おしらせ

 

おしらせ
NEW オールドレンズ女子部展VOL.3 出展者募集中(FaceBook) こちらです

NEW オールドレンズポートレートワークショップ(6月9日) ~シネレンズ編~

NEW どあ*さんのお写真もcine velostigmatの記事に追加しました。こちらです

2019/02/09

E.Krauss Planar 4cm F3.6 試写テスト追加



試写記録:E.Krauss paris Planar(プラナー) 4cm F3.6(No.6)
知人から珍しい焦点距離40mmのポートレート用プラナー(初期型) F3.6をお借りしたので、試写結果をこちらにも追加しました。カール・ツァイスがフランスのE.Krauss社にライセンス生産させた製品です。シリアル番号は5万番台なので1903年から1907年の間につくられた個体ですが、シャッターは新しいものに置き換えられています。このレンズにピッタリの古いダイアルコンパ―00番を探しているところです。
イメージサークルは30mmx30mm(カタログ記載)で対角線長43mmのフルサイズセンサーをジャストサイズでカバーしています。ただ、建物の陰など暗い場所で撮影する場合のみ光量落ちが目立つようになりました。雰囲気が出るので全く問題ではありません。ピント部には絶妙な柔らかさがあります。解像力は現代のレンズのようにはいきませんが、品のある写りはやはりツァイスのレンズならではのものです。開放絞りでの作例をどうぞ。

F3.6(開放) sony A7R2(WB:日陰)  
F3.6(開放) sony A7R2(WB:日陰) 

F3.6(開放) sony A7R2(WB:日陰) 

F3.6(開放) sony A7R2(WB:日陰) 

F3.6(開放) sony A7R2(WB:日陰) 

F3.6(開放) sony A7R2(WB:auto)ポートレート用ということもあり、このくらいの距離ではコマフレアがよく抑えられています
F3.6(開放) sony A7R2(WB:auto)
F3.6(開放) sony A7R2(WB:auto)近接域はシャープにうつります

3 件のコメント:

  1. 中心部のシャープさには腰を抜かします。
    やはり開放近くでの写りは、F3.6の方が勝るようです。

    返信削除
    返信
    1. 無限側はやはり像が甘かったです。シャープなのは中距離までですね。

      削除
    2. この時代の明るいレンズは、みんなそんなものでしょう。
      貴重な作例ありがとうございます。

      削除

匿名での投稿は現在受け付けておりませんので、ハンドルネーム等でお願いします。また、ご質問を投稿する際には回答者に必ずお返事を返すよう、マナーの順守をお願いいたします。