おしらせ

 

2018/02/24

KMZ PO(RO)-series cinema movie lenses(Prologue)

左からPO4-1, PO70, PO56, PO2-2, PO3で、いずれもモスクワのKMZがソビエト連邦時代に製造したモデル


レニングラード生まれ、クラスノゴルスク育ちの
35mmシネマムービー用レンズ PART 0(プロローグ)
ロシアのシネマ用レンズは古くからレニングラード(現サンクトペテルブルク)の工場が生産拠点でした。この地には後に合併されLOMO [Leningradskoe Optiko-Mechanicheskoe Obyedineniye(レニングラード光学機械連合)]に参入するLENKINAPファクトリー(Leningrad Kino Apparatus)があり、1936年に登場したロシア初のシネマ用カメラのKSシリーズもこの工場で生産されています。同国のシネマムービー用レンズの原点であるPO(RO)シリーズの最初のモデル(PO2-2, PO3-3, PO4-1, etc...)が誕生したのも、レニングラードのKINOOPTIKAファクトリーでした。初期のPOシリーズは真鍮鏡胴のノンコートレンズで、銘板には工場名の"KINOOPTIKA" LENINGLADが記されていました。このレンズは第二次世界大戦の戦争賠償としてドイツから接収した光学ガラスを用いて1945年に開発され、35mmムービーカメラのKS-50BとAKS-1 に搭載する交換レンズとして市場供給されたのがはじまりです。しかし、製造コストが高く採算面での課題を抱えながら1947年に製造中止となっています。生産設備は同年にモスクワ州中部の工業都市クラスノゴルスクのKMZ(クラスノゴルスク機械工場:現ZENIT)に移設され、これ以降のPOシリーズの生産はKMZが引き継ぐことになったのです[文献1]。
1948年にKMZはPOシリーズのセカンドバージョン(PO2-2, PO3-3, PO4-1 etc...)を発売します[文献2]。レンズはKMZ光学システム設計局の主任技師Maltsevが率いる設計チームが監督し、同工場の393番プラントにて製造されました。このモデルも真鍮鏡胴で、ガラスにはブルーのコーティングが施されていました。しかし、依然として採算性が悪いことからコーティング付モデルはオプションになり、コーティングを省いたモデルとともに同時供給されました。
製造コストの問題を解決しKMZは1951年にコーティングのついた新バージョンを発売、このモデルには新開発の紫色のコーティング(Pコーティング)が施されていました。セカンドバージョンが採用したブルーのコーティングが自然な発色であったのに対し、このモデルに採用された新しいコーティングでは黄色味が強調されました。おそらくコントラストの向上が図られたのでしょう。1952年になるとロシア版Arriflex 35のKONVASという映画用カメラにもレンズの供給が始まります。
1950年代半ばになるとレニングラードのLENKINAPファクトリーでもPOシリーズの生産が始まります。再びレニングラードがシネレンズの生産拠点になるのはLOMOが創設される1965年あたりからです。LENKINAP工場で製造されたPOシリーズは後に再設計され、LOMOのOKCシリーズ、および中心解像度を100本/mmまで向上させたЖシリーズ(Gシリーズ)へと姿を変えることになります。ただし、POシリーズはその後もKMZが生産を継続しており、同シリーズのバージョン3は少なくとも旧ソビエト連邦の社会主義体制が崩壊する1991年まで作られました。本ブログでは数回にわたりPOシリーズの代表的なモデルであるPO2-2(2rd version), PO3-3M(3rd), PO4-1M(3rd)、およびPO56(3rd), PO70(3rd), PO109を取り上げてゆきます。

POシリーズの記事が完結した後はロモ(LOMO)のシネマ用レンズを取り上げる予定です。LOMOは35mm映画用カメラのKONVASにレンズを多数供給していました。中でもOCT-18マウントで供給されたレンズは大きく突き出した羽根を外観上の特徴としており、これがヘラジカの角に似ているため、私は勝手に「ヘラジカレンズ」と呼んでいます。ロモのレンズは初期に作られた製品個体に顕著な色落ちがみられ、ダークグリーンに色落ちした個体やブロンズゴールド、ダークブルーなど色落ちした個体など何種類かあります。まさに、経年が生み出したアート作品!。美しさと高性能を兼ね備えた素晴らしいロモのレンズ群についても特集を組む予定です。取り上げる個体はOKC1-18-1 18mm F2.8, OKC 1-35-1 35mm F2, OKC8-35-1 35mm F2, OKC11-35-1 35mm F2, OKC1-50-1 50mm F2, OKC1-50-3 50mm F2, OKC1-50-6 50mm F2, OKC1-75-1 75mm F2, OKC6-75-1 75mm F2です。いずれも旧ソ連時代最高峰のプライムレンズです。
KONVAS用(OCT-18マウント)に供給されたLOMOのOKC1-50-1(初期型) 
左からOKC6-75-1, OKC1-50-6, OKC1-50-1, OKC11-35-1で、レニングラード(現サンクトペテルブルク)のLOMOが製造したモデル

マウントアダプター
現在、市場に流通しているPOシリーズの多くは映画用カメラ(ロシア版Eyemo)のKS-50BやAKS-1に供給された製品個体ですが、残念なことにマウントアダプターの市販品が存在しません。カメラで使うには工房などがライカLマウントに改造した個体を探すしかありませんが、改造費込みでなので市販価格は高額になっています。ただし、マウントアダプター経由でレンズを使う方法が一つあり、ロシア版アリフレックス35のKONVASに供給された製品個体を手に入れるのです。例えばPO2-2M、PO3-3M、PO56、PO70にはKONVASが採用したOCT-18マウントの製品個体が存在します。これに対応するアダプターがロシアのRafCameraから市販されており、レンズを各種ミラーレス機で使用することができます。入手先についてはeBayをあたってみてください。
PO3-3M(KONVAS OCT-18マウント・後期型)とRafCameraのアダプターに種々の部品を組み合わせて作った自作アダプター。OCT-18マウントのレンズをSONY Eマウントのカメラに装着でき、無限遠のフォーカスを拾える(わずかにオーバインフ)




私がRafCameraから入手したのはOCT-18 マウントを58mmのフィルターネジに変換するアダプターです。フィルターステップアップリングを介して、このアダプターを市販の直進ヘリコイドにマウントしています。ヘリコイドのカメラ側を末端処理すれば、SONYやFUJIのミラーレス機で使用できるヘリコイド付きアダプターになります。例えばM42スリムアダプターを使えばSONY Eマウントにすることができますし、M39スリムアダプターを使えばFUJIFILMのミラーレス機にマウントすることが可能です。例えば上の写真のように直進ヘリコイドM46-M42 Helicoid 17-31mmを用いればSONY Eマウントにすることも可能です。M42-M39 17-31mmを用いてFUJIFILM Xマウントにすることもできます。

参考文献
[文献1]Luiz Paracampo, "LOMO" - From RAOOMP to LOMO 100 years of Glory!-, Hercules Florence International Ed. (2014)

[文献2]КАТАЛОГ фотообъективов завода № 393 (1949)
[The catalog of photographic lenses of the plant № 393]

2018/02/23

KMZ OKS2-75-1(OKC2-75-1) 75mm F2.8



ロシアの16mmシネマムービー用レンズ part 4
迫り出すトーンが場の雰囲気を大きく捉える
KMZ OKS(OKC)2-75-1  75mm F2.8
昨年秋の記事で取り上げたTAIR-41M(タイール41M)の魅力的な写りをフルサイズ機でも堪能したいという願いから、このレンズにたどり着きました。ロシアのKMZ(クラスノゴルスク機械工場/現ゼニット)がソビエト連邦時代に、映画撮影用カメラの16SP(1958-1964年販売)に搭載する交換レンズとして市場供給したOKS(OKC) 2-75-1です。レンズを搭載した16SPというカメラはKMZがアリフレックス16を参考に開発したもので、ターレット式マウントに3本のレンズをいっぺんに搭載することができるプロ仕様の映画用カメラでした。撮影フォーマットは16mmなので、このレンズを現代のデジカメに搭載して使用するにはNikon1(1インチセンサー)あたりを選ぶのが画質的に無理のない組み合わせです。その一方で、レンズのイメージサークルにはかなりの余裕があり、なんとフルサイズセンサーをカバーしてしまいます。収差を大好物とするオールドレンズファンならば言うまでもなく、このレンズをフルサイズ機で使用するに違いありません。
レンズの設計構成は下図に示すような3群4枚の独特な形態で、TAIRタイプと呼ばれています。この構成は第二次世界大戦中にロシアの光学設計士David Volosov(デビッド・ヴォロソフ)教授と彼の共同研究者であるGOI(State Optical Institute)のエンジニアたちの手でトリプレットからの発展形として開発されました[1,2]。はじめは軍からの要望で暗い場所でも使用できる高速望遠レンズを作ることが目的でしたが、戦後はシネマ用レンズにも転用されています。トリプレットの高い中心解像力とヌケの良さをF2.8の明るさでも無理なく実現できるようにすることが、レンズ開発時の設計理念だったのでしょう。その一つの答えがTAIRタイプだったのです。
OKCの75mmと言えば、やはり圧倒的に有名なのはPO2の後継製品でもあるOKC1-75-1 75mm F2と、その更に後継であるOKC6-75-1 75mm F2です。両者とも素晴らしい性能のレンズですが、これらに比べると今回のレンズは同じOKCといえど、マニアックでマイナー路線を突っ走っています。でも、他人とは一味も二味も異なる描写を求める人、ありふれた描写にサヨナラしたい人には、このレンズが一つの有望な選択肢になるはずです。いずれもロシア製品の中では最高峰のプライムレンズです。
OKC2-75-1の構成図(文献[3]からのトレーススケッチ)左がフロントで右がリア(カメラ側)です。設計構成は3群4枚のタイール型で、前群側に正パワーが大きく偏っていることによる糸巻き状の歪曲収差を緩和するため、後群に厚い正レンズを配置している





参考文献・資料
[1] REDUSER.NET: Ilya O."Tair-11 lens diagram/scheme and appearance"(2016 Nov.)
[2] TAIRの光学系特許:USSR Pat. 78122 Nov.(1944)
[3] Catalog Objectiv 1970 (GOI): A. F. Yakovlev Catalog,  The objectives: photographic, movie,projection,reproduction, for the magnifying apparatuses  Vol. 1, 1970

入手の経緯
レンズは2017年12月にeBayにてロシアのセラーから229ドル+送料20ドルで落札しました。オークションでのレンズの売値は状態にもよりますが、350~450ドル辺りです。鏡胴に何らかの問題がある品を探せば、250ドルあたりで手に入ることも可能でしょう。国内でのレンズの相場は取引歴がないため不明ですが、ロシア製シネマ用レンズは概ね現地のセラーが提示する倍の値段で取引されていますので、国内の市場に出てくれば改造費込で6万円を越える値が付くとおもいます。
オークションの記載は「レアなソビエト製シネマ用レンズ。エクセレントコンディションで新品のようだ。レンズはクリーンでクリア、傷やクモリはない。絞り羽に油染みもない。キャップと箱が付属する」とのこと。写真を見ると鏡胴には錆が出ています。これを新品のようだと堂々と解説するセラーの感覚もどうかとおもいますが、相場よりだいぶ安く出品されていたので、迷うことなく購入を決意しました。記載に大きな間違いがなければガラスの状態は良好なはずです。
届いたレンズはやはりピントリングの周りに錆が出ていましたが簡単なクリーニングで充分に除去可能なレベルでした。ガラスの状態は良好でしたのて、思いどうりの良い買い物ができました。
KMZ OKS2-75-1(OKC2-75-1): フィルター径 52mm , 重量275g(改造前): 380g(改造後・ヘリコイド込の参考値), 最短撮影距離1m(改造後は0.4m), 絞り羽 16枚構成, 絞り F2.8-F22, 設計構成 3群4枚タイ―ル型, 前玉前方のイメージサークル・トリマーをはずすとイメージサークルが拡大する
マウントアダプター/M52ヘリコイドへの搭載
eBayでは16SP(Krasnogorsk-2互換)マウントをSONY E/マイクロフォーサーズ/Cマウント/Arri PLに変換するためのマウントアダプターが、5000~8500円程度で市販されています。残念ながらフジとEOS-Mに対応するアダプターは見当たりません。私は接写が出来ようにしたかったので、自分でマウンド部を改造しレンズをM52-M42直進ヘリコイド(最短17mm)に搭載することにしました。ヘリコイドのカメラ側はM42-SONY Eスリムアダプター(1mm厚)でソニーEマウントにしています。本体のヘリコイドを生かしたダブルヘリコイド仕様となり、最短撮影距離を1mから0.4mまで短縮させることができました。改造のヒントはマイクロフォーサーズ用の中華製マクロエクステンションリングを使います。あとは、ご自身で試行錯誤してください。

撮影テスト
シャープネスとコントラストは高く、質感表現は秀逸でシネマ用レンズの底力を知ることができます。このレンズの大きな特徴はやはり圧倒的に美しい光量落ちではないでしょうか。はっきりとケラれることはないので写真効果として十分に活用でき、フルサイズ機で用いるとトーンを強制的につくりだす特殊効果のような役割を果たしてくれます。これが写真の階調描写に躍動感を生み出すとともに、中央の被写体をドラマチックに演出してくれるのです。光量落ちを避けたい時には前玉の前方に据え付けられたイメージサークル・トリマーを外すだけです。また、フルサイズ機と組み合わせる際には強い糸巻き状の歪曲収差が発生し、柱や建物など真直ぐなものが大きく歪んでみえます。こうした特徴が顕著にみられるのはレンズ固有の独特な設計形態によるところも大きいのですが、本来ならば写真には写らないイメージサークルの隅の方を利用しているためでもあります。定格外の使い方ですので四隅では像が甘くなるものの、絞れば良像域は四隅に向かって拡大し、2段も絞ればフルサイズ機でも写真全体にわたり十分な画質となります。ボケには安定感があり、距離によっては背後で微かにグルグルボケの出ることがありますが、二線ボケ、放射ボケはみられず素直で美しいボケ味です。
フルサイズ機による規格外の使い方と中央の目覚ましい描写性能が織りなす甘く危険な協力関係が、均一な写真描写に慣れ親しんだ人の感性を大きく揺さぶるに違いありません。
F2.8(開放) sony A7R2(WB:電球1, iso400)  光量落ちの美しさは圧倒的で、スタジオなど室内のポートレート撮影ではダイナミックなトーン描写が中央の被写体をドラマチックに演出してくれます
F4 sony A7R2(WB: 曇天) 発色はやや温調にコケる傾向があります



F4 sony A7R2(WB: 曇天) すさまじい糸巻き状の歪曲収差!。ここまで気持ちよく曲がると、お見事としか言いようがありません
F2.8(開放) sony A7R2(WB: 曇天) 前ボケも後ボケもフレアに包まれ柔らかく滲みとてもきれいです。一方でピント部には滲にがまったくなく、スッキリとヌケのよい描写です

F2.8(開放) sony A7R2(WB: 曇天) トーンを強制的に出したような不思議な描写もこのタイプのレンズならではの特徴といえます。明暗差の大きな場面で使いたいレンズです
F2.8(開放) sony A7R2(WB: 曇天) 開放からスッキリとヌケのよい描写が実現されており中心部はたいへんシャープで解像感に富む、とても優秀なレンズです

F2.8(開放) sony A7R2(WB: 曇天)

F2.8(開放) sony A7R2(WB: 曇天)  中心部のシャープネスは十分で、sony α7Riiの4240万画素センサーにも根負けしません。中央を拡大したのが下の写真です
ひとつ前の写真(4240万画素)の中央部を当倍でクロップしたもの。解像感の高いレンズです
F4 sony A7R2(WB: 日陰) 












F2.8(開放)  sony A7R2(WB: 日陰)




F2.8(開放) sony A7R2(WB 曇天)




2018/02/09

AIRES CAMERA TOKYO S CORAL 45mm F1.5 (Aires 35-V mount)



アイレスカメラの高速標準レンズ  part 2 
ノクトンを手本に作られた大口径レンズ
AIRES CAMERA TOKYO, S CORAL 4.5cm F1.5(Aires 35-V mount)
アイレス写真機製作所(Aires camera)の高速標準レンズにはエポックメーキングなモデルがもう一本あり、同社がレンズシャッターカメラの最高級機AIRES 35-Vに搭載する交換レンズとして供給したSコーラル(S CORAL)である。このレンズは1958年10月の発売当時において国産レンズシャッター機に搭載されたレンズとしては最も明るいF1.5を記録している。ここまでの明るさに追従できるシャッターは小型で高速な0番シャッターもしくは00番シャッターに限られるが、そのぶん光路は細くなる。ビハインドシャッターの狭い光路に大口径レンズの光を通すのは容易なことではなかったはずだ。
レンズの設計構成は下図のような4群7枚で、旧西ドイツのフォクトレンダー社が1950年に発売した高級レンズシャッター機プロミネントI型(PROMINENT I)に搭載したノクトン(NOKTON) 50mm F1.5を手本にしている。偶然かどうかはわからないが、前エントリーで取り上げたHコーラルもトロニエ博士の設計したシュナイダー社のクセノン(Xenon, 4群6枚)を手本に開発したものだ[文献1]。同社でレンズやカメラの企画と開発にあたったのは創業者の三橋剛社長と開発部の小寺桂次氏であるが、三橋氏と小寺氏はノクトンやクセノンを設計したトロニエ博士のファンだったのかもしれない。
では、Sコーラルの写りはノクトン的なのかと言うと、微妙に異なる所が面白い。線の細い繊細な描写や光の状態に敏感に反応する神経質な性格など確かにノクトンの特徴を垣間見ることができるものの、開放でのフレア量は若干多く、ノクトンよりも柔らかい味付けになっている。

ノクトンとSコーラルの構成図を比較してみた。一見そっくりだが、よく見るとノクトンでは3枚目と4枚目の間が僅かに分離しており、空気層を利用して球面収差の中間部の膨らみを叩く設計になっているのにたいし、コーラルではこの部分が貼り合わせになっている。前玉に据えたアプラナティック色消しレンズ、そしてビハインドシャッターにギリギリ適合できるアドバンテージはノクトンタイプのレンズならではの特徴であろう




入手の経緯
もともと製造された数が極めて少ない上にコレクターズアイテムでもあるため、入手難度は高く、eBayでは350〜400ドル辺りの相場で取引されている。レンズは2017年3月にeBayを介して米国の個人セラーから即決価格175ドル(+送料40ドル)で購入した。オークションの記載は「希少価値の高いレンズだ。本当におススメしたい。カビやクモリはなく、傷やクリーニングマークもない。ガラス内にチリが2つあるが全く問題ない。私にできる限りの検査と記載をしたつもりだ。現状での販売を希望する」とのこと。届いたレンズはガラス自体とても良い状態であったが、やはりゴミが絞りに接したガラス面に付着していた。幸いなことに後群がねじ込み式でユニットごと簡単に外れたので、光学系を実質バラすことなくブロアーで吹き飛ばすだけで綺麗になった。ここまで状態の良い個体は二度と出てこないに違いない。
Aires S Coral 45mm F1.5(改sony Eマウント): フィルター径 49mm, 絞り F1.5-F16, 絞り羽根 5枚構成, 設計 4群7枚(準ノクトン型), ノクトンでも感じ事だが、この種のレンズの前玉を斜め前方から撮影すると妙な鈍い光り方をする


撮影テスト
開放ではピント部を薄いフレアがまとい、柔らかいしっとりとした描写傾向になる。ただし、中央は確かに解像しており、被写体を中央で捉えれば開放でもポートレートレンズとして充分に使える。フレアや滲みは遠景撮影時ほど多く、軟調で発色も淡いが、近接撮影になるほどスッキリとしたヌケの良い描写に変わりコントラストも向上する。ポートレート域でのフレア量は絶妙で、シットリ感の漂う艶かしい描写のなかに緻密さが残存しておりゾクッとするようなリアリティを与える。ただし、描写傾向は不安定なので、ほぼ同じ条件で撮っているのに、露出の僅かな差で、何でもないごく普通の写りに戻ってしまうこともある。この辺りはノクトンにそっくりで、平たく言えば制御不能で気まぐれな魔性レンズというわけだ。
背後のボケはザワザワとして歯応えがあり、距離によってはグルグルボケを伴うが、反対に前ボケは柔らかくフワッとした柔らかい味付けになる。ノクトンよりも若干フレア量が多めだが、ノクトンには空気レンズが1枚多くあるので、これによる差であろう。逆光では前玉の大きなレトロフォーカスレンズでよく見られるシャワーのような虹色のハレーションが生じる。
撮影時のコンディションや被写体までの距離に応じて、絞り値F2とF1.5(開放)を上手に使い分けることが、このレンズを使いこなすための第一歩となるだろう。
F1.5(開放), SONY A7R2(WB:日光)ここは開放で正解。とても美しい繊細な描写にうっとり!。背後の遠景のボケも見事だ




F2, sony A7R2(WB:日光)逆光では独特なゴーストがでる





F2, SONY A7R2(WB:日光)中遠景よりも近接の方がスッキリとヌケのよい描写だ

F1.5(開放), sony A7R2(WB:日光) ここはフレアをもう少し抑えたい場面なので、開放ではなくF2(下の写真)まで絞るのが正解

F2, sony A7R2(WB:日光) これくらいの柔らかさが好みだ


F2, SONY A7R2(WB:日光)ボケには癖があり、距離によってはグルグル気味になる


F2, SONY A7R2(WB:日陰)このくらいのフレア感が好き。軟調描写の癒し系レンズだ





このレンズは同社が誇るレンズ交換式カメラの最高級機AIRES 35Vに搭載され、1958年に発売された。カメラの方は同社初となるレンズ交換式で、露出計を内蔵し二重露光にも対応するなど当時のユーザーの要求を全て積み込み、随所に凝った機構がみられた。まさにアイレスの工員たちの夢を乗せて放たれた最高のカメラとレンズであったのだ。ただし、欲張りすぎた仕様のため市販価格が他のモデルの1.5倍程度と高くつき、国内市場では全く売れなかった。この失敗が仇となり、さらには35Vが発売される2年前に第一工場が火災で全焼した問題で工場再建による負債が膨らみ、アイレスカメラは35Vの発売から2年後の1960年に倒産している。同社のカメラは35Vを除けば全体的に好調な売れ行きであった。しかし、戦後間もない時代の中小メーカーには不測の事態に対応できる企業体力がなかった。工場の火災は若い工員が溶剤を持ったままダルマストーブのそばで転倒したのが原因だったそうである。一方でアイレスが倒れた直接の原因は35Vを世に送り出した経営判断にあったと伝えられている。会社倒産の原因を社員の失敗としない粋な社長であったからこそ、アイレスは傑出したカメラを世に出すことができたのであろう。分不相応のカメラを世に送り出すこと、それはまさに社運をかけた決死の判断であった。