おしらせ


2018/01/25

KMZ OKC1-10-1(OKS1-10-1) 10mm F2.8



ロシアの16mm映画用レンズ part 3
試写記録:KMZ OKS1-10-1  10mm F2.8
フィルム写真のような色味が魅力のレトロフォーカス型レンズ

OKC1-10-1(OKS1-10-1)はロシアのKMZ(クラスノゴルスク機械工場)が16mm映画用カメラの16SPに搭載する広角モデルとして市場供給したシネマムービー用レンズです。前玉にはロシア製レンズ特有のコッテリとした色のコーティングが施され、いかにもよく写りそうな雰囲気を漂わせています。レンズの構成は下図で示すような6群9枚のレトロフォーカスタイプで、採算性を省みない共産圏ならではの豪華な設計であることがわかります。
レンズを搭載した16SPという映画用カメラはアリ社のアリフレックス16STを手本に開発されたプロフェッショナル向けの製品で、ターレット式マウントに一度に3本のレンズをマウントすることができました。本レンズに加え、例えばOKC-1-50 50mm F2とOKC2-75-1 75mm F2.8などを組み合わせて使っていたようです。

OKC1-10-1構成図。GOI Objective Catalog 1971からの見取り図(トレーススケッチ)。設計構成は6群9枚と豪華


入手の経緯
レンズは2017年秋にeBayにてウクライナのオールドレンズを専門に扱うセラーから7000円(+送料1500円)で購入しました。レンズヘッドのみで売られている個体は改造難度が高いことが一目見てわかるので、今回はヘリコイドがついている個体を狙いました。相場はレンズヘッドだけの商品が10000円~15000円程度。ヘリコイド付きは流通量が少なく探すのが大変です。届いたレンズはカビやクモリこそなく実用上は問題ありませんでしたが、コンディションは値段相応でレンズ内の清掃も必要でした。

フィルター径 58mm,  絞りT3.1(F2.8) -T16, 設計構成 6群9枚レトロフォーカス型, 絞り羽 10枚構成,  上の写真はM42ヘリコイド(22.5-48mm)に搭載しPentax Qマウントに改造した事例ですが、M42ヘリコイド(15-27mm)に搭載しライカマウントに変換することも可能でした
レンズは16mmシネマフィルム向けに設計されているため、Nikon 1で使用するのが相性の良い組み合わせです。この場合の35mm換算焦点距離は28mm相当となります。Pentax Qでも使用することができますが、この場合の換算焦点距離は55mm相当となり、標準レンズとして使用することになります。
本レンズを手に入れた直後に初めはマイクロフォーサーズ機につけてみたのですが、はっきりとトンネル状にケラれてしまい、イメージサークルには規格以上の余裕が無いことがわかりました。手元に使えるカメラがなかったため、しばらく放置していたのですが、ある時に知人がPentax Qを使うとのことで出番が到来、さっさとPENTAX Qマウントに改造しお貸ししたところ、たいへん気に入り、5000円+部品代でお譲りすることにしました。嫁ぎ先が決まって、めでたしめでたし。ご厚意で知人から写真作例を何枚か頂戴できましたので、以下に掲載します。このレンズを使って撮った写真がネット上には皆無でしたので、どんな写りなのか、ある程度参考になると思います。

★試写記録
F4.5, pentax Q(AWB) photo: Wataru Yamamoto スッキリとヌケのよい優等生的な写りです



F5.6(AWB), PENTAX Q, photo: Wataru Yamamoto 階調は適度に軟らかく、発色は温調気味で、いかにもオールドレンズらい写りです

F3.1(AWB), Pentax Q,  photo: Wataru Yamamoto 逆光に敏感なのはレトロフォーカスタイプならではの性質です。赤がきついのはカメラの画像処理エンジンの味付けからでしょう

F3.1(AWB), pentax Q, photo: Wataru Yamamoto 
F4.5(AWB), pentax Q, photo: Wataru Yamamoto 軟らかいフィルムのような写りを期待することができます

F4.5(AWB), pentax Q, photo: Wataru Yamamoto 



2018/01/19

オールドレンズ専用のフィルムカメラ

おすすめのフィルムカメラをご紹介します
もちろんオールドレンズ専用機です
MINOLTA X-700 and YASHICA FX-3 Super 2000
昨年あたりから日本の10代~20代の若者の間でフィルムカメラが流行していることを知りました。インスタグラムが火付け役になっているそうで、知人が企画しているフィルム散歩会には男女を問わず多くの若者が集まります。しかも、参加者らは古くて安いマニュアルフォーカスカメラにオールドレンズをつけて使っているのです。最近はいろいろなコミュニティで「オールドレンズ用におすすめのフィルムカメラはありますか?」と尋ねられる機会も増えてきました。そこで、おすすめのカメラを2台ご紹介しますが、1台目はミノルタのX-700です。まずは、どんなカメラなのか写真でご覧ください。

MINOLTA X-700: 1981-1999年製造, MINOLTA SRマウント(フランジバック43.5mm < M42, EXAKTA, etc...) (GOOD!) ,  最高シャッタースピード 1/1000 (tough! 残念), 露出計: TTL開放中央重点測光/瞬間絞り込み測光, ミラーアップ方式:スイングバック(Great!), 明るさとピントの合わせ安さを両立させたアキュートマットスクリーンを採用(Great!), ファインダー視野率95%(GOOD!), ファインダー倍率0.9(GOOD!), フォーカッシングスクリーン: スプリットマイクロプリズム(中央)アキュートマット(周辺) (GOOD!),  重量 505g, カラーバリエーションはブラックおよびブラック/シルバーのツートン


一眼レフカメラの中ではフランジバックが比較的短いため、アダプターを使えばM42マウント、エキザクタマウント、デッケルマウントなどのユニバーサルマウントに対応でき、オールドレンズの選択肢が豊富にあります。中古市場では5000円以内で手に入るリーズナブルな価格帯にありますが、侮ってはいけません。このカメラには他にはないユニークな特徴が備わっており、私が手元に残した一眼レフカメラの中では最も使い出のある一台になっています。
まず、何と言っても重要な特徴は、ミラーアップの方式がスイングバックになっている点です。これは、ミラーが後退しながらはね上がるという仕組みです。シャッターを切る際にミラーがレンズの後玉に引っかかるトラブル(ミラー干渉)を未然に防ぐことができます。大方の一眼レフカメラはシャッターをきるとミラーが単純にはね上がるクイックリターン方式を採用しているのに対し、スイングバック方式はごく限られた高級機のみに採用されました。後玉が飛び出したレンズでも、このカメラなら使用できたという報告例が相次いでおり、後玉の飛び出し具合が特に著しいキルフィット製レンズでも使用できました。このカメラなら、数多くのオールドレンズが問題なく使用できます。そして、X-700のもう一つの特徴はピントの合わせやすさを極限まで高めた非常に明るく見やすいファインダーです。ここにはミノルタが独自開発したアキューマットスクリーンが使われており、これが実に素晴らしい。アキューマットスクリーンはあのハッセルブラッドにも採用されました。ピントの合わせすさでX-700の右にでるフィルムカメラは無いと言ってもよいでしょう。スクリーンの中央部はスプリットマイクロプリズムになっており、厳密なピント合わせを行う際に重宝します。また、ファインダー倍率が約0.9、視野率が約95%と高いのも魅力です。残念なのは最高シャッタースピードが1/1000までとごく平凡な点と、カメラの心臓部が電子式なので、半永久的に使える機械式とは異なり、いずれ寿命がくる点ですが、その分を差し引いても十分に魅力のあるカメラです。

詳しい事情はわかりませんが、m42-minoltaアダプターには無限遠のフォーカスを拾えない製品がかなりの割合で流通しています。記載文にハッキリと無限が出ないと書いてありますので、入手時には注意してください。無限遠のフォーカスが拾えることを保証している製品もありますので、探してみるとよいでしょう。

Minolta X-700 + Kilfit Tele-Kilar 105mm F4

続く2台目は、コシナがOEM生産しヤシカブランドで1993年に発売されたYASHICA FX-3 Super 2000です。シンプルな操作系と軽くて小さなボディ、壊れにくい構造が特徴で、中古市場では5000円以内で手に入ります。このカメラはヤシカブランドの国内最終モデルですが、なんとZeissとの提携により実現したコンタックス・ヤシカマウントが採用されており、名玉の宝庫、ヤシコンのカールツァイスレンズ群が使用できます。また、アダプターを使い数あるM42レンズ群を使用することもできます。ヤシカ・コンタックスマウントはフランジバックがM42マウントより極僅かに長いので、M42レンズが使用できるのは意外と思われる方も多いでしょう。無限のフォーカスを拾えるよう、アダプターの側でマウントを僅かに沈胴させているのです。

YASHICA FX-3 Super 2000: 1993発売, C/Y(コンタックス/ヤシカ)マウント:フランジバック45.5mm,  最高シャッタースピード 1/2000 , 露出計: 中央部重点 平均測光, ミラーアップ方式:クリックリターン, ファインダー視野率92%(GOOD!), ファインダー倍率0.91(GOOD!), フォーカッシングスクリーン: スプリットマイクロプリズム(中央),  重量 445g(Good!), カラーバリエーションはブラックおよび北米向け輸出モデルのみに供給されたブラック/シルバーのツートン

カメラの機能としての特徴は、露出計を除くカメラの心臓部が機械式のため、オーバーホールさえ続ければ半永久的に使用できる点、そして、最高シャッタースピードが1/2000と機械式にしては高速な点でしょう。X-700が弱点としていた箇所が見事に補完されています。外観はプラスティック感が漂っていますが、アルミダイキャストボディを採用しており、見かけによらず頑丈なつくりです。ファインダーの明るさはごく平凡でX-700には及ばないものの、ファインダー倍率0.91、視野率92%は立派なスペックです。スクリーン中央にはスプリットマイクロプリズムがついており、厳密なピント合わせを行う際に重宝します。

YASHICA Fx-3 super 2000 + Carl Zeiss Contarex Planar 85mm F2

2018/01/18

Event 2018 is this!
Coming soon!


日時 2018年5月25日(金)-27日(日)
場所 原宿デザインフェスタギャラリー

講演・対談
ワークショップ
ポートレート写真展3
オールドレンズ写真学校展4
オールドレンズ体験会・ショップ販売

2018/01/14

LOMO/LENKINAP OKC(OKS) 1-22-1 22mm F2.8





豪快なハレーションを解き放つ
軽く、小さく、短く、安く、しかも高性能、
最短20cmでマクロまでこなす万能広角シネレンズ
LOMO/LENKINAP OKC(OKS) 1-22-1, 22mm F2.8
ミラーレスタイプのAPS-C機やマイクロフォーサーズ機をメインに使うオールドレンズのエントリーユーザーから、おすすめの広角オールドレンズ(できればリーズナブルなもの)を紹介してほしいと相談を受けることが時々あります。一見簡単そうな相談に思えますが、条件をよく整理してみると「短い」+「小さい」+「軽い」+「安い」+「オールドレンズ(つまり金属製)」とかなりハードルが高く、しかも相手は女子なので、ご飯や花・小物を撮ります。寄れることが必須・・・。すぐに答えが出ません。
ご存知のように広角レンズとは焦点距離の短いレンズですが、一般にフルサイズ機で使用する場合は40mm未満、APS-C機では焦点距離24mm未満くらい、マイクロフォーサーズ機では焦点距離20mm未満くらいからのレンズが該当します。フルサイズ機に対応したレンズを探すほうが選択肢が圧倒的に多いわけですが、ここまで短い焦点距離となると、デカくて重いレンズばかりです。軽くて小振りなミラーレス機の長所を完全に打ち消してしまい、バランスも悪いので、これではいけません。残る選択肢はイメージサークルの小さいハーフサイズカメラのレンズとシネレンズですが、こんどは安い広角オールドレンズがなかなか見当たりません。今回紹介するOKC1-22-1 22mm F2.8はオールドレンズの知識が豊富な仲間達に相談し、議論を繰り返す中から得られた、全ての条件を満足する限られた回答の一つです。これより条件の良いオールドレンズがありましたら、ぜひ教えてください!
OKC1-22-1はロシアのロモ(LOMO :レニングラード光学機械連合)が1950年代のLENKINAP(Leningrad Kino Apparatus:レニングラードシネマ器機)時代から少なくとも1992年頃まで生産していた、APS-C相当のセンサーサイズまでをカバーできる35mm映画用レンズです。レンズの設計構成は下図のような5群6枚で、ビオメタールからの発展形として旧東ドイツZeiss Jenaが供給したレトロフォーカスタイプの広角レンズFlektogon(フレクトゴン)を手本にしています。初期のレトロフォーカスタイプの中では開放からシャープでヌケがよく、フレアの少ない抜群の描写性能を備えた優れた設計構成として知られています。レンズはヘリコイドを持たないレンズヘッドの状態で売られていますので、このままではピント合わせができません。デジカメでの撮影に用いるには、いったんライカMマウントに変換し、ヘリコイド付きアダプターに搭載するのがよいでしょう。
1950年代後期のLOMO設立前にLENKINAPファクトリーで生産された初期型のOKC1-22-1。経年による使用でこすれた部分から真鍮の地金が出ている。和のテイストを感じさせるカッコイイデザインだ




OKS(OKC) 1-22-1の構成図: Catalog Objectiv 1970 (GOI)からトレーススケッチした見取り図。設計構成は5群6枚のフレクトゴン型
入手の経緯
レンズは2017年12月にeBayを介してウクライナのセラーからレンズヘッドの状態のものを119ドル+送料の即決価格で購入しました。オークションの記載は「MINT CONDITION(美品)。レンズの性能はコリメーターでチェックしている」とのこと。届いたレンズは充分に綺麗な状態でした。レンズヘッドはeBayに豊富に流通しており、価格も美品が150ドル(+送料)辺りからの値段で手に入ります。LENKINAP製やKONVASマウントの個体は珍品のためか、これよりも値が張りました。
LOMO OKC1-22-1  22mm F2.8: 絞り羽根 8枚構成, 最短撮影距離(ヘリコイドアダプター5mm繰り出し使用時) 0.2m, 5群6枚レトロフォーカスタイプ(フレクトゴン型), 実焦点距離21.1mm, 重量(レンズヘッドのみ)45g,    推奨イメージフォーマットはAPS-C相当(35mm映画フォーマット) 製造期間1950年代より1990年代




マウントアダプター
レンズにはヘリコイドが付いていませんしマウント形状はM21(0.5mmピッチ)ネジですから、このままでは撮影に使うことはできません。デジタルミラーレス機で使用するにはウクライナのua-artprojectcomというセラーがeBayで販売している「HELICOID FOCUSING PART FOR OKS1-22-1 F/2.8 22mm」を購入するか、ロシアのRafCameraがeBayで3000円程度で市販しているM21x0.5 - M39x1アダプターを手に入れ、マウント部をライカL39マウントに変換します。

HELICOID FOCUSING PART FOR OKS1-22-1 F/2.8 22mm (ua-artprojectcom)

続いてライカLMリング(eBayでは500円程度)を使いマウント部をライカMマウントに変換、最後にライカMマウントレンズ用のアダプター、もしくはRafCameraのアダプータを用いた場合にはライカMマウントレンズ用のヘリコイド付きアダプターに搭載します。アダプターまで含めると予算総額は高くなってしまいますが、ミラーレス機ユーザーにとって、ライカLMリングやライカMマウント用のアダプターは他のレンズにも流用できる使用頻度の高い必須アイテムですので、揃えておいて決して損ではありません。ヘリコイドアダプターの繰り出し量は僅か5mm程度ですが、それでも、このレンズを搭載すると20cmまで寄れ、充分な近接撮影力が得られます。なお、私は下の写真に示すような自作カプラーで対応しました。参考までにカプラーづくりの材料は(1)26-28mmステップアップリング(28mm側のネジ山をルーターで削る)、(2) C-mount > Leica Lステップアップリング、(3)ライカLM変換リング、(4)エポキシ接着剤です。
このレンズにはフィルターネジがありませんので、被せ式のレンズキャップをつける必要があります。ホームセンターにゆくと椅子の足に被せるゴムキャップ(内径31mm)が100円程度で買えますので、丈もぴったりでおススメです。


LENKINAP OKC1-22-1 22mm F2.8:絞り羽 8枚構成, 絞り値 T3.1-16,  最短撮影距離(ヘリコイドアダプター5mm繰り出し使用時) 0.2m, 5群6枚レトロフォーカスタイプ(フレクトゴン型), 推奨イメージフォーマットはAPS-C相当(35mm映画フォーマット), 赤紫のPコーティングが蒸着されている
LOMO OKC1-22-1  22mm F2.8: 絞り羽根 8枚構成, 最短撮影距離(ヘリコイドアダプター5mm繰り出し使用時) 0.2m, 5群6枚レトロフォーカスタイプ(フレクトゴン型), 実焦点距離21.1mm, 重量(レンズヘッドのみ)45g,  こちらは1978年製の個体で、コーティングはシアン系と紫の混合。逆光で虹のシャワーのようなハレーションが豪快に出る
こちらは、1966年製造の個体でLOMO銘が入っている。LENKINAP製の個体と同じ赤紫色のコーティングが施されており、逆光でも虹のハレーションが出ない
LOMO OKC1-22-1: 重量(実測) 125g, 絞り羽 8枚構成, 絞りF2.8-F16, 最短撮影距離(規定) 1m, ヘリコイド付 フィルター径 55mm: こちらはKONVAS(OCT-18)マウント用に作られた珍しい個体。KONVASは市販のアダプターがあるので、無改造のままミラーレス機で使用することができる。私が入手したのはeBayでポーランドのセラーが販売していたOCT18 - LEICA Mアダプターです(下の写真)。




eBayにてポーランドのセラーから9500円で入手したOCT18 - LEICA Mカスタムアダプター。造りはとてもよいが、たまにしか売っていない

撮影テスト
プロフェッショナル向けの映画用レンズには設計に無理のない堅実な描写の製品がそろっています。本品も開放からスッキリとヌケがよく、四隅まで滲みの少ないシャープな描写です。コントラストは良好でどこまでも優等生なレンズですが、逆光になるとシャワーのような美しいハレーションが爆発的に発生し、豹変します。発色はノーマルで歪みは極僅かに樽型。工夫次第で素晴らしい写真効果が得られる、とても楽しいレンズです。
ちなみに、LENKINAP製の個体は逆光でもシャワーのハレーションが出ることがありませんでした。コーティングの違いからでしょうか。

LOMO製 OKC1-22-1での写真作例
 
F3.5辺り, Fujifilm X-T20(AWB):
F3.5辺り, Fujifilm X-T20(AWB):

F3.5辺り, Fujifilm X-T20(AWB):
F2.8(開放), FUJIFILM X-T20(AWB): 逆光ではゴーストに加え、シャワーのような美しいハレーションがビシバシと出る

F4辺り, Fujifilm X-T20(AWB):

F3.5辺り, Fujifilm X-T20(AWB): ガラスが1枚入っており、太陽光が写り込んでいる


F4, FUJIFILM X-T20(AWB):  

F4, FUJIFILM X-T20(AWB):  

F2.8(開放) FUJIFILM X-T20(AWB): 

F4, FUJIFILM X-T20(AWB): 


F2.8(開放), FUJIFILM X-T20(AWB): 

F4, FUJIFILM X-T20(AWB): 
F5.6, Fujifilm X-T20(AWB)
F4辺り, Fujifilm X-T20(AWB)
F4辺り, Fujifilm X-T20(AWB):
F2.8(開放)FUJIFILM X-T20(AWB):逆光時のハレーションは開放では放射状だが・・・。


F16辺りFUJIFILM X-T20(AWB) : 深く絞ると、このようになる。ハウルの動く城か?







LENKINAP OKC1-22-1での写真作例

F2.8(開放)FUJIFILM X-T20(AWB)

F2.8(開放)FUJIFILM X-T20(AWB)

FUJIFILM X-T20(AWB)

F5.6, Fujifilm XT-20(AWB)

F2.8(開放) FUJIFILM X-T20(AWB)

F5.6 FUJIFILM X-T20(AWB)
F5.6 FUJIFILM X-T20(AWB)

F5.6 FUJIFILM X-T20(AWB)