おしらせ

 
おしらせ

オールドレンズ写真学校12月ワークショップ
今月は12月17日(日)の予定です。場所はみなとみらい。詳しくはこちら
既に定員オーバーのためキャンセル待ちとなっています。最近の傾向として募集開始から3日程度で定員が埋るようですので、募集開始日を事前に確認しておく事が肝心です。

2012/08/30

アンケート集計結果(1)
オールドレンズユーザーの好むカメラとレンズの焦点距離

   オールドレンズユーザー達は普段どんなカメラを使用しているのでしょうか?レンズ交換式デジタルカメラの市場におけるミラーレス機のシェアは2012年6月で30%を超えたと報じられています(BNC調査)。本ブログでは2011年12月から250日間、ブログを訪れた方々に対して投票式のアンケート調査を行い、下記のような回答結果を得ました。
2011年12月から本ブログで250日間実施した投票式アンケート調査の回答結果。カメラを何台も所有している人は複数選択ができるようになっています。投票数の合計(百分率)が100%を超えるのは回答を複数選択できるからで、例えばミラーレス機が41%となっているのは、回答者数の41%がこれを選択したという意味になります。私は「ミラーレス機」「デジタル一眼レフ(フルサイズ)」「一眼レフ(銀塩フィルム)」にそれぞれ1票を入れました。レンジファインダ-機(銀塩フィルム)も1台持っていますが今のところ出番はほとんどありません
このアンケート結果には幾つか興味深い内容が含まれています。デジタルカメラの獲得票数は「その他」と「銀塩カメラ」を差し引いた上位3段目までの249票で、このうちの104票(約42%)が「ミラーレス機」に集中しています。オールドレンズユーザーに対するミラーレス機のシェアはBNC調査の結果よりも10%程度高いことがわかります。フランジバックの短いミラーレス機はオールドレンズとの相性が良いので、このような結果が得られるのは当然のことですが、ユーザー層を特定した事例ならではの価値のあるアンケート結果ではないでしょうか。もう一つの興味深いのは「一眼レフ(銀塩フィルム)」の獲得票数が何と32%もある点で、おおよそ回答者の3人に1人は銀塩カメラを使用していることを意味しています。この結果に対してはデジタルカメラ世代以前の古くからのユーザー層がオールドレンズユーザーには多くいるという解釈が成立します。関係のない話になりますが、私は最近、もうすぐ発売が囁かれているフルサイズ機のSony α99が気になって仕方ありません。フルサイズ機が安くなる頃には、このシェアも多少は変化してくるのでしょうね。
  さて、次のアンケートにも大変興味深い結果が表れています。オールドレンズユーザーが最も好む焦点距離1つを35mm版換算値でたずねています。
2012年1月から本ブログで220日間実施した投票式アンケート調査の回答結果。複数回答はできない設定になっている。私自身は80mm前後(中望遠)に票を入れました。レンズには表現力を重視しています。また、画角的にも少し長焦点の方が無駄なものが入らずに思い通りの写真が撮れると思っています
焦点距離の短い広角系のレンズは、被写界深度が深いのでピンボケが起こりにくく、初級者には好かれる傾向がありますが、その反面でボケ量が小さく表現力が犠牲になります。多少角が立つ言い方になってしまいますが、広角レンズは「表現力よりも画角を重視したレンズ」という見方ができます。当然ながら逆も言えるわけで、長焦点(望遠系)レンズになると被写界深度が浅く、ボケ量は大きくなり、表現力に富むレンズとなります。望遠系レンズは画角に無理がないので画質を重視するユーザーには好まれる傾向があります。オールドレンズユーザーはノスタルジックな描写を求めるなど表現力を重視する志向が強いと思われますので、私が予想していたアンケート結果は1位が50mm前後、2位が80mm前後、3位は35mm前後でした。しかし、予想は大きく外れ、1位は35mm前後と50mm前後、続いて3位が80mm前後となっています。本ブログを訪れた方々(オールドレンズユーザー)は意外にも35mm前後の広角レンズを好む傾向が強いことがわかります。ただし、このアンケートには注意しなければならない落とし穴があります。回答者がきちんと35mm換算値を答えていたかどうか不明なのです。35mm換算値で選ぶようアンケート文にしっかりと明示し注意を呼びかけましたが、数値に弱い回答者の耳には、なかなか届かないと思われます。アンケートの出題方式がまずかったと反省しています。

さて、新しいアンケートを右側のサイドメニューに1件追加しますので引き続き公開アンケートをお楽しみください。

2 件のコメント:

  1. うーむ。やはりミラーレス機のシェアが高いですね。私はメインで使っているボディが5DⅡですので 「デジタル一眼レフ(フルサイズ)」に一票入れさせていただきました。(^^)/
    Sony α99はたぶんフルサイズミラーレス機なんですよね。トランスルーセントミラーとEVF搭載かな?キヤノンもローパスレスでフルサイズミラーレス機を作ってくれたら買い換えるんですけどね。(笑)

    返信削除
  2. 魔術師さん
    おはようございます

    α99はオードレンズに対しても手ぶれ補正が有効で
    ミラーの後玉干渉にも無縁なので、とても魅力的な
    製品に思えます。

    これからフルサイズ機の選択肢がどんどん増え、
    安いものも出てくるみたいですので、
    ユーザーには嬉しいですね。

    返信削除

匿名での投稿は現在受け付けておりませんので、ハンドルネーム等でお願いします。また、ご質問を投稿する際には回答者に必ずお返事を返すよう、マナーの順守をお願いいたします。