おしらせ


おしらせ

2018年6月13日(水)~6月24日(日)にナダールで行われる「オールドレンズ 女子・男子展」に
オールドレンズ女子部からも4名が出展します。

2018年6月30日
オールドレンズ写真学校@多摩動物公園
ただいまキャンセル待ちのみ受け付けているそうです。

2018/02/23

KMZ OKS2-75-1(OKC2-75-1) 75mm F2.8



ロシアの16mmシネマムービー用レンズ part 4
迫り出すトーンが場の雰囲気を大きく捉える
KMZ OKS(OKC)2-75-1  75mm F2.8
昨年秋の記事で取り上げたTAIR-41M(タイール41M)の魅力的な写りをフルサイズ機でも堪能したいという願いから、このレンズにたどり着きました。ロシアのKMZ(クラスノゴルスク機械工場/現ゼニット)がソビエト連邦時代に、映画撮影用カメラの16SP(1958-1964年販売)に搭載する交換レンズとして市場供給したOKS(OKC) 2-75-1です。レンズを搭載した16SPというカメラはKMZがアリフレックス16を参考に開発したもので、ターレット式マウントに3本のレンズをいっぺんに搭載することができるプロ仕様の映画用カメラでした。撮影フォーマットは16mmなので、このレンズを現代のデジカメに搭載して使用するにはNikon1(1インチセンサー)あたりを選ぶのが画質的に無理のない組み合わせです。その一方で、レンズのイメージサークルにはかなりの余裕があり、なんとフルサイズセンサーをカバーしてしまいます。収差を大好物とするオールドレンズファンならば言うまでもなく、このレンズをフルサイズ機で使用するに違いありません。
レンズの設計構成は下図に示すような3群4枚の独特な形態で、TAIRタイプと呼ばれています。この構成は第二次世界大戦中にロシアの光学設計士David Volosov(デビッド・ヴォロソフ)教授と彼の共同研究者であるGOI(State Optical Institute)のエンジニアたちの手でトリプレットからの発展形として開発されました[1,2]。はじめは軍からの要望で暗い場所でも使用できる高速望遠レンズを作ることが目的でしたが、戦後はシネマ用レンズにも転用されています。トリプレットの高い中心解像力とヌケの良さをF2.8の明るさでも無理なく実現できるようにすることが、レンズ開発時の設計理念だったのでしょう。その一つの答えがTAIRタイプだったのです。
OKCの75mmと言えば、やはり圧倒的に有名なのはPO2の後継製品でもあるOKC1-75-1 75mm F2と、その更に後継であるOKC6-75-1 75mm F2です。両者とも素晴らしい性能のレンズですが、これらに比べると今回のレンズは同じOKCといえど、マニアックでマイナー路線を突っ走っています。でも、他人とは一味も二味も異なる描写を求める人、ありふれた描写にサヨナラしたい人には、このレンズが一つの有望な選択肢になるはずです。いずれもロシア製品の中では最高峰のプライムレンズです。
OKC2-75-1の構成図(文献[3]からのトレーススケッチ)左がフロントで右がリア(カメラ側)です。設計構成は3群4枚のタイール型で、前群側に正パワーが大きく偏っていることによる糸巻き状の歪曲収差を緩和するため、後群に厚い正レンズを配置している





参考文献・資料
[1] REDUSER.NET: Ilya O."Tair-11 lens diagram/scheme and appearance"(2016 Nov.)
[2] TAIRの光学系特許:USSR Pat. 78122 Nov.(1944)
[3] Catalog Objectiv 1970 (GOI): A. F. Yakovlev Catalog,  The objectives: photographic, movie,projection,reproduction, for the magnifying apparatuses  Vol. 1, 1970

入手の経緯
レンズは2017年12月にeBayにてロシアのセラーから229ドル+送料20ドルで落札しました。オークションでのレンズの売値は状態にもよりますが、350~450ドル辺りです。鏡胴に何らかの問題がある品を探せば、250ドルあたりで手に入ることも可能でしょう。国内でのレンズの相場は取引歴がないため不明ですが、ロシア製シネマ用レンズは概ね現地のセラーが提示する倍の値段で取引されていますので、国内の市場に出てくれば改造費込で6万円を越える値が付くとおもいます。
オークションの記載は「レアなソビエト製シネマ用レンズ。エクセレントコンディションで新品のようだ。レンズはクリーンでクリア、傷やクモリはない。絞り羽に油染みもない。キャップと箱が付属する」とのこと。写真を見ると鏡胴には錆が出ています。これを新品のようだと堂々と解説するセラーの感覚もどうかとおもいますが、相場よりだいぶ安く出品されていたので、迷うことなく購入を決意しました。記載に大きな間違いがなければガラスの状態は良好なはずです。
届いたレンズはやはりピントリングの周りに錆が出ていましたが簡単なクリーニングで充分に除去可能なレベルでした。ガラスの状態は良好でしたのて、思いどうりの良い買い物ができました。
KMZ OKS2-75-1(OKC2-75-1): フィルター径 52mm , 重量275g(改造前): 380g(改造後・ヘリコイド込の参考値), 最短撮影距離1m(改造後は0.4m), 絞り羽 16枚構成, 絞り F2.8-F22, 設計構成 3群4枚タイ―ル型, 前玉前方のイメージサークル・トリマーをはずすとイメージサークルが拡大する
マウントアダプター/M52ヘリコイドへの搭載
eBayでは16SP(Krasnogorsk-2互換)マウントをSONY E/マイクロフォーサーズ/Cマウント/Arri PLに変換するためのマウントアダプターが、5000~8500円程度で市販されています。残念ながらフジとEOS-Mに対応するアダプターは見当たりません。私は接写が出来ようにしたかったので、自分でマウンド部を改造しレンズをM52-M42直進ヘリコイド(最短17mm)に搭載することにしました。ヘリコイドのカメラ側はM42-SONY Eスリムアダプター(1mm厚)でソニーEマウントにしています。本体のヘリコイドを生かしたダブルヘリコイド仕様となり、最短撮影距離を1mから0.4mまで短縮させることができました。改造のヒントはマイクロフォーサーズ用の中華製マクロエクステンションリングを使います。あとは、ご自身で試行錯誤してください。

撮影テスト
シャープネスとコントラストは高く、質感表現は秀逸でシネマ用レンズの底力を知ることができます。このレンズの大きな特徴はやはり圧倒的に美しい光量落ちではないでしょうか。はっきりとケラれることはないので写真効果として十分に活用でき、フルサイズ機で用いるとトーンを強制的につくりだす特殊効果のような役割を果たしてくれます。これが写真の階調描写に躍動感を生み出すとともに、中央の被写体をドラマチックに演出してくれるのです。光量落ちを避けたい時には前玉の前方に据え付けられたイメージサークル・トリマーを外すだけです。また、フルサイズ機と組み合わせる際には強い糸巻き状の歪曲収差が発生し、柱や建物など真直ぐなものが大きく歪んでみえます。こうした特徴が顕著にみられるのはレンズ固有の独特な設計形態によるところも大きいのですが、本来ならば写真には写らないイメージサークルの隅の方を利用しているためでもあります。定格外の使い方ですので四隅では像が甘くなるものの、絞れば良像域は四隅に向かって拡大し、2段も絞ればフルサイズ機でも写真全体にわたり十分な画質となります。ボケには安定感があり、距離によっては背後で微かにグルグルボケの出ることがありますが、二線ボケ、放射ボケはみられず素直で美しいボケ味です。
フルサイズ機による規格外の使い方と中央の目覚ましい描写性能が織りなす甘く危険な協力関係が、均一な写真描写に慣れ親しんだ人の感性を大きく揺さぶるに違いありません。
F2.8(開放) sony A7R2(WB:電球1, iso400)  光量落ちの美しさは圧倒的で、スタジオなど室内のポートレート撮影ではダイナミックなトーン描写が中央の被写体をドラマチックに演出してくれます
F4 sony A7R2(WB: 曇天) 発色はやや温調にコケる傾向があります



F4 sony A7R2(WB: 曇天) すさまじい糸巻き状の歪曲収差!。ここまで気持ちよく曲がると、お見事としか言いようがありません
F2.8(開放) sony A7R2(WB: 曇天) 前ボケも後ボケもフレアに包まれ柔らかく滲みとてもきれいです。一方でピント部には滲にがまったくなく、スッキリとヌケのよい描写です

F2.8(開放) sony A7R2(WB: 曇天) トーンを強制的に出したような不思議な描写もこのタイプのレンズならではの特徴といえます。明暗差の大きな場面で使いたいレンズです
F2.8(開放) sony A7R2(WB: 曇天) 開放からスッキリとヌケのよい描写が実現されており中心部はたいへんシャープで解像感に富む、とても優秀なレンズです

F2.8(開放) sony A7R2(WB: 曇天)

F2.8(開放) sony A7R2(WB: 曇天)  中心部のシャープネスは十分で、sony α7Riiの4240万画素センサーにも根負けしません。中央を拡大したのが下の写真です
ひとつ前の写真(4240万画素)の中央部を当倍でクロップしたもの。解像感の高いレンズです
F4 sony A7R2(WB: 日陰) 












F2.8(開放)  sony A7R2(WB: 日陰)




F2.8(開放) sony A7R2(WB 曇天)




0 件のコメント:

コメントを投稿

匿名での投稿は現在受け付けておりませんので、ハンドルネーム等でお願いします。また、ご質問を投稿する際には回答者に必ずお返事を返すよう、マナーの順守をお願いいたします。