おしらせ


2016/08/22

Carl Zeiss Tessar 50mm F2.8 and Pro-tessar 85mm f3.2 (Contaflex lenses) converted to Sony E-mount



コンタフレックスのプロ・テッサー(前編)
Zeiss Ikon Tessar 50mm F2.8 and Pro-Tessar 85mm F3.2
カール・ツァイスのテッサー(Tessar)は3群4枚という比較的シンプルな構成ながら諸収差を合理的に補正することができ、写りも良いことから世界中のカメラに採用され、20世紀中頃まで市場を席巻したレンズである。1902年の登場以来、ツァイスの看板レンズとして重視され、度重なる再設計を経て1925年に口径比F2.7の明るさに達した。しかし、実用的な性能はF3.5までが限界で、旧来からのイエナガラスに頼る設計ではこれ以上の改良の余地を望むことはできなかった。テッサーがこれよりも明るい口径比で収差的に満足のゆくレベルに到達したのは戦後になってからの事で、ドイツ分断前の1947~1948年にツァイスのハリー・ツェルナー(Harry Zöllner)が新種ガラスを用いた再設計で球面収差とコマ収差の補正効果を飛躍的に高めたことによる[文献1]。ドイツが東西に分断された後は東西それぞれのツァイスからテッサーがF2.8の口径比で供給されている。
プロ・テッサー特集の1本目に取り上げるレンズは1956年に西独ツァイス社のレンズ設計士ギュンター・ランゲ(Günther Lange)が新種ガラスを用いて開発したコンタフレックス用テッサーである[文献2]。このレンズはコンバージョンレンズのプロ・テッサー(Pro-Tessar)シリーズとの連携を念頭に据えた設計になっているものの、基本的にはツェルナーによる再設計の流れを汲む製品である。2本目に取り上げるのは中望遠レンズのプロ・テッサー85mm F3.2である。このレンズも1956年にランゲが設計したもので、F3.2の明るさを実現するため前玉に極厚の正レンズを据えたインパクトのある設計構成となっている[文献2]。テッサーからプロ・テッサーに変更することで焦点距離は50mmから85mmに伸びるが、そのための代償は大きく、前玉の単レンズは4群5枚に置き換わり光学系全体としても著しく巨大になっている。
テッサー50mm F2.8(左)とプロ・テッサー85mm F3.2(右)の光学系(文献3からのトレーススケッチ)。構成はテッサー50mmが3群4枚、プロ・テッサー85mmが6群8枚構成である。黄色のレンズエレメントがマスターレンズの部分で、青の部分がコンバージョンレンズの部分。テッサーの前玉(青の部分)を外し、コンバージョンレンズに交換するという仕組みになっている。プロ・テッサーの構成は軸上光線が高い位置を通過する最前部に屈折力の大きな正の極厚レンズを配置することで屈折力を稼ぎ、F3.2の明るさを実現している

入手の経緯
Pro-Tessar 85mm F3.2は2016年3月に米国の古物商からeBayを介して即決価格で購入した。オークションの記述は「Zeiss Ikon製カメラに搭載するビンテージ品のCarl Zeiss Pro-Tessar 85mm F3.2。ガラスに傷はない。キャップとケースが付属している。鏡胴には傷が散見されるが実用において問題はない。写真をよく見てくれ」とのこと。即決価格が52ドル(+送料33ドル)に設定されており値切り交渉を受け付けていたので、5%オマケして欲しいと提案したところ私のものとなった。届いたレンズは拭き傷やバルサム剥離のない良好な状態であった。鏡胴には管財番号らいき掘り込みがあったため、元々はどこかの公的機関が保有していたレンズなのであろう。焦点距離85mmのモデルは口径比F4の個体が多く、流通量の少ないF3.2の個体は高値で取引されている。ラッキーな買い物であった。プロ・テッサーはバルサム剥離の見られる個体が多い。
続いてTessar 50mm F2.8はContaflex III型に搭載されていたものを入手した。カメラはeBayやヤフオクに大量に出回っており、6500円から10000円程度で入手できる。カメラからレンズを取り出し自分で改造するのなら、レンズのついたジャンクカメラを安く入手するのがよい。私はカメラから取り外したマスターレンズをPK-Eマウントのアダプターに乗せ換えて使用する事にした。カメラの流通は米国版eBayが最も豊富であるが、米国からの配送は送料が4000~5000円程度と高いので、ドイツ版eBayや国内での入手が現実的であろう。
Carl Zeiss Tessar 50mm F2.8(Contaflex): 重量(改造品につき参考)274g, 絞り羽 5枚構成, フィルター径 27mm, 絞り F2.8-F22, 最短撮影距離 2.5feet(0.75m), Synchro-Compurシャッター(max speed 1/125s), 光学系 3群4枚テッサー型



Carl Zeiss Pro-Tessar 85mm F3.2: 重量(改造品につき参考)525g, 絞り羽 5枚構成, フィルター径 57mm前後 (特殊ネジピッチのようで58mmはきつい。57mmは一見ちょうどよさそうだが雄ネジを受け付けない。ネジピッチが異なるのか?), 絞り F3.2-F22, 最短撮影距離 約1.8m前後, Synchro-Compurシャッター(max speed 1/125s), 光学系 6群8枚


参考文献
  • 文献1  Jena review (2/1984) カールツァイス機関紙
  • 文献2 焦点距離85mmと50mmのモデルの米国特許:G.Labge, US Pat.2816482(Filed in 1956)
  • 文献3 構成図:PHOTO-REVUE(French Magazine), Nov.1956, pp.284
  • 文献4  85mm F4の構成図と収差曲線(実測)が「レンズテスト第2集」中川治平・深堀和良著(朝日ソノラマ)P18にある
撮影テスト
Tessar 50mm F2.8による作例
テッサーらしさがよく出ているレンズで、解像力は平凡だが開放でもフレアはよく抑えられており、シャープネスやコントラストは良好で線の太い描写を特徴としている。ピント部は四隅まで安定しており、近接域から遠景まで収差による画質の変動が小さい。グルグルボケは僅かに出るが、目立つほどではない。逆光には比較的強く、ゴーストは全く出ず、ハレーションも激しい逆光時に多少出る程度である。
F2.8(開放), sony A7(AWB): ハイキー気味に撮影しても、しっかりと色が出るので使いやすい
F8, sony A7(WB:auto):シャープで色鮮やかな優等生だが解像力は平凡。テッサーとは、こういうヤツなのだ
F8, sony A7(WB:晴天): 激しい逆光にも耐え、ゴーストは全く出ない
F2.8(開放), Sony A7(WB:晴天): ハレーションも少なく、描写には安定感がある

Pro-Tessar 85mm F3.2による写真作例
開放では僅かにフレアがみられ柔らかい描写となり、F4以上に絞ればフレアは収まりシャープで高コントラストな像が得られる。発色は濃厚で色のりは良く、ハイキーに撮っても淡くなることはない。階調はテッサーよりも軟らかくなだらかで、炎天下でもカリカリになることはなかった。解像力はテッサー同様に平凡だが、フィルム撮影の時代のレンズとしては十分な性能なのであろう。デジタルカメラで撮影した写真でも大きく拡大表示しなければ力不足を感じる事はなかった。このレンズの柔らかい描写傾向はポートレート撮影で人物を撮るのに有利である。背後のボケは素直で整っていると言えばそうなのだが、極僅かに出るグルグルボケと相まってブレたような不思議なボケ味になることがある(作例2枚目)。同じ時代に生産されたツァイス・イエナのビオター75mm F1.5にも、どこか似たようなボケ具合を感じることがあった。なお、実写でははっきり示せなかったが、このレンズでは正パワーが前方に偏っている事に由来する糸巻状の歪曲がみられる。
F3.2(開放), Sony A7(WB:晴天): 開放ではややフレアの纏う柔らかい描写となり、ポートレートには使いやすい。F4からはシャープになる。解像力はごく平凡だが、フィルム撮影の時代のレンズとしては、これで十分な性能であろう。露出をかなり持ち上げているが、ライトトーンにはならず、色のりは依然としてコッテリと濃厚だ
F3.2(開放), Sony A7(WB:auto): これも開放での一枚。やはり僅かにフレアがかかり、柔らかい描写である。背後のブレたようなボケ味(かすみ具合)と色ののり具合は同時代のビオター75mm F1.5の描写を思い起こさせる

F4, Sony A7(WB:auto):: 少し絞ればフレアは抑まり、コントラストは向上する










2016/08/08

Carl Zeiss Pro-Tessar 35mm F3.2, 85mm F3.2, 115mm F4 and Tessar 50mm F2.8(Prologue)


特集コンタフレックスのプロ・テッサー(プロローグ)
肉厚ガラスで奏でる美しい旋律
プロテッサー(Pro-Tessar)は旧西ドイツのツァイス・イコン(Zeiss-Ikon)社が1957年から1975年まで生産した一眼レフカメラのコンタフレックスIII型以降のモデル(Contaflex III、IV、Rapid、Super、Super(new)、Super B、Super BC、S)に供給したコンバージョンレンズ群である。米国をはじめとする西側諸国への広告戦略がうまくゆき、コンタフレックスシリーズは人気商品となった。カメラにははじめからテッサー(Tessar) 50mm F2.8が標準搭載されており、テッサーの前玉をPro-Tessarの各モデルに交換することで広角35mm、中望遠85mm、望遠115mm、等倍マクロ撮影、ステレオ撮影などに対応することができた。レンズのラインナップは下記のとおりである。
  • Pro-Tessar 35mm F4およびF3.2(改良型)
  • Pro-Tessar 85mm F4およびF3.2(改良型)
  • Pro-Tessar 115mm F4
  • Pro-Tessar M1:1 50mm F5.6(マクロ専用)
  • Steritar B(ステレオ撮影用)
焦点距離35mmと85mmのモデルははじめF4の口径比で登場したが、1962年に同一構成のまま口径比をF3.2まで明るくした新モデルに置き換わっている。レンズを設計したのは名玉ローライフレックス版プラナーの設計者として知られるギュンター・ランゲ(Günther Lange)で、1955年と1956年に出願した本レンズの米国特許の記録がみつかる[文献1,2]。
Pro-Tessarファミリーの構成図(文献[3]からのトレーススケッチ(見取り図))。上方の青で着色した部分が前群側(コンバージョンレンズの側)で、黄色に着色した部分が後群側(カメラの側)という位置関係になっている。青で示したコンバージョンレンズ群を交換することで様々な焦点距離や用途に対応させることができた



プロ・テッサーの魅力は何と言っても肉厚ガラスを用いた異様な設計形態であろう(上図)。焦点距離35mmのモデルにもかなりの肉厚ガラスが備わっているが、85mmや115mmのモデルに至っては、もう見事としか言いようがない。このような設計形態はレンズをコンパーシャッターに無理やり適合させるところから来ており、シャッターの狭い開口部に光を通すため、前群側で屈折力を大いに稼ぐ必要があった。シャッターの制限から来るハードルを高い技術力で突破してしまうあたりは、いかにもツァイスらしい製品と言える。なお、Zeiss-Ikon社がこうまでしてシャッターへの適合に拘ったのは、同社が二大シャッターメーカーのコンパー(Compur)とプロンター(Prontar)を傘下に入れてしまったためであると言われている。シャッターの生産量を維持するという経営面での事情と、何でも作れてしまうZeissの技術力が重なり、このような異様な設計形態を生み出す原動力になった。これは驚くべき事例である。
 
プロテッサーをデジタルカメラで用いる
プロ・テッサーはコンタフレックス用テッサー50mm F2.8の後群側をマスターレンズとするコンバージョンレンズ群である。テッサーの前玉はバヨネット方式になっており、これを外してプロ・テッサーに取り換える仕組みになっている(下・写真参照)。レンズを現代のデジタルカメラで用いるにはコンタフレックスの本体に固定されているマスターレンズをシャッターユニットごとカメラから取り出し、デジカメ用のマウントに改造すればよい。私は手元にあったPK-NEXアダプターを使いSony Eマウントに変換することにした。これさえあれば、プロ・テッサーシリーズ全てをデジタルカメラで用いることができる。肉厚ガラスを通り、狭いトンネルをくぐり抜けた光はデジタルカメラのセンサーにどんな像を結ぶのか。興味は増すばかりである。
PK-NEXアダプターに搭載したコンタフレックス用テッサー。前玉はバヨネット方式で据え付けられており、これを外してプロ・テッサーと交換する仕組みになっている



プロ・テッサーを設計したGランゲは同時代にJベルガー(J.Bergar)らと共にマスターレンズをガウスタイプ(Satz-Planar 50mm f2)とする別バージョンのコンバージョンレンズ群を設計しており、製品化はされなかったものの、1957年に広角レンズのプラナー・ゴン(Planar-Gon)35mm f4と望遠レンズのプラナー・テル(Planar-Tel)85mm f4を開発し試作品の段階まで漕ぎ着けている[4]。やはり、これらも肉厚の光学エレメントを多用したレンズであった。
 
参考文献
[1] 焦点距離85mmと50mmのモデルの米国特許:G.Labge, US Pat.2816482(Filed in 1956)
[2] 焦点距離35mmnのモデルの米国特許:G.Lange, US Pat.2835168(Filed in Aug.1955),  US.Pat 2844997(Filed in Nov.1956)。なお、115mmについてはG.Langeとの関連を示す記録がない
[3] 構成図:PHOTO-REVUE(French Magazine), Nov.1956, pp.284
[4] Walter Owens, Vintage Camera Lenses