おしらせ


2020/04/23

特集:オールドレンズ世界大戦。決戦の舞台はF1.7に!



0.1のアドバンテージを巡りチキンレースを繰り広げた
日本の中堅光学メーカー
6枚構成の明るい標準レンズと言えば戦前に登場したXenonやBiotar、Summar、1950年代に登場したUltronやFlexon /Pancolarが有名で、明るさ(口径比)はいずれもF2でした。一方、1950年代中半になると高性能なガラス硝材が登場し、更に明るいレンズが設計できるようになります。市場での人気は少しでも明るい製品に集まるため、僅か0.1刻みの差を競い、各社レンズの明るさをF1.9、F1.8と変えてゆきます。この流れに警鐘を鳴らしたのはライツとニコンでした。ライツは戦後にF2のSummicronを発売し、現在までレンズの明るさを変えていません。ガラス硝材の進歩によるアドバンテージを明るさではなく画質の向上に費やすことに努めたのです。ニコンもF2からの離脱が明るさの倍化ルールを乱す愚行であると警鐘を鳴らしています[注1]。ニコンやツァイスは1960年代半ばまで、標準レンズをF2の明るさで供給していました。
明るい標準レンズを巡る闘争の中心は血気盛んな中堅メーカーでした。1960年代にはライツを除く大方のメーカーが標準レンズをF1.8の明るさで出すようになります。F1.8のレンズは銘玉揃いなのも事実で、6枚構成でもピント部の性能をどうにか維持することができました。ところが、ここから0.1明るくするというのは簡単なことではなく、技術力やガラス硝材の優劣がレンズの性能に大きな差を生みました。構成枚数を7枚に増やせば明るいレンズを無理なく作れますが、製造コストは高くつき、市場で競争力のある製品にはなりません[注2]。
コストを抑えた6枚玉で技術力を争うというのは、いかにも日本のメーカーが得意とするチキンレースですが、各社一歩も譲らず市場での優位性をかけ、1970年代に決戦の舞台をF1.7へと移行させます。ドイツ勢はF1.8まで日本勢に対抗するも離脱。最終決戦は日本の中堅メーカー達によって繰り広げられたのでした。以下に口径比F1.7の交換レンズの一覧を発売年ごとに列記します。

注1・・・口径比をF1/F1.4/F2/F2.8と√2倍で区分けしたルールで、1段変わるごとに明るさが倍となり、シャッタースピードも倍になります
 
注2・・・Carl Zeiss PLANAR 50mm F1.7(Y/C mount)が7枚玉です
 
(0)Mamiya Sekor F.C. 1.7/58 for Mamiya Prismat NP(1961年) EXAKTAマウント
(1)Minolta MC Rokkor-PF 1.7/55 for SR-T101(1966年)MCマウント
(2)Yashica Auto Yashinon DS-M 1.7/50 for TL-Electro(1969年)M42マウント 富岡製
(3)Konica HEXANON AR 1.7/50 for Autoreflex T3 (1973年) ARマウント
(4)PETRI CC auto 1.7/55 for Petri FTE(1974年) Petriマウント
(5)AUTO-ALPA MACRO 1.7/50 for Si2000(1976年) M42マウント
(6)Auto Chinon MCM Multi-coated Macro 1.7/55  M42マウント
(7)Tokyo-Kogaku RE TOPCOR 1.7/55 for Topcon RE200(1977年)EXAKTAマウント
(8)Ricoh XR Rikenon 1.7/50 for Ricoh XR-1(1977年) M42マウント
(9)Pentax smc PENTAX-M 1.7/50 for Pentax ME/MX(1977年) PKマウント
(10)Makina Opt. auto Makinon 1.7/50 PKマウント(1977年?) 
(11)KMZ Zenitar-M 1.7/50 for Zenit cameras(1977年)M42マウント
(12)Mamiya Sekor CS 1.7/50 for Mamiya NC1000S(1978年) Mamiya CSマウント
(13)Minolta MD 1.7/50 MDマウント(1981年)
(14)鳳凰光学 Phenix 1.7/50 for Phenix DC303(1992年)PK/AI/MD mount
(15)Carl Zeiss Planar 1.7/50 AEJ for Y/C(1975年) ヤシカ/京セラ

今回から毎回2本のレンズを取り上げ、レンズの性能をピント部のシャープネスで比較し、良いほうに軍配を上げます。これは、1965年~1970年代に登場したレンズが像の緻密さを表す解像力よりも写真全体の印象に作用するコントラストを重視した設計になっているからです。コントラストが高ければ発色も鮮やかですし、スッキリとしたヌケの良い描写のレンズとなります。ただし、コントラストが高いだけではシャープな像にはなりません。高い解像力(分解能)とコントラストが両立した時に、はじめて解像感の富んだシャープな像が得られます。
オールドレンズの性質の評価にはシャープネスよりも解像力やボケ味、滲み具合、フレア感、軟調性などを重視する場合が多いので、ここでの性能評価はオールドレンズ選びの参考になりません。むしろ敗北するレンズの中にこそ素晴らしい製品が見つかります。しかし、素晴らしいオールドレンズを発掘することは、本企画の趣旨ではありません。
 
組み合わせを考える際は「中国PHENIX vs ロシアZENITAR-Mの対戦が見たい」「TOPCOR vs SEKORが見たい」「PENTAX-MとMinolta MDは前評判から強豪であることは確実なのでシードにする」「Macro CHINON vs Macro ALPA(COSINA?/CHINON? OEM)が見たい]など他の方のご意見を取り入れました。また、同一メーカーのOEM製品は可能性も含めて直接の対戦を避けています




 
対戦は上のトーナメント表に沿って行い、最後にチャンピオンを決定します。とりあえずアダプターが準備できたレンズから始めますが、組み合わせにアイデアやご要望がありましたら是非お寄せください。ジャッジは自分以外にも何人かのカメラマンに参加してもらい、なるべく複数で行います。まぁ新型コロナウィルスの影響もあるので、どうなることやら先のことはわかりませんが・・・。注意事項として(0)のSekor F.C.は時代的に早すぎる製品ですのでトーナメントからは除外します。4群6枚の背伸びをした柔らかい描写のレンズでしたので出しても初戦敗退となるでしょう。(14)のPhenixは最近まで生産されていた中華ブランドのレンズですが、面白そうなので特別参加させます。ダークホースかもしれませんね。(15)のPlanarは7枚玉ですので参加資格はありませんが、7枚玉にステップアップする時の威力をみるため、最後に6枚玉のチャンピオンと比較してみたいとおもいます。繰り返しますが、評価はシャープネス(コントラスト)一発勝負です。それ以外のレンズの良さについてはレンズの作例紹介の中で取り上げていきたいと思います。


2020/04/13

ELGEET CINE NAVITAR(GOLDEN NAVITAR) Wide Angle 12mm F1.2




非球面を採用した史上初の市販レンズ
Elgeet Cine Navitar Wide Angle 12mm F1.2
米国Elgeet社(現Navitar)のCine Navitar(シネ・ナビター)は通称Golden navitar(ゴールデン・ナビター)とも呼ばれる16mmフォーマットの明るい中口径・広角シネレンズです[1]。1956年に登場したこのレンズは同社の他のモデルにはないゴールドの装飾帯が施されゴージャスな箱に納めらるなど、別格扱いされました。このモデルの何が別格なのかというと、実は市販された製品としては世界て初めて設計構成に非球面を採用した先駆的なレンズなのです[2]。設計構成は下図のような9枚構成の豪華なレトロフォーカス型で、最後群の赤で着色したレンズエレメントに非球面が採用されています。非球面の加工には膜研磨技術(Membrane polishing)という工法が用いられたそうですが、コストのかかる方法でした[3]。市販価格はたいへん高かったものと思われます。
非球面は大口径レンズにおける球面収差の補正と超広角レンズやズームレンズにおける歪曲収差の補正に大きな効果があり[4]、絞りを開放に近づけるほど大きなアドバンテージか得られます。ただし、深く絞る際は球面のみで構成された光学系の方が性能的にやや有利なようです。
イメージサークルは16mmフォーマットのシネレンズにしては広く、Nikon 1で使用できることは勿論のこと、マイクロフォーサーズ機でも撮影モードを3:4に変えればギリギリでケラレを回避できます。Nikon 1では35mm判換算で焦点距離35mm相当、マイクロフォーサーズ機(3:4モード)では焦点距離28mm相当の立派な広角レンズです。どんな写真が撮れるのか、ますます楽しみになってきました。
  
Cine Naviter 12mm F1.2の構成図。文献[2]に掲載されていたものからのトレーススケッチです。左が被写体側で右がカメラの側で、最後群の赤で着色したレンズエレメントに非球面が採用されています
  
Elgeet光学
Elgeet(エルジート)1946年に3人の若者(Mortimer A. London, David L. Goldstein, Peter Terbuska)が意気投合し、ニューヨークのロチェスターに設立した光学機器メーカーです。LondonKodak出身のエンジニアでレンズの検査が専門で、GoldsteinTerbuskaはシャッターの製造メーカーで知られるIlex社出身でした。3人は少年時代からの友人で、Elgeetという社名自体も3人の名の頭文字(L+G+T)を組み合わせたものです。彼らは1946年にアトランティック通りのロフトに店舗を開き、はじめレンズ研磨装置のリース業者としてスタート、すぐ後にレンズの製造と販売も手がけるようになりました。会社は1952年に300人弱の従業員を抱え、数千のシネマ用レンズ(8mm16mmムービーカメラ用)や光学機器を年単位で出荷する規模にまで成長します。この時点で3人の役職はGlodsteinが社長、Terbuskaが秘書、Londonが財務部長でした。プロフェッショナル向けの廉価製品を供給するというスタイルが成功したのか事業規模は順調に拡大し、1954年には米国海軍(US Navy)にミサイル追尾用レンズNavitarの供給を行うようにもなっています。更に同社は1960年頃からNASAや国防総省との関係を強めてゆきますが、この頃から会社の経営は立ち行かなくなります。同時期に筆頭創設者のLondonが退職し、その2年後に同社は一時ドイツ・ミュンヘンのSteinheil社の所有権を獲得するものの直ぐに売却。2年後の1964年には株主総会が会社の再編を勧告し、Goldsteinは社長の座を追われています。株主総会から新社長に任命されたのはAlfred Watsonという人物ですが、それから2年後に会社の資本は株式会社MATI(Management and Technology Inc)に吸収されています。なお、MATI社は1969年まで存続し消滅、Goldsteinはこの時にMATI社が保有していた資産の一部を購入し、D.O.Inc. ( 株式会社Dynamic Optics )を創設しています。しかし、この新事業は軌道に乗らず失敗し、新会社は1972年に閉鎖となっています。Goldstein1972年に改めてD.O.Industries Dynamic Optics工業社 )を設立し、事業を再々スタートしています。同社は1978年にNavitarのブランド名でスライドプロジェクター用レンズを発売し、1994年に顕微鏡用ズーム・ビデオレンズの生産にも乗り出しています。会社は1993年に株式会社NAVITARへと改称。1994年にはGoldstein2人の息子JulianJeremyが父Davidから会社を購入し、兄弟で会社の共同経営にのりだしています。2人はどちらも日本在住の経験があり日本語を話すことができます。Jeremy1984年と1985年に日本のKOWA(興和光学)に出向し、レンズの製造技術と経営学を学んだ経験があります。Navitar社はライフサイエンス関連の光学機器と軍需光学製品を製造・販売するメーカーとして今日も存続しています。

参考文献・資料
[1] NAVITAR社ホームページ:About navitar
[2] A History of the Photographic Lens(写真レンズの歴史) Kingslake (キングスレーク) 著
[3] Wikipedia: Aspheric lens
[4] カメラマンのための写真レンズの科学 /吉田正太郎
 
ELGGET CINE NAVITAR Wide Angle 12mm F1.2: 最短撮影距離 1feet(約30cm), 絞り F1.2--F16, フィルター径 38.5mm, 構成 7群9枚レトロフォーカス型, Cマウント, 発売年 1956年
 
入手の経緯
レンズは201910月にeBayを介し米国の個人出品者から100ドル+送料で落札しました。オークションの記載は「ガラスは綺麗でヘリコイド、絞りリングの回転はスムースだ。写真で判断してくれ」とのことで、安い!と思って飛びつきました。届いた個体はガラスのコンディションこそ良好でしたが、絞りに修理できない不良があり絞り羽根を除去、ヘリコイドがカッチンコッチンに重かったのでグリースを交換、ここまでしてどうにか使用できる状態となりました。米国では200ドル~300ドル程度で売られていますが、日本では認知度が少ないこともあり、決まった相場はありません。
 
撮影テスト
このレンズは広角レンズとして設計されています。Nikon 1(Super 16フォーマット)では35mm判換算で35mm相当の焦点距離となりスナップ撮影に最適な画角となります。またマイクロフォーサーズ機の撮影フォーマット3:4で用いる場合には焦点距離28mm相当となり、遠近感を誇張させるダイナミックな写真にも対応できます。F1.2という非常に明るい口径比を考えると大変優秀なレンズで、非球面を採用した効果が出ています。中央はとても緻密で解像力があり線の細い繊細な描写で、歪み(樽状の歪曲)も16mmシネマ用レンズとしてはたいへん良く補正されています。この時代のレトロフォーカス型レンズはコマフレアの補正に重大な課題を残しており、本レンズも開放ではハイライト部が滲んで軟調気味になります。ただし、コントラストを大きく損ねる程の影響はなく、オールドレンズとして捉えるならば、この程度の軟調さはかえって良い味となります。逆光には強く、レトロフォーカス型レンズでは定番のゴーストも、このレンズの場合には全く見られません。ボケは概ね安定しており、グルグルボケが大きく目立つことはありません。


Olympus PEN E-PL7(WB:auto)
 Aspect ratio 3:4(35mm換算で約28mm相当の焦点距離)
 
F1.2(開放) Olympus E-PL7(Aspect ratio:3:4, WB:auto)
F1.2(開放) Olympus E-PL7(Aspect ratio:3:4, WB:auto)
F1.2(開放) Olympus E-PL7(Aspect ratio:3:4, WB:auto) 驚いたことにマイクロフォーサーズ機の3:4モードでケラレなく使えました。35mm換算の焦点距離は28mmと立派な広角レンズです







F1.2(開放) Olympus E-PL7(Aspect ratio:3:4, WB:auto)拡大すると薄いフレアが見られるものの解像力は良好で線の細い描写です

F1.2(開放) Olympus E-PL7(Aspect ratio:3:4, WB:auto) コントラストは良好です

F1.2(開放) Olympus E-PL7(Aspect ratio:3:4, WB:auto) 

F1.2(開放) Olympus E-PL7(Aspect ratio:3:4, WB:auto) 
F1.2(開放) Olympus E-PL7(Aspect ratio:3:4, WB:auto)近接撮影時の方がコントラストは良好でシャープです
F1.2(開放) Olympus E-PL7(Aspect ratio:3:4, WB:auto) 

F1.2(開放) Olympus E-PL7(Aspect ratio:3:4, WB:auto) 逆光につよくゴーストはあまり出ません
 
   
Nikon 1 J2(WB:日光日陰)
 Aspect ratio 3:4(35mm換算で約28mm相当の焦点距離)
 
続いてNikon 1 J2での撮影結果です。このカメラには16mm映画用レンズのイメージフォーマット(Super 16)とほぼ同じ大きさの1インチセンサーが採用されており、この種のレンズには唯一無二の存在です。ただし、アダプターを介して社外レンズを使用する場合には本来備わっている露出計や拡大ピント合わせ機能が無効になるなど意地悪な仕様のため、オールドレンズユーザ達から総スカンを食らっているカメラです。実用性を確保するには海外で流通しているエミュレーションチップ搭載のアダプターを手に入れて用いるのが有効です。
  
F1.2(開放)  Nikon 1 J2(WB: 日光日陰)近接時には少しグルグルボケが出ます

F1.2(左右とも開放)  Nikon 1 J2(左右ともWB: 日陰)近接時はやはりフレア少な目ですね
F1.2(開放)  Nikon 1 J2(WB: 日陰)ここまで近いのに依然としてボケは硬めですね。まったくケラれません