おしらせ



2020/02/17

試写のみ:P. Angenieux paris Type X1 75mm F3.5 for Atos-2

F5.6 Fujifilm S400, Camera:minolta X-700

F5.6 Fujifilm S400, Camera:minolta X-700: イエローにコケるのが本レンズの特徴で、アンジェニューのレンズにはよくあります

F5.6 Fujifilm S100, Camera:minolta X-700
Fujifilm S400, Camera:minolta X-700



知り合いの方からお借りしたP.Angenieux Type X1 75mm F3.5です。作例のみ掲載します。

P.Angenieux(アンジェニュー)と言えば、映画用レンズやズームレンズ、レトロフォーカス型広角レンズのイメージが強いフランスのレンズ専業メーカーですが、中判カメラにもレンズを供給していました。今回手にしたレンズはRex Reflex Atos-2という6x6フォーマットの中判2眼レフカメラに搭載されていたもので、他にはSEMFLEXという2眼レフカメラに供給されたモデルもあったようです。私がお借りした個体は改造品で、直進ヘリコイドに搭載されM42マウントレンズとして使用できるよう改造されていました。
ご存じのようにP.Angenieuxのレンズには異なる設計構成ごとにType RやType Sといった記号が銘板に記されており、今回のレンズにはテッサータイプの設計をあらわすType Xの記号が記されています。テッサータイプらしい四隅まで破綻のない堅実な描写ですが、コーティングに原因があるのか硝材に原因があるのか短波長(青色)側の光の透過率が低いようで、イエローにこけるアンジェニューならではの発色と軟調でどこかドライな感じのする独特な階調特性が本レンズにもみられます。Type R1もこんな感じの描写でしたね。
  
P. Angenieux Type X1:  絞り羽 10枚構成, 設計構成 3群4枚テッサー型, シャッタースピード 1/300まで

  
F3.5(開放) sony A7R2(WB:日陰)
F3.5(開放) SONY A7R2(WB:日陰)

F3.5(開放)SONY A7R2(WB:日光)



2020/02/14

Asahi Opt.Co.(PENTAX) Auto-Takumar 35mm F2.3 M42-mount


元祖レトロフォーカスの国産コピー
Asahi Opt.Co., Auto TAKUMAR 35mm F2.3(M42 mount)
一眼レフカメラの広角レンズを開発したパイオニアメーカーとして知られるフランスのP.Angenieux(アンジェニュー)。同社が1950年に発売したType R1 35mm F2.5は世界初のスチルカメラ用レトロフォーカス型広角レンズとして後世に名を残す名玉となりましたが、このレンズと全く同一構成の国産レンズがありました。後にPENTAXとなるAsahi Opt.Co.(旭光学工業)が一眼レフカメラPENTAX S2の発売に合わせ1959年から1962年にかけて市場供給したTAKUMAR(タクマ―) 35mm F2.3です[1,2]。今や710万円もするType R1によく似たレンズを手頃な価格で入手できるわけですから、これは手に入れないわけにはいけません。さっそくレンズ構成を見てみましょう。
下図の左がTAKUMAR、右の短いほうがType R1で、確かに同一構成のレンズであることがわかります。設計構成はテッサータイプ(後群のブルーの部分)をベースレンズとして前方にオレンジ色の2つのレンズユニットを追加したレトロフォーカスタイプです。最前面に据えられた大きな傘のようなレンズユニット(負のメニスカスレンズ)の効果によりバックフォーカスの延長が図られ、一眼レフカメラにおけるミラー干渉の回避を実現しています。これは、いわゆる眼鏡による近視補正の方法をレンズ設計に持ち込んだようなものです。

   
左がAsahi Opt. Co., TAKUMAR 2.3/35(1959年発売)、右がP.Angenieux Type R1 2.5/35(1952年発売)の光学系(トレーススケッチ)。設計構成は5群6枚のレトロフォーカス型
 
初期のレトロフォーカス型レンズには画質的に改良の余地が多く残されており、特にコマ収差の補正が大きな課題でした[3]。開放ではコマフレアがコントラストを低下させ、発色も淡白になりがちだったわけですが、これに対する解決法が発見されたのは1962年になってからのことです[4]。本レンズの製造期間が僅か3年と短期だったのは、日進月歩に進歩していた1960年代初頭のレトロフォーカスタイプの設計技術が、よりシャープで高コントラストなレンズを実現できるようになったからでしょう。

参考文献 
[1] Asahi Pentax S2 取り扱い説明書 1959
[2]  Takumar 2.3/35Type R1と同一構成であることはこちらの有名サイトに掲載されていた情報で知りました:「出品者のひとりごと・・」解説とオーバーホール工程: Asahi Opt. Co., (旭光学工業) Auto – Takumar 35mm/f2.3M42(20201月)
[3]「写真レンズの基礎と発展」小倉敏布 朝日ソノラマ (P174に記載)
[4] ニッコール千夜一夜物語 第12夜 Nikon-H 2.8cm F3.5 大下孝一

入手の経緯
中古市場では数こそ多くはありませんが、常に流通している製品です。ヤフオクでの取引相場は17500円から25000円くらいでしょう。私は2019年春に同オークションにて17500円の入札額で競り落としました。オークションの記載は「カビ、クモリ、バルサム切れ等なくガラスは美品。外観は写真で判断してほしい。フィルター枠には凹みがある」とのことでしたが、届いたレンズはヘリコイドが重めなうえマウント部にガタがありました。説明不足なので返品してもよかったのですが、自分で修理して使う事にしました。本レンズの場合は流通している個体の大半で前玉の裏に多めの拭き傷が見られます。写りに影響がないのであれば、ある程度の拭き傷は仕方ないものだと思います。
  
Takumar 35mm F2.3: 重量(カタログ値) 310g, 最短撮影距離 45cm, 絞り値 F2.3-F22( 半自動絞り), 絞り羽 10枚構成, フィルター径 62mm, 設計構成 5群6枚レトロフォーカス型(アンジェニューR1)

 
撮影テスト
Type R1と似ている描写傾向はありますが、想像していたよりも異なる部分の方が多くありました。Type R1よりもコントラストは高く、発色はより鮮やかでカラーバランスはノーマル、ヌケも良いです。これらはコーティングの性能やガラス透過率による差なのかもしれません。ピント部はType R1Takumarもたいへん解像感があり、被写体の質感をしっかりと捉えてくれます。四隅ではコマ収差の多いレンズにみられる玉ボケの変形がみられますが、ぐるぐるボケなどは無く、ボケはおおむね安定しています少しハイキー気味に撮るのがオススメで、開放では薄いベールを一枚覆ったようなコマフレアが強調され少しぼんやりしますが、それでいて色ノリはしっかりとしておりアーティスティックな雰囲気を作り出すことができます。Type R1では黄色にこける独特な発色と何とも表現しがたい味のある軟調描写が魅力でした。カメラ女子が使いこなすというよりはオジサンがカッコよい写真を狙うのに適したレンズだったのですが、TAKUMARの方は発色がノーマルで人肌の質感や色味も綺麗、花も鮮やかに撮ることができます。玄人向きのType R1、万人向きのTakumarといったところではないでしょうか。どちらも滲み系レンズです。

Photo: Shingo Shiojima
Location: 横浜イングリッシュガーデン
Camera: SONY A7S

F2.3(開放) sony A7S 美しいコマフレアが画面全体を覆っています
F2.3(開放) sony A7S 発色はType R1よりもノーマル。美しい肌の質感表現だとおもいます
F2.3(開放) sony A7S 35mmの広角でも口径比がF2.3もあれば、なかなかのボケ量が得られます

F2.3(開放) sony A7S

F2.3(開放) sony A7S 白い部分が少しぼんやりしますが、そこがいいんです







 
Camera: SONY A7R2
Location: 鎌倉
Photo: spiral

F2.3(開放)  SONY A7R2(WB:日光) 滲み系レンズの滲みを活かすには明るめに撮るのがオススメです


2020/01/04

シネレンズ最後の秘境LOMOのOKCシリーズ!

新年明けましておめでとうございます。
2020年もよろしくおねがいいたします。

の特集もいよいよ残すところエース級レンズの50mmと75mmのみとなりました。このクラスのシネレンズは通常は高嶺の花で、われわれ一般庶民には手の届かない価格帯のレンズですが、ロシア製ならば、まだギリギリ手の届く範囲にあります。流行るといいなぁ~。いや!流行るでしょ。

2020/01/01

LOMO OKC(OKS) 11-35-1 35mm F2 for KONVAS


  

LOMOの映画用レンズ part 8
ロモの第三世代1980's、
焦点距離35mmのシネレンズは
シャープネスとコントラストが向上
LOMO OKC11-35-1 35mm F2
LOMOは数多くの映画用レンズを世に送り出しました。中でも焦点距離35mmのモデルはバリエーションが豊富にあり、改良の余地がたくさん残っていたようです。今回取り上げるOKC11-35-1LOMO1981年に発売した焦点距離35mm11作目にあたるシネレンズで、映画用カメラのKONVAS-1シリーズ (OCT-18マウント)やKONVAS-2シリーズ (OCT-19マウント)、KINOR-35シリーズ (OCT-19マウント)に搭載する交換レンズとして市場供給されました[1]KONVASのシネレンズとしてはこれまで紹介してきたOKC1-35-1OKC8-35-1があり、前者から後者への改良では設計構成が見直され、中心解像力を落とす代わりに像面特性の改善が図られました。本モデルでは設計構成が再び見直され、中心部の画質を重視した初代OKC1-35-1に近い描写設計に戻っています。シャープネスとコントラストは大幅に向上し、歪みの補正が悪化している点を除けば現代のレンズに近い優れた描写性能です。本モデルからはマルチコーティングが採用され、カラーフィルムの時代にふさわしい鮮やかな発色が得られるようにもなっています。
レンズの設計は下図のような逆ユニライトタイプの後玉を2分割した独特な構成形態で、他に例を知りません[2]。個々のレンズエレメントが厚めにデザインされており、各面の曲率を緩めた収差を生みにくい構造になっています。像面の平坦さは前モデルのOKC8-35-1にはかないませんが、シャープネスとコントラストは先代のどのモデルよりも良好で、初代OKC1-35-1が課題としていた周辺部の光量不足も改善されています[1]。このレンズがいつまで生産されていたのか確かな情報はありませんが、市場に流通している製品の中からは1992年に製造された個体が見つかっています。

OKC11-35-1の構成図:文献[2]からのトレーススケッチ。左が被写体側で右がカメラの側。設計構成は5群6枚で逆ユニライト型からの発展型です


参考文献・資料
[1] 収差図(LOMO) RedUser.net : ロシアUSSRレンズ サバイバルガイド
[2] LOMOのテクニカルシート(1981年)
  
入手の経緯
eBayでの現在の取引相場は350ドル程度かそれ以上です。数年前までは300ドルを切る値段でも買えましたがOKCシリーズは35mm/50mm/75mmの各モデルが近年ジワジワと値上がり傾向にあります。
今回紹介する羽根つきのモデル(OCT-18マウント)は少し前の201712月にウクライナのレンズセラーがeBay329ドル(フリーシッピング)で出品していた個体です。値切り交渉を受け付けていたので300ドルで交渉したところ自分のものとなりました。オークションの記載は「MINT CONDITION(美品)。絞り羽に油染みはない。絞りリングとフォーカスリングはスムーズでソフトに動く。ガラスはクリーンで、カビやキズはない。レンズはコリメーターでチェックしており問題は見当たらない。レンズフードとキャップが付いている」とのこと。綺麗な個体が届きました。

重量(実測):239g(フード無しでは222g), 絞り羽:10枚構成, 最短撮影距離:1m, 絞り:F2(T2.3)-F16, 設計構成:5群6枚, OCT-18マウント

  
レンズブロックのモデルは20188月にロシアのイーベイセラーから253ドル+送料の即決価格で落札しました。オークションの記載は「ガラスはクリアでキズ、クモリ、カビ、バルサム剥離、歪み、拭き傷などはなく、コーティングも問題ない。絞りの動きは適正でフォーカスリングや絞りリングはスムーズに動く。レンズキャップが付属する」とのこと。こちらも綺麗なレンズが届きました。
 
重量(実測): 110g, 絞り羽: 10枚構成, 設計構成: 5群6枚, マウント: M36x0.75

 

デジタル一眼カメラへの搭載例
回のブログエントリーではOCT-18マウントのレンズをフジフィルムのFXマウントに変換する事例を紹介します。下の写真をご覧ください。必要な部品はすべて市販品です。レンズによっては後玉の出っ張りに配慮しヘリコイドをM46-M42に変えなくてはなりませんが(←前ブログエントリー参照)、OKC11-35-1は出っ張りが少なくM42-M39ヘリコイドでも間口への干渉がありませんのて、フジフィルムのデジタルカメラに搭載できます。このままカメラの側のスリムアダプターを交換するだけでSONY Eマウントにも変更できます。


続いて、レンズヘッドの個体ですが、鏡胴にM39M36ステップアップリングをはめてM39ネジに変換すれば、ここから先は自由度が多くあります。M42-M39変換リングを用いてM42-M42ヘリコイド(12-18mm)にのせM42マウントにもできますし、M42-M39ヘリコイド(25-55mm)にのせてライカLマウントにもできます。部品は全てイーベイで買い揃えることができます。

M42 to M42 Helicoid(12-18mm)を用いてM42マウントに変換する場合のレシピ。一眼レフカメラで使用する場合、フルサイズ機ではミラー干渉してしまいますので、APS-C機で用いるのが良いでしょう。最短撮影距離は23cmくらいですので接写も十分にできます
 
撮影テスト
現代のレンズに近い高いコントラストと鮮やかな発色を持ち味とするレンズです。開放からピント部の像はたいへんシャープで、フレア(コマフレア)は等倍拡大時にようやく検知できるレベルです。少し絞ればカリカリの描写で、細部までスッキリとしたクリア―な描写になります。発色はたいへん鮮やかですが、夕方や日陰など光量の少ない条件では青みが増しカラーバランスがクールトーンにコケる事が多くあります。LOMOのカタログスペックを信じるなら解像力は先代の2つのモデルを大きく超えており、実写でもピント部中央は十分に緻密な像ですが、等倍まで拡大するとややベタっとした解像感になっており、正直言うと先代のモデルを超える程の解像力とは思えません。どちらかと言えば解像力よりもコントラストを重視したレンズ設計なのでしょう。逆光で光源を入れるとシャワーのようなハレーションが虹を伴いながら盛大に発生します。この手の虹を望んでいる方には願ってもない良いレンズだと思います。歪みは樽型でやや大きめに生じる点はテクニカルデータどおりです[2]。ボケは適度に柔らかく概ね安定しており、グルグルボケや放射ボケ、二線ボケなどの癖はありませんが、口径食が顕著で写真の四隅で玉ボケが半月状に欠けて見えます。
今回もイメージサークルの違いを期待してOCT-18マウントのモデルとレンズヘッドのモデルの両方を手に入れました。残念ながら両者のイメージサークルに違いはなく、レンズヘッドのモデルをフルサイズ機に搭載して使う場合ではこちらに示すように四隅に暗角が生じ、フルサイズセンサーをカバーすることができませんでした。本レンズはAPSC機またはフルサイズ機のクロップモードで用いるのがベストな使い方です。


CAMERA:FUJIFILM X-T20
LENS: OKC8-35-1 (OCT-18マウントモデル)

F2(開放) Fujifilm X-T20(AWB) スッキリとヌケのよいクリアな画質のレンズです

F2(開放) Fujifilm X-T20(AWB) 逆光撮影になるとシャワー状のハレーションが派手に出ます

F4 Fujifilm X-T20(WB: 日陰) 日陰では寒色系が強くなるので注意が要ります。樽状の歪みがやや大きく出ます
F2.8 Fujifilm X-T20(AWB)
F2(開放)Fujifilm X-T20(WB:日陰)
F2(開放)Fujifilm X-T20(WB:日陰)


F2(開放)Fujifilm X-T20(WB:日陰)


F2(開放)Fujifilm X-T20(WB:日光) 歪みを除けばこれと言った欠点はなく、性能的には現代のレンズと大差ありません

F2(開放)Fujifilm X-T20(WB:日光)




F2(開放)Fujifilm X-T20(WB:日光) 逆光でもコントラストは良好です