、Voigtländer社は自社のカメラを売るために交換レンズの開発に大きな力を注いでいる[注2]。デッケルマウントのレンズはフランジ長が比較的長いため、マウントアダプターを用いることでミラーレス機はもちろんのことNikon Fマウントのカメラや多くのメーカーの一眼レフカメラに装着することができる。本特集では数回にわたりDKLレンズならではの製品モデルを追いかけてみたい。紹介するレンズはSkoparex 3.4/35, Skopagon 2/40, Color-Skopar X 2.8/50, Septon 2/50, Tele-Arton 4/85の5本である。

----------
[注1] デッケルマウントには1956-1958年にBraun(ブラウン)社がSuper Colorette(スーパー・カラレッテ)というレンジファインダーカメラに採用した旧規格のデッケルマウント(Vitessa-T互換)と、1958年にマイナーチェンジが施され広く採用された新規格のデッケルマウントが存在する。新旧の規格に互換性はない。いわゆるデッケルマウントと呼ばれるのは後者を指す場合が多い。

[注2] Zeiss(西ドイツ)は少数のDKLレンズをごく短期間だけ製造した。Distagon, PlanarTessar, Sonnarなどの稀少レンズが存在する。情報を提供してくださいましたMr Calvin, Mr Hayataに感謝いたします。

12 件のコメント:

  1. はじめまして♪
    いつもとても有用な情報をご発信いただき、ありがとうございます。
    デッケルの記事、わくわくしています。期待しています(^^

    返信削除
  2. どういたしまして。これからもご声援よろしくお願いいたします。

    返信削除
  3. こんばんは~♪
    我が家もなんだかんだとデッケルレンズが3本になりました。
    カラースコパー1:2.8/50mmと、レチナクセナー1:2.8/50mmと、スコパレックス1:3.4/35mmです。
    我がブログでお安くデッケルを6Dでフォーカスエイドさせる裏技を発見しました。
    http://ameblo.jp/kurenai-kohboh8888/entry-11638927757.html
    イイ感じでと悦に浸ってましたが、α7Rが出て来た為に構成変更もあり得るな~とか。^^;;;
    やっぱ持ってるMFレンズが全部使える方が良いな~と。
    しかし、金属とガラスの塊、梨地の鍍金じゃないテカり具合はデッケルならでは。丸ゴシック風のフォントもなんかおしゃれですよね~♪
    最近、ヤフオクの方でも、デッケル漁りの人が増えて、掘り出しって感じで手に入り辛くなりました。
    なのでこの3本で打ち止め?な~んて思ってます。

    返信削除
  4. M42を経由したアダプターの二段重ねにはガタがでないのでこの技が有効ですよね。私もM42を経由しEosでフォーカスエイドを使っています。

    タイミングをみて、6Dからα7に乗り換える予定です。デザインが斬新なので好きです。ペンタ部をよくぞつけた。ところでα7でスピードブースターの使用を検討していますが使用制限について何か情報はお持ちでないでしょうか?フルサイズカメラにブースターを介して中判レンズつけるためです。ブースター自体がAPS機仕様とはいえ設計マージンがあるはずなので使用可能かもしれないと思っています。もちろん中判レンズとフルサイズ機に準拠したスピードブースターが出れば何の心配もないのですが期待できそうにありません。

    返信削除
  5. 裏技見つけて早々ですけど、私もα7に乗り換え準備中です。(笑)
    やっぱり持ってるレンズを全部使えないのはどうも気分的に厭です。なので、移住は当然ですね。^^;;;
    ローパスレスの7Rにするのが良いのか、7で充分なのかイマイチよく判ってません。
    ただ7万の差額でレンズが付くか付かないか、2400万画素であれば6Dからの移住でも充分でしょうし、高いZeissのレンズとかは買えないでしょうから、持ってる資産を生かしつつコスパを考えるとα7なのかな~と。安くないからよく考えたいですし、安くないから安くしたい・・・悩みどころです。
    スピードブースターの話は、デジカメinfoで誰か喋ってましたね。Aマウントレンズを活用できるのが売りですからね。

    返信削除
    返信
    1. 私の望みは1200万画素程度の低画素機が最新のギャップレスセンサーででてくれることで、25万でも即買います(無理かな…)。ソニーが革命児を目指すなら他社と同じベクトルではダメだとおもうのです。今後α9のような後継機が出るなら、そうしたことに期待したいてす。

      削除
  6. Hi. I owned three f1.9/50s in DKL. They are Schneide Xenon, Rodenstock Heligon and Steinheil Quinon. The f1.9/50 in the top right corner of your photos looks unique to me.Can you tell me the name of the lens or give me some hints who make this lens? Cheers. Calvin

    返信削除
    返信
    1. Hi Calvin
      This lens is Carl Meyer(a product of Burke and James Co.), which might be remodeled from other lens. I am interested in what this lens was. The barrel is similar to but different from Quinon. The focus ring looks the same as Septon. I need help(LOL).

      削除
    2. Yes. It may be a lens remodeled from parts of other lenses. The front barrel is similar to my ILoca-Quinon without the polished chrome ring. If it is a 50mm from Carl Meyer, it may be the Speed 50mm f1.9. You can compare your lens to this Carl Meyer Speed 50mm f1.9 mentioned in the following site in Taiwan.
      http://jorson.dyndns.org/ognn/viewthread.php?tid=1080&page=70

      削除
    3. Yes!
      The lens name is specified as "Speed" and it is 50mm f1.9.

      > mentioned in the following site in Taiwan.

      Very good news! Thank you very much.

      削除
    4. You are welcome! I do have some information on the DKL lenses you may not know. Carl Zeiss made two prototypes for DKL but they go into mass production. Check the photos on these two links:

      http://collectiblend.com/Lenses/Zeiss,-Carl/50mm-f2-Planar-%28Voigtl%C3%A4nder-Bessamatic-Ultramatic,-prototype.html

      http://collectiblend.com/Lenses/Zeiss,-Carl/50mm-f2.8-Tessar-%28voigtl%C3%A4nder-vitessa,-prototype,-compur%29.html

      Your made a very informative with lots of nice photos! Looking forward for your new updates.

      削除
    5. > Carl Zeiss made two prototypes for DKL

      That is great info. I added these two links in my above article.
      Thank you.

      削除

匿名での投稿は現在受け付けておりませんので、ハンドルネーム等でお願いします。また、ご質問を投稿する際には回答者に必ずお返事を返すよう、マナーの順守をお願いいたします。