おしらせ

 
おしらせ
5月に予定されていたオールドレンズフェスは延期となりました。新しい予定が確定しましたら、お知らせいたします。

2020/03/12

試写記録:SANKYO-KOHKI SUPER-KOMURA 135mm F2.8(M42 mount)

F2.8(開放)sony A7R2(WB:日光)



F2.8(開放)sony A7R2(WB:日光)



F2.8(開放)sony A7R2(WB:日光)

F2.8(開放)sony A7R2(WB:日光)

F4sony A7R2(WB:日光)

F2.8(開放)sony A7R2(WB:日光)

F2.8(開放)sony A7R2(WB:日光)

F2.8(開放)sony A7R2(WB:日光)

F2.8(開放)sony A7R2(WB:日光)取材協力いただきました。

F8(開放)sony A7R2(WB:日光)




レンズ名にSUPERを冠した特別なコムラー
SANKYO KOHKI SUPER-KOMURA 135mm F2.8(M42 mount)
 
三協光機は望遠レンズにとても力を入れていたメーカーで、同社のKOMURA 135mmにはF3.5, F2.8, F2.5, F2.3, F2と5種類ものモデルがあります。lensholicの記事(こちら)にはKOMURAの135mm F3.5がシャープなピント部とザワザワしたボケ味を特徴とするレンズであると紹介されています。そこで、同じ焦点距離135mmで半段明るいF2.8のモデルを試してみたところ、こちらはボケが柔らかく素直で、高性能な、言い換えれば没個性的なレンズでした。ピント部はシャープでコントラストが高く、線の太い力強い描写が特徴です。レンズ名にSUPERがつくだけのことはありますが、私的には廉価で構成枚数が少ない分だけ背伸びをしたF3.5のモデルの方が面白いと感じています。ただし、これらよりも更に明るいF2.3のモデルもあり、こちらはF2.8のモデルと同一構成ながらも口径比が明るいので背伸びをしている可能性があり、一転して面白い描写をみせるのかもしれません。今回取り上げるレンズはレンズ名にSUPERを冠する特別なモデルです。どうしてSUPERが付くのか理由は不明ですが、もしかしたら没個性モデルにはレンズ名にSUPERが付くのかもしれません。
KOMURAには焦点距離105mmのモデルもあり、F3.5, F2.8, F2.5, F2とこちらも4タイプもあります。更に焦点距離100mmのモデルもF1.8, F2.5, F2.8と3タイプあります(多すぎ!)。本ブログでは過去に100mm F1.8を扱いました。それぞれが少しづつ性質の異なるレンズなのだと思います。奥の深いメーカーですね。
設計構成は下図に示すような4群5枚でガウスとトリプレットの折衷なのでしょうか。ありそうであまり見ない形態です。エルノスター型なら第3群をもっと前方に置き第4群(後玉)と距離をとります。
KOMURA 135mm F2.8の光学系
 
入手の経緯
レンズはカメラ店のジャンクコーナーにある定番レンズで、流通量も多いため、中古市場ではとても安い値段で取引されています。私は2020年3月にヤフオクにてフード、ケース、前後キャップが付いたフルセットの個体を980円+送料で落札しました。オークションの解説内ではジャンクを宣言していたので博打買いですが、この値段ならば気にすることはありません。届いたレンズには中玉にカビが少しありましたが、分解し清掃したところ綺麗になりました。
 
SANKYO-KOHKI SUPER-KOMURA UNI AUTO  135mm F2.8(M42 mount): フィルター径 55mm, 重量(実測)469g, 絞り値 f2.8-F22(マニュアル/オート切り替え), 最短撮影距離 1.5m弱, 絞り羽 5枚, 本品はM42マウント

 
KOMURAは明るい望遠レンズが海外では高く評価されており、国内よりも海外で人気があります。珍しいERNOSTARタイプの設計構成を積極的に導入していたこともあり、マニアにも大人気です。これから再評価の進むメーカーの一つでしょうね。



0 件のコメント:

コメントを投稿

匿名での投稿は現在受け付けておりませんので、ハンドルネーム等でお願いします。また、ご質問を投稿する際には回答者に必ずお返事を返すよう、マナーの順守をお願いいたします。