おしらせ

2021/11/15

PETRI C.C Auto 35mm F2.8(前期型)





 

元祖レトロフォーカスの国産コピー

PETRI C.C Auto 35mm F2.8(前期型) ペトリカメラ

世界初のスチルカメラ用レトロフォーカスレンズであるAngenieux TYPE R1を1950年に発売し、広角レンズのパイオニアメーカーとなったフランスのP.Angenieux(アンジェニュー)。後の1960年代には国産メーカー各社がこのType R1を手本とした広角レンズを発売し、パイオニアが切り拓いた道に追従しています。コニカのヘキサノンAR 2.8/35(前期型)や旭光学(ペンタックス)のスーパータクマー 2.3/35、ミランダのソリゴール2.8/35はタイプR1の国産コピーとして知られ、タイプR1の性質を受け継ぎながらも1960年代の改良されたコーティングにより、一段と鮮やかな発色を実現しています。スーパータクマーについては少し前に本ブログで紹介しましたので、こちらをご覧ください。開放でフレアの多い滲み系でありながらも発色の良い面白いレンズです。ヘキサノンについてはヨッピーさんのレビューがありますので、こちらが参考になります。コントラストやシャープネスの高い高性能なレンズのようです。

さて、今回の記事ではこれまでノーマークだった新たなコピー・アンジェニューを紹介したいと思います。東京のペトリカメラが1965年に同社の一眼レフカメラに搭載する交換レンズとして発売したPETRI C.C Auto 2.8/35(前期型)です。おそらくコピー・アンジェニューの中では今最も手頃な価格で入手できる製品であろうかとおもいます。オリジナルのType R1は今や8~10万円もする高嶺の花となりつつあるわけですが、このレンズならば状態の良い個体が今はまだ5000円程度から入手できます。さっそくレンズ構成を見てみましょう。

下図の左側がPETRI、右がAngenieux Type R1で確かに同一構成であることが判ります。テッサータイプのマスターレンズを起点に、前群側に凹レンズと凸レンズを1枚づつ加えた5群6枚で、コマ収差の補正に課題を残す古典的なレトロフォーカスタイプです。フレアっぽい描写傾向とシャープで解像感に富む中央部、黎明期の古いコーティングから生み出される軟らかいトーン、鈍く淡白な発色などアンジェニューの性質の何が受け継がれ何が刷新されているのか、今回の記事ではこの辺りを論点としながら、レンズの描写を楽しんでみたいとおもいます。

左がPetri C.C Auto 35mm F2.8(前期型)、右がAngenieux Paris Type R1 35mm F2.5。構成図はPetri @wiki[1]に掲載されているものからの見取り図(トレーススケッチ)です。初期のレトロフォーカス型レンズには画質的に改良の余地が多く残されており、特にコマ収差の補正が大きな課題でした[2,3]。開放ではコマフレアがコントラストを低下させ、発色も淡白になりがちだったわけですが、これに対する解決法が発見されたのは1962年になってからのことです[4]

  

PETRI C.C 35mm F2.8には一眼レフカメラのPETRI V6(1965年発売)と共に登場した前期型と、PETRI FTE(1974年発売)と共に登場した後期型があり、タイプR1と同一構成であるのは前期型です。後期型には名板にEE(Electric Eye)対応であることを記した赤字のマークがありますので、一目で判別できます。

前期型には何種類かのバージョンが確認できますが、最もよく目にするのはピントリングがブラックのモデル(バージョン1ブラック)です。また、数はこれより少ないのですが同じ鏡胴でピントリングがシルバーのモデル(バージョン1シルバー)も存在します。さらに流通量は極僅かで市場で目にする機会は少ないのですが、内部構造がペトリっぽくないモデル(バージョン2)もあります。レンズの色はオールブラックで鏡胴は少し太く、もしかしたら他社製のOEM製品なのかもしれません。ただし、設計構成はバージョン1と同じでタイプR1です。

Petri Automatic 35mm F2.8 初期型(バージョン1シルバー): 絞り羽 6枚構, 絞り F2.8-F22, 最短撮影距離 0.5m, 重量(実測) 232g, フィルター径 52mm, Petriブリーチロックマウント, SN: 764XXX, 構成 5群6枚(Retrofocus, Angenieux R1 type)
Petri C.C Auto 35mm F2.8 前期型(バージョン1ブラック): 絞り羽 6枚構, 絞り F2.8-F22, 最短撮影距離 0.5m, 重量(実測) 201g, フィルター径 52mm, Petriブリーチロックマウント, SN: 809XXX, 構成 5群6枚(Retrofocus, Angenieux R1 type), 1965年3月発売

Petri C.C Auto 35mm F2.8 前期型 (バージョン2): 絞り羽 6枚構, 絞り F2.8-F22, 最短撮影距離 0.5m, 重量(実測) 228g, フィルター径 52mm, Petriブリーチロックマウント, SN: 805XXX, 構成 5群6枚(Retrofocus, Angenieux R1 type)

 

バージョン1の鏡胴には絞りの制御をオートやマニュアルに切り替えるスイッチが付いています。これをマニュアル側に切り替えると絞りが僅かに出た状態となり、これでF2.8となります。個体によってはオートの側にすると絞りが全開になり有効口径が少し拡大、もう少し明るいレンズとなります。私はこれをペトリのブーストスイッチと勝手に呼んでいます。標準レンズのC.C Auto 55mm F2の特定のモデルにも同じ機構がありますが、このレンズは55mm F1.8と完全同一の光学系ですので、ブーストスイッチを入れるとF1.8に化ける仕組みでした。今回の広角レンズも全く同一の機構になっているのは驚きですが、同じ構造であるならばブーストスイッチを入れた時はF2.5前後となり、なんとType R1と同等の開放F値です。これができるのは初期型の特定のロットで、内部に縦方向の絞り制御バネが入っている特定のモデルです。全てがこうなるわけではありません。シリアル番号809XXXの2本にはブーストスイッチがありましたが、783XXXと764XXXにはなく、スイッチをM側にしてもF2.8より明るくはることはありませんでした。


参考文献・資料

[1] Petri@ wiki 資料集

[2] レンズ設計のすべて 辻貞彦著

[3] カメラマンのための写真レンズの科学 吉田正太郎

[3] ニッコール千夜一夜物語 第十二夜 NIKKOR-H Auto 28mm F3.5

 

入手の経緯

中古市場での流通量はやや少なめです。安い印象のあるPETRIの交換レンズとは言え、コンディションがまともな個体には5000円~7000円程度の値がつきます。私は2021年11月に6本入手しました。1本目はジャンク(動作確認済みの完全動作品)との触れ込みでメルカリに出ていた個体(バージョン1ブラック)を1800円で博打買い。ガラスはカビ、クモリ、キズなどなく大変綺麗でしたが残念なことに内部で絞り冠の回転を制御レバーに伝える金具が折れており、代替部品がないと修理は不可能な状態でした。2本目はヤフオクに出ていたバージョン1シルバーを即決価格5800円+送料で購入、外観は新品のように綺麗でしたがガラスに少々カビがあり、清掃して綺麗にしました。3本目はヤフオクに出ていた箱付きのバージョン1ブラックで、保証書付き、フード・キャップ付きを3600円+送料にて購入。外観は新品級の美観ですが、オークションの記載によるとレンズ内に汚れがあるとのことでした。届いたレンズには後群側にカビがあり、清掃して綺麗にしました。と、ここでやめるつもりでしたが、気負ったのか更に3本入手してしまいました(笑)。ヤフオクにカメラ本体(FT EE)とセットで3本まとめ売りで出ており、即決価格4380円でした。そのうちの1本はバージョン1ブラックですがガラスのコンディションがあまりに酷かったので、鏡胴のみ生かす目的で、先に入手した1本目の光学系を組み込みました。5本目はバージョン2ですが、この個体には後玉に軽いクモリあがりました。今回の記事の撮影テストには使用していません。6本目はバージョン1ブラックで後玉に1本傷がありましたが、こちらは実用としては問題ないレベルでした。

さて、残る問題はアダプターですが、秋葉原の2nd BaseにPETRI-Leica M特製アダプター(下の写真)が売られているのを知っていましたので、これを入手し、問題なく使えるようになりました。お値段は1万円弱です。

2nd Baseで手に入れたPETRI-LM特製アダプター。距離計には連動していませんが、これがあれば各種ミラーレス機でPETRIのレンズ群が使えるようになります

 

撮影テスト

開放ではピント部を薄い均一なフレア(コマ収差由来のフレア)が覆い、発色も淡泊になりがちです。どこか現実感のない不思議な空気感が漂うところはアンジェニューType R1を彷彿とさせる描写です。Type R1が持ち味としていた逆光撮影時の鈍く味のある発色はこのレンズにもみられ、アンジェニューを使っていたときに感じた独特の感覚がよみがえります。ただし、フレアはアンジェニューよりも少なく、コントラストはより良い印象で、コーティング性能の進歩にもよるのでしょうか、逆光でも発色が濁ることはありません。ピント部中央は解像感に富んでおり、キレのある質感表現が可能です。近接時はややボケが乱れます。逆光時にゴーストやハレーションが出やすい点はアンジェニューとよく似ています。 

バージョン1ブラック @ F2.8 (ブーストスイッチON) SONY A7R2(WB:⛅)
バージョン1ブラック @ F2.8(開放) SONY A7R2(WB:⛅) どうですか。逆光でハレーションが出やすく、たちまち淡泊な描写になります。アンジェニューっぽいとおもいませんか?



バージョン1ブラック @ F5.6 SNY A7R2(WB:⛅)














































バージョン1ブラック @ F2.8(開放) SONY A7R2(WB:⛅)


バージョン1シルバー @ F2.8(開放) SONY A7R2(WB:日光) 逆光ではゴーストやハレーションが出ます


バージョン1シルバー @ F2.8(開放) SONY A7R2(WB:日光)

バージョン1シルバー @F2.8(開放) SONY A7R2(WB:日光)
バージョン1ブラック @ F2.8(ブーストスイッチON) SONY A7R2(WB:⛅
バージョン1シルバー @F2.8(開放)SONY A7R2(WB:日光)

0 件のコメント:

コメントを投稿

匿名での投稿は現在受け付けておりませんので、ハンドルネーム等でお願いします。また、ご質問を投稿する際には回答者に必ずお返事を返すよう、マナーの順守をお願いいたします。