おしらせ


2018/10/30

LOMO cinema movie lenses part0 (prologue) ロモの映画用レンズ



サンクトペテルブルクからやってきた
ロモの映画用レンズ PART 0(Prologue)
LOMO(ロモ:レニングラード光学器械合同)は文学とバレエの都、そして白夜でも有名なロシア・レニングラード州の古都サンクトペテルブルクに拠点を置く光学機器メーカーです。日本ではロモグラフィーの名でも知られ、トイカメラの供給源としてクリエイティブな創作活動とコラボしているイメージが定着していますが、実態は製造業の90%が軍需光学機器と宇宙開発、産業用・医療用光学機器に向けられ30000人の技術労働者を抱え持つ強大コンビナートでした。カメラや映画用機材の生産は企業活動のほんの一部にすぎません。
創業は旧ソビエト連邦時代の1965年で、戦前から映画用機材や光学兵器を生産していたGOMZ(国営光学機械工場)を中心にLENKINAP(Leningrad Kino Apparatus:レニングラードシネマ器機)など複数の工場の合併と再編により誕生しました。LOMOのシネレンズには映画産業に供給されている業務用のOKCシリーズと、主に産業用や軍需品として供給されているЖシリーズ(Gシリーズ)の2系統があり、鏡胴のつくりや画質基準に差があります。
今回からはロモが旧ソビエト連邦時代に生産した映画用レンズを特集してゆく予定です。取り上げるレンズはOKC1-16-1 16mm F3,  OKC1-18-1 18mm F2.8,  Hydrorussar-8 3.5/21.6,  Ж-21 28mm F2,  OKC4-28-1 28mm F2,  OKC1-35-1 35mm F2,  OKC8-35-1 35mm F2,  OKC11-35-1  35mm F2,  OKC1-50-1 50mm F2,  OKC1-50-3 50mm F2m  OKC1-50-6 50mm F2, OKC1-75-1 75mm F2,  OKC6-75-1 75mm F2,  Ж-48 100mm F2です。レンズ銘が住所の番地みたいでややこしいのですが、OKCのうしろに続くX-YY-ZのうちXがレンズのモデル番号で、設計や仕様が異なるごとに異なる番号が付与されています。YYが焦点距離をあらわし、Zはモデルのバージョンを表しています。Sony α7IIIにたとえるなら、7がXでIIIがZとなり、EOS 5Dマーク3では5DがXでマーク3がZというわけです。採算性を度外視した共産圏の製品らしい怪物レンズも陸海空から何本か登場します。度肝を抜かれてください。


OKC1-16-1  16mm F3  陸(ランドスケープ用の広角シネレンズ)





Hydro-Russar 21.6mm 海  (潜水艦搭載用の広角シネレンズ)

Ж-48 100mm F2 空 (偵察機設置用の望遠シネレンズ)

2018/10/26

KOMINE ELICAR / ROKUNAR V-HQ 90mm F2.5






 
海外で絶賛された国産マイナーレンズ PART 2
知る人ぞ知る高性能マクロ望遠レンズ
KOMINE  ELICAR / ROKUNAR V-HQ MACRO MC 90mm F2.5
ELICAR(エリカ―)は日本のタパック・インターナショナルという会社が設計し、コミネがOEM生産した海外向けの輸出レンズブランドです。日本国内での販売実績は殆どなく欧州や北米のマーケットが中心でしたが、広角、望遠、マクロ、望遠マクロなど数多くのラインナップが供給されていました。私が確認しただけでも広角側から23mm F3.5、28mm F2.8、35mm F2.8、V-HQ 55mm F2.8 MACRO、V-HQ 90mm F2.5 MACRO、V-HQ 90mm F2.5 Medical Macro、135mm F2.8、200mm F3.5、80-200mm F4.5-F5.5 ZOOM MACRO、V-HQ 300-600mm F4.1-F5.7、 600-1200mm F10-F20などがあります。中でも中望遠マクロレンズのV-HQ 90mm F2.5 MACROは英国やドイツのカメラ雑誌が特集号を組み、描写性能、特に解像力の高さを絶賛したため、ヨーロッパを中心に海外市場で一定の評価を得るようになりました。
このマクロレンズは繰り出し量が多く、ヘリコイドを最長まで繰り出すと、鏡胴は元の長さの3倍にもなり、最大で等倍までの高倍率撮影に対応できます。私が入手したのはNikon Fマウントで市場供給された個体ですが、他にもミノルタMDやキャノンFD/EF、ペンタックスPKなどの国産カメラの主要マウント規格に加え、M42、QBM、T2などの個体もあり、実に多くのマウント規格に対応しています。ブランド名もELICAR V-HQ以外に米国ではROKUNAR V-HQの名で販売されました。レンズ銘の後ろにV-HQの表記があることがElicarシリーズの共通則です。ブラックカラーとホワイトカラーの2色の鏡胴があり、マニアの間では「黒エリカ―、白エリカ―」などと呼ばれています。レンズ構成は公開されていませんが、光を通し反射面の数を見ると、前群側に4面分の明るい反射、後群側に4面分の明るい反射と1面の暗い反射が確認できます。おそらく4群5枚のリバース・クセノタール型であろうかと思われます。

 
重量 555g,  絞り羽 8枚構成, フィルター径 62mm, 絞り指標 F2.5-F32, 最短撮影距離 35cm, 入手した個体はNikon Fマウント

 
入手にあたっての基礎知識
国内よりも海外での流通量が多いため、レンズを探すならeBayを当たるほうがよいでしょう。欧州市場での相場は250~300ユーロあたりです。ただし、米国での認知度の方が欧州ほど高くないため、米国のセラーの方が安く出品する傾向があります。流通量は米国よりも欧州市場の方が多いと思います。

撮影テスト
解像力を重視したレンズで、開放では若干のフレアがピント部を覆いますが、細部までしっかりと解像してくれる高性能なレンズです。収差の補正基準は無限遠方ではなく近接側のようで、開放でのシャープネスやコントラストは近接撮影時の方が良好です。ポートレート域では収差の補正が過剰に効いてしまうので、少しフレアの目立つ柔らかい開放描写となり、背後は二線ボケ気味の硬いボケ味になります。あまり語られることは少ないのですが、長焦点のオールドマクロレンズには、実はバブルボケレンズとして流用できる裏技があります。もちろん、このレンズのテリトリーである近接撮影では柔らかいボケに変わります。
フレアは絞り込むごとに消失、F8でシャープネスと解像力は高い次元で両立します。絞りに対する焦点移動はあまり気にならないレベルでした。歪みは殆どありません。
マクロ域での性能が大変素晴らしいレンズだと思います。

エリカ―で1000円札のミクロの世界を探検する




日本の貨幣には偽造を防ぐ観点から、極めて細かなパターンが施されています。今回はこのレンズの最大倍率(等倍)で撮影した画像を見ながら、緻密なデザインが施された1000円札の世界を探検してみましょう。財務省のサイト(こちら)を見ると、お札の写真をブログ等に掲載する場合についての記述があります。これが印刷されると「通貨及証券模造取締法」に抵触する可能性がでてきますが、写真をブログにアップすること自体に制限はありません。画像に「見本」などの文字を入れたり、貨幣全体を写さないなどの配慮が推奨されています。
 
F8,  SONY A7R2(AWB ISO200固定) 等倍:  レンズの最大撮影倍率(等倍)では、このくらいになります。中央をクロップし切り出したのが、下の写真です

F8,  SONY 7R2(AWB  ISO200固定) 等倍からさらにクロップ: 一つまえの等倍の写真の中央部を更に拡大した写真。インクの滲みや小さな文字など、肉眼ではわからない細部まで、しっかりと解像されています

F8, SONY A7R2(AWB ISO1600) 等倍: 再び等倍での画像。ピントは目の部分です。拡大クロップしたのが下の写真です


F8, SONY A7R2(AWB ISO1600) 等倍からさらにクロップ: 瞳は同心円状に描かれていました!

F8, SONY A7R2(AWB ISO200固定) 等倍:このあたりの区域は千円札の中で一番華やかです。中央を拡大クロップしてみてみましょう


F8, SONY A7R2(AWB ISO200) 等倍からさなりクロップ拡大: 「千円」の文字が網目になっており、隙間からはカラフルな顔料が見えています。日本の貨幣の細部の質感には脱帽です



F8, SONY A7R2(AWB  ISO200固定) 等倍:こんどは、野口英世の髪の毛のあたりをみてみましょう。拡大クロップしたのが下の写真

F8, SONY A7R2(AWB ISO200固定) 等倍からさらにクロップ: 日本の貨幣はこのように、いたるところに細かな文字が入っています。肉眼での確認は困難なレベルです











F8, SONY A7R2(AWB  ISO200固定) 等倍:「1000」の文字に注目してみましょう
F8, SONY A7R2(AWB   ISO200固定) 等倍からさらにクロップ: 文字の内側には細かな格子状のパターンが刻まれていました

F8, SONY A7R2(AWB   ISO200固定) 等倍からさらにクロップ: 細かな貝の幾何学パターンですが、インクが滲むことなく見事に描かれています






米国の貨幣にも登場していただけると、日本の貨幣の細かな造りがいかにクレイジーなレベルであるかが相対的にわかり大いに盛り上がるのですが、米国の貨幣の探検は次回以降のお楽しみとしましょう。ここでは軽くレンズの開放描写とF8まで絞った描写を比較します。

開放F2.5とF8での画質比較
開放F2.5とF8まで絞り込んだ2つの画像を比較したのが下の写真です。ぱっと見違いはわかりませんが、細部を拡大してみると開放での写真(上段)の方には表面に薄いフレアが乗っています。ただし、解像度は依然著して高いレベルを維持しており、画面全体でみる限りコントラストも悪くありません。開放から絞り込むごとにフレアが消え、シャープネスが向上します。F8まで絞り込んだ写真画像が下段です。
実は撮影距離を変え、このレンズの専門外であるポートレート域で同じテストをしてみると、開放描写は明らかにソフトな傾向が見て取れます。おそらく収差の補正基準をマクロ域に設けているからで、ポートレート域の撮影時は収差の補正が過剰気味に効いてしまうのでしょう。潔く近接での性能を重視したレンズなのだとおもいます。

上段・F2.5(開放)、下段F8  sony A7R2(WB auto, ISO 200固定)


2018/10/22

LENKINAP(LOMO) PO59-1 50mm F2


ロシアの映画用レンズであるPOシリーズを片っ端から巡る旅にお付き合いいただき、ありがとうございました。今回でPOシリーズは最終回となります。そして、PO59という正体のはっきりしない謎のレンズが最後に手元に残りました。このレンズについて私たちが知り得る数少ない情報は焦点距離と開放F値がPO3と同じ50mm F2であり、シネマ用レンズであることと、設計構成もPO3と同じオーソドックスなガウスタイプ(4群6枚)であること。そして、レニングラードのLENKINAPファクトリーだけが製造し、モスクワのKMZは製造しなかったことです。KMZのPO3と同一仕様のこのレンズが、何故、どういう意図で開発されたのかなど謎は深まるばかりですが、更なる手掛かりを得るべく、今回はPOシリーズと後に台頭する後継モデルのOKCシリーズの関係を整理してみました。すると、新たな事実関係が浮き彫りになってきたのです。

レニングラード生まれ、クラスノゴルスク育ちの
35mmシネマムービー用レンズ  PART 10(最終回)
POのモデルナンバー59は
LOMOのエース級レンズへと脱皮するプロトタイプか!?
LENKINAP PO59(RO59) 50mm F2
ロシアのシネマ用レンズの生産拠点は1960年代に再びレニングラードに戻りますが、その際に主導的な役割を果たした工場が、後に合併と再編を繰り返しLOMOへと統合されるLENKINAPとGOMZ(国立光学機械工場)でした。このうちLENKINAPからは映画用カメラのKONVAS-1MやAKS-1に搭載する交換レンズが、1950年代半ばから1963年頃までの期間にPOシリーズとして多数供給されています。中でもPOシリーズのモデルナンバー56以上の製品については、後のLOMOの時代(1965年ー)にOKCシリーズとして再リリースされる前身モデルとなります。POシリーズとOKCシリーズの関係をGOIのカタログに掲載されているデータシートや設計構成を頼りに結んでみると、以下のような対応が得られます。ただし、プロジェクター用レンズは除外しました。
 
LENKINAP PO56-5 2/35LENKINAP OKC1-35-1 2/35LOMO OKC1-35-1
LENKINAP PO59-1 2/50LENKINAP OKC1-50-1 2/50LOMO OKC1-50-1
LENKINAP PO60-1 2/75LENKINAP OKC1-75-1 2/75LOMO OKC1-75-1
LENKINAP PO61-5 2.5/28LENKINAP PO61-5LOMO PO61-5(1970年製造終了)
LENKINAP PO62-2 2.5/40LENKINAP OKC1-40-1 2.5/40LOMO OKC1-40-1
LENKINAP PO63-1 2/80LENKINAP OKC1-80-1 2/80LOMO OKC1-80-1
LENKINAP PO70-1 2.8/22LENKINAP OKC1-22-1 2.8/22LOMO OKC1-22-1
LENKINAP PO71-1 2.8/18LENKINAP OKC1-18-1 2.8/16LOMO OKC1-18-1

POシリーズからOKCシリーズへのモデルチェンジには設計面で若干の改良が施されています。GOIのカタログで個々のモデルのスペックを確認すると、POシリーズとOKCシリーズでは光学系の各部の寸法が若干異なるうえ解像力などの基本性能に向上が見られます。ロシアの光学技術を監督するGOIはOKCシリーズの開発に際し、解像度が写真の中心で50本/mm、四隅で25本/mmをクリアするよう求めていました。フィルムの性能を活かしきる最低基準が25本/mmあたりなので、これは十分な性能と言えます。
今回紹介するPO59-1はこれまで情報が極めて少なく、海外のレンズマニアの間では正体不明のレンズとして扱われてきました。しかし、今回のようにPOシリーズとOKCシリーズの対応関係をモデルナンバーごとに整理してみると、このレンズはOKC1-50-1の前身モデルであったと捉えるのが妥当です。インターネット上には映画用カメラのAKS-1(ロシア版アイモ)のために製造された製品個体(PO59-1とPO59-2)と映画用カメラのKONVAS(ロシア版アリフレックス35)のために製造された製品個体(PO59-5)の写真が見つかり、レンズの名板からは、これらがいずれもLENKINAP製であることが確認できます。こうした情報を踏まえると、モデルナンバーの後ろについている「-1」や「-5」などの識別コードは本製品の場合には製造工場を表しているのでなく、改良モデルのバージョンを表していると考えるのが妥当です。市場に流通している個体量が極めて少ないうえシリアル番号も変則的なため、正式にリリースされたわけではなく、試作止まりのモデルだったのでしょう。
PO59-1の構成図はGOIのカタログにも収録がなく、どこにも公開されていませんが、光を通し反射面を観測すると明らかに4群6枚のオーソドックスなダブルガウス型です。ただし、後玉径はOKC1-50-1と大きく異なり、各部の寸法はむしろLENKINAP PO3やKMZ PO3に近いものとなっています。バージョンアップされたPO59-5の方がOKC1-50-1に近い設計となっている可能性がありますので、今後、機会があれば検証してみたいと思います。
 
PO59-1のベースとなったと予想されるLENKINAP PO3-3(写真・左)と、PO59をベースに開発されたと考えられるLENKINAP OKC1-50-1の最初期モデル(写真・右)



入手の経緯
流通量が極めて少ないレンズのため、本製品に対する決まった相場はありません。今回紹介するレンズは2018年4月にeBayを介しレンズを専門に扱うロシアのセラーから即決価格250ドル+送料で入手しました。オークションの記載は「カビ、クモリ、キズはない。フォーカスリング、絞りリングはスムーズに回転する。絞り羽に油シミはない」とのこと。レンズはインダスター22の鏡胴にぶち込む改造が施され、ライカL39マウントの状態で売られていました。ところが、届いた品をよく見ると杜撰な改造により光軸が傾いていました。このまま返品する事もできましたが何しろ珍しいレンズですし、何よりも光学系は無傷でしたので、鏡胴からレンズヘッドを取り外しPO3の鏡胴に入れ、マウント部をライカMに改造して使う事にしました。譲ってほしいという知人も既にいましたので、しばらく手元に残す十分な理由となりました。

LENKINAP PO59-1 50mm F2: フィルター径 32mm, 絞り F2-F22, 構成 4群6枚ガウスタイプ, 製造メーカー LENKINAP(LOMO), 推奨イメージフォーマット 35mmシネマフォーマット(APS-C相当)




撮影テスト
シネマ用レンズらしく、開放で高い解像感が得られるのはピント部中央の狭い領域のみです。これは、静止画ではなく動きのある動画を撮るという用途のためで、シネマ用レンズにはこのような画質設計のものが多くみられます。絞ると良像域は中央から写真の四隅に向かって広がり、ピント部の広い領域でシャープな像が得られます。コントラストは開放から良好で、スッキリとしたヌケの良い画質です。PO3は開放で僅かに滲みのある味付けでしたが、本レンズの場合は細部を拡大しても滲みはほぼ見られません。グルグルボケや放射ボケは全くみられず、開放での後ボケはPO3ほど硬くはないので、バブルボケっぽくなることもほぼありません。逆光時はハレーションが出やすいのでフードは必須だと思います。薄めの色のコーティングが施されており、発色はごく自然で癖はありません。

SONY A7R2(APS-C mode)


F2.8 SONY A7R2(APS-C mode, WB:日光)


F2.8  SONY A7R2(APS-C mode, WB:日光)
F2.8  SONY A7R2(APS-C mode, WB:日光)

FUJIFILM X-T20

F2.8  FUJIFILM X-T20(WB:日光)











F2(開放)  FUJIFILM X-T20(WB:日光)
F2(開放)FUJIFILM X-T20(WB;日光)



F4 FUJIFILM X-T20(WB;日光)

F2.8  FUJIFILM X-T20(WB:日光)



F2.8 FUJIFILM X-T20(WB:日光)





F2(開放)FUJIFILM X-T20(WB: 日光)
F2(開放) FUJIFILM X-T20(WB:日光)
F4  FUJIFILM X-T20(WB:日光)
F2(開放) FUJIFILM X-T20(WB;日光)

Schneider Kreuznach REOMAR 45mm F2.8 改Leica-L(試写記録)





試写記録Schneider Reomar 45mm F2.8 
改造ライカLマウント

知人に代わってオークションで購入(代行落札)したレンズが数日間だけ我が家に転がり込んできましたので、軽く試写結果をリポートしてみたいともいます。ドイツのSchneider(シュナイダー)社がKodak(コダック)社のRetinette IA/IBというレンジファインダーカメラに搭載する固定式レンズとして1958年頃から1966年まで供給したReomar(レオマー)です。Reomarにはこれ以前の旧式のRetinetteに搭載されたモデルもありますが、開放F値がF4.5やF3.5とやや暗かったり、焦点距離が50mmであったりと、少し仕様が異なります。
今回紹介するReomar(後期型)にはSchneider社製の個体に加え、Rodenstock(ローデンストック)社製の個体があります。大衆機のRetinettiがヒットしたことで生産供給が追い付かず、Rodenstock社にOEM供給を依頼したためだという話を誰かに教えてもらったことがありますが、確かな情報ではありません。どなたか信ぴょう性の高い情報をお持ちの方は教えていただけると幸いです。


レンズのデザインが面白く、シャッターの部分に人物の上半身のイラストや集合写真、風景などが刻まれています。一体何だろうとよく見てみると、何とシャッターユニットにヘリコイドを内蔵しておりピント合わせができます。レンズシャッターなので、これにはビックリ。レンズ構成は3群3枚のトリプレットです。
絞り羽 5枚構成, 絞り指標 F2.8-F22,  設計 3群3枚(トリプレット), フィルター径 29.5mm, PRONTOR 250Sシャターに搭載, ヘリコイド内蔵







オークションに出品されていた段階で既にカメラから取り出され、ライカLマウントに改造されていましたので、アダプターを介してSONY A7R2で使用することにしました。スッキリとヌケのよいクリアな写りで、開放からコントラストの高いレンズです。細部に目を向けると写真の中央は開放で線の細い繊細な描写となり、滲みをまといながらもしっかりと解像しています。1段絞れば滲みは消えシャープネスが向上、カリッとした解像感の強い仕上がりとなります。カラーバランスはやや青みが強くなる傾向があり、白が引き立つクールトーンな描写です。クリアでヌケの良い性質と相まって、とても清楚で品のある味付けになります。

撮影機材:SONY A7R2 


F2.8(開放)sosny A7R2(WB:auto)  開放ではピント部全体を薄いフレアが纏い、柔らかい描写傾向となります

F4  sony A7R2(WB:auto) 1段絞ればフレアは消え、スッキリとヌケがよく、コントラストは素晴らしいレベルで





F5.6 sony A7R2(WB:日光)  やや青みののったクールトーンな色味で、美しく仕上がります

F2.8(開放) sony A7R2(WB:日光) 再び開放。やはりピント部を薄いベールの様なフレアを纏いますが、中央はしっかりと解像しており線の細い繊細な描写です

F4  sony A7R2(WB:日光)もう一度絞ったショット。シャープでスッキリと写るレンズです

2018/10/13

Sankyo Kohki KOMURA 100mm F1.8



ブランド志向の強い日本ではマイナーな存在でありながら、海外で高く評価されている国産オールドレンズがあります。三協光機(株式会社コムラーレンズ)がかつて製造した大口径望遠レンズのKOMURA(コムラー)、タパック・インターナショナルが設計、KOMINE(コミネ)が製造したElicar(エリカ―)、キノ精機のKIRON(キロン)がその代表例です。本ブログではこれら3本のレンズにスポットライトを当ててゆきたいと思います。 

海外で絶賛された国産マイナーレンズ PART 1
キング・エルノスターの称号で知られる
大口径ポートレートレンズ
三協光機(Sankyo Kohki)KOMURA 100mm F1.8
三協光機(コムラーレンズ)は小島満という人物が中心となり東京都台東区に設立した三協光機研究所を前進とするレンズ専業メーカーです[3,5]。文献に記録されている創設年は曖昧で何か事情があったのでしょう。正式には1954年[3](実際には1951年[2])と記されています。設立当初は下請けの製造メーカーとしてChibanon(チバノン)というブランドの引き延ばしレンズと8mm用のシネレンズを市場供給していました[1]。1955年に会社名を三協光機株式会社へと改称、Chibanonブランドを廃止し、自社ブランドであるKOMURAの供給を開始しています。会社名の「三協」には技術、営業、資本の三部門の協力と均衡を保つ意味が込められていたそうです[2]。この頃からのレンズのラインナップには引き伸ばし用レンズのKOMURANON-E、ライカマウントや一眼レフカメラ用などの35mm判レンズ、ブロニカ用(6x6フォーマット)や6x9フォーマットなどの中判用レンズ、そして4x5フォーマットの大判用レンズなどがありました[5,6]。写真用レンズの製品展開は広角レンズと望遠レンズが中心で、カメラとセットで売られることの多かった標準レンズは殆ど作りませんでした。KOMURAというブランド名は社長の小島(KO-jima)と専務の稲村(Ina-MURA)の苗字から一字づつとって組み合わせたのだそうです[1,3]。ただし、なぜか日本では「コムラー」と語尾を伸ばした呼び名で通っており、この呼び名は1969年に改称される会社の正式名称(株式会社コムラーレンズ)にも使われています英語の綴りだけみると「コムラ」と読めるわけですから、外国人に「コムラー」と言っても全く通じないはずです。文献[3]によると同社は1980年頃まで存続していました
重量(実測)530g, 絞り羽 16枚,  絞り F1.8-F16, 最短撮影距離 1.4m, 設計構成 4群5枚エルノスター2型(1-2-1-1), フィルター 62mm、プリセット絞り、発売時価格15800円

三協光機がかつて製造したコムラーブランドの高速望遠レンズには、ドイツのERNEMAN (エルネマン)社が戦前に開発した銘玉ERNOSTAR(エルノスター)の設計を採用したモデルが多くみられます。同社のレンズを用いて写真家達が数多くの印象的な作品を創出しており、大口径望遠レンズは海外のレンズマニアの間で「キング・エルノスター」と呼ばれ高く評価されています。今回は同社が1960年代に市場供給した高速望遠レンズ[4]の中からKOMURA (コムラー)100mm F1.8を取り上げ紹介します。
レンズ構成は下図に示すような4群5枚で、戦前にエルネマン社が生産していたF1.8のエルノスターと同一構成の、俗にいうエルノスター2型です。新種ガラスを1枚使用し戦前のエルノスターを高性能にしているのが特徴です。マウント部は独自の58mmネジマウントになっており、純正アダプター( Interchangeable adapter for Komura uni mount )を介して各社のカメラに対応していました[5]。手に取るとズシリと重く造りの良い鏡胴のため、今になって海外で再評価されている理由もよくわかります。
KOUMRA 100mm F1.8の構成図(トレーススケッチ)。設計は4群5枚のエルノスター2型です
[1]朝日カメラ 1955年1月号 広告
[2]戦後日本カメラ発展史 日本写真工業会編(1971)
[3]カメラ年鑑 日本カメラ(1957)
[4]「コムラーレンズと三協光機」粟野幹男 クラシックカメラ専科No.50(1999)
[5] Komura Product ctalog for 4x5 Large format, 6x9 format and 35mm format camera(Feb.1970). 
[6] "Lenses? Lenses?", Australian Photography Photo Directory 1975, (1975) pp.20-21
  
入手の経緯
レンズは2018年8月に大阪のカメラ屋にて、店頭価格45000円にて購入しました。コンディションはABで、ゴミの混入や剥離したチリ(コバ落ち)が少しみられましたがカビやクモリはなく、実用的には問題のないコンディションでした。KOMURAは現在も基本的には安値で取引されている製品ブランドであることに変わりはありませんが、F1.8~F2クラスの明るい望遠系だけは別格扱いされており、85mm F1.4には130000円~150000円、85mm F1.8、100mm F1.8、135mm F2には100000円前後、105mm F2でも50000円前後もの値が付きます。ただし、F2.8クラスはまだ数千円で取引されており、例えばエルノスター2型(1-2-1-1)の135mm F2.8はまだリーズナブルな値段で入手することができます。レンズをできるだけ安い値段で手に入れたい場合には、海外よりも国内市場をあたるほうが有利でしょう。
 
撮影テスト
定評のあるレンズだけに描写はやはり素晴らしく、オールドレンズらしい雰囲気のある写真が撮れます。特に発色は独特で、コッテリ感が強調されやすい現代のデジカメにおいていい感じにバランスし、自然な色味にまとまります。ピント部の質感表現は繊細で、中心解像度は高く、開放では四隅に軽微なコマフレアが出るものの光を敏感にとらえることができます。少し絞ると全域均等なシャープなピント部となります。階調は軟らかくトーンがとてもなだらかに出ます。背後のボケは軟らかく、どのような条件でも乱れることなく安定しており、ガウスタイプにもゾナータイプにもみられない独特なボケ味の美しさがあります。

F2, sony A7R2(WB:日陰)






F2, sony A7R2(WB:日陰)




F1.8(開放) sony A7R2 (WB:日陰) ボケ味は独特です




F2.8, sony A7R2(WB:日陰)