おしらせ

 
イベント案内
オールドレンズ写真学校ワークショップ
9月3日(日)場所はアクアパーク品川 申込制:定員15名(現在キャンセル待ちとのこと) 詳しくはこちら スタッフとして参加予定です。

オールドレンズxポートレート写真展2
9月16日(土)―9月18日(月・祝)場所は学芸大前 こちらも関連ワークショップですので、お知らせいたします。詳しくはこちら

オールドレンズ写真学校ワークショップ
9月23日(土)場所は巾着田 申込制:定員15名(既に申込が続々と入っているそうです。最近、定員オーバーが多いので申込はお早めに) 詳しくはこちら スタッフとして参加予定です。


2016/01/27

VEB Pentacon MC Prakticar 50mm F2.4 (PB)*

ペンタコン人民公社(VEB Pentacon)は1959年にドレスデンの5つのカメラメーカーが合併して誕生した旧東ドイツの国営企業である[文献1]。当初はカメラ&キノヴェルケ・ドレスデン人民公社という長い企業名であったが、1964年に改称しペンタコンとなった。設立時に合流したカメラメーカーにはツァイス・イコン社(ツァイスのカメラ部門)が含まれており、同社が1950年代に西側諸国に輸出した一眼レフカメラのブランド名Pentacon(ペンタプリズム付きコンタックスの意)を後に企業名として使うようになった。1968年にはレンズメーカーのメイヤー・オプティック(Meyer Optik)を吸収することでレンズの生産部門を獲得し、以後はドイツ統一後の1991年まで、カール・ツァイス人民公社(VEB Carl Zeiss Jena)とともに東ドイツ製レンズの主要な供給元となっている。本ブログでは数回にわたりペンタコン人民公社が生産した3本の標準レンズPrakticar 2.4/50, Pentaflex 2.8/50, Pentacon 1.8/50を取り上げる。どれもコストパフォーマンスが抜群に良いうえ描写には特徴があるので、これからオールドレンズを始めようと意気込んでいる方にはピッタリのレンズであろう。

東ドイツのペンタコンブランド PART1
エルノスターの末裔
シャープで立体感のある描写が魅力
VEB Pentacon Prakticar 50mm F2.4
同じトリプレットからの発展レンズ(4枚玉)でも前の特集で取り上げたフジノン(X-Fujinon  F2.2)とは異なる描写傾向をみせるのがペンタコン人民公社のプラクチカール(Prakticar) F2.4である。フジノンでは四隅まで安定感のある描写が特徴であったが、本レンズの場合には中心解像力が高く立体感に富むのが特徴で、フジノンでは出せなかった非点収差由来のグルグルボケが本レンズの場合には見られる。フジノンではややしっとり感のある開放描写を特徴としていのに対し、本レンズの場合は開放からシャープでヌケがよく、発色もコッテリとしている。四隅の画質がやや妖しく、高画質な中心部とのギャップが立体感に富む描写を実現している。同じ4枚構成である両レンズの描写傾向にここまで明確な違いがみられるのは、とても興味深い事である。
このレンズはソーシャルネットMFlensesのメンバーから情報をもらい興味を持つようになった。さっそく過去の文献を調べたところ、古い技術資料の中に設計図の一部を発見し確認をとることができた[文献2]。レンズの設計構成は1920年代にエルネマン(Ernemann) 社のベルテレ(L. Bertele)とクルーグハルト(A. Klughardt)が考案したエルノスターの基本形(下図)である。ペンタコン人民公社は設立時にツァイス・イコンもろともエルネマンを取り込んでいるので、プラクチカールF2.4はメイヤーの製造ラインから送り出されたにせよ、エルノスターの血統を受け継ぐ末裔と考えても間違いではない。
ところで、かつてエルネマン社の本社社屋であったドレスデンのエルネマン・タワーは後にペンタコン人民公社の本社社屋になっており、ペンタコンの社標(ロゴマーク)にはエルネマンタワーをモチーフとした絵が描かれている。エルネマンを呑み込んだペンタコンなので、よく調べれば今回のレンズに限らずエルネマンとの接点が他にもいろいろと見出せるのかもしれない。 
Pentacon MC Prakticar 50mm F2.4の構成図([文献2]からのトレーススケッチ)。左が前方の被写体側で右がカメラの側となっている。構成は4群4枚のエルノスター基本型で、1920年代にエルネマン社のレンズ設計士ベルテレ(L. Bertele)とクルーグハルト(A. Klughardt)がトリプレットの第1レンズと第2レンズの間に正のアプラナテックレンズを1枚加え、明るさを稼いで完成させたErnostar 100mm F2をべースとしている
入手の経緯
今回手にしたレンズは2014年1月に横浜の改造レンズ工房NOCTOから9450円で購入した。僅かにホコリの混入があるとのことで美品の状態であった。米国版eBayやヤフオクではあまり取引されていないレンズだが、ドイツ版eBayには大量に流通しており価格もこなれている。オーストリアのライカショップでは元箱付のオールドストック(新品同様)が60ユーロ+送料30ユーロで3本販売されていた。中古品の場合はドイツ版ebayで40~50ユーロ(+送料20ユーロ)程度が相場のようである。
最短撮影距離 0.6m, フィルター径 49mm, 重量 160g, 絞り羽 6枚構成, 絞り F2.4-F16, コーティングはマルチコート, 構成 4群4枚エルノスター型, マウント形状 プラクチカB(PBマウント), 製造期間 1979-1991年, 製造所 Kombinat VEB Pentacon Dresden


参考文献
  • [1] 東ドイツカメラの全貌 (朝日ソノラマ)
  • [2] BILD UND TON 1/1986(Scientific Journal of visual and auditory media "Entwicklungstendenzen der fotografischen Optik" Dipl.-Ing. Wolf-Dieter Prenzel, KDT
撮影テスト
開放から中心解像力が高く、シャープで高コントラストなレンズである。少し絞ると階調描写は更に鋭くなりカリッとしてくる。ピント部は距離を問わずスッキリとしていてヌケがよく、フレアや滲みはほとんど見られない。四隅に向かって解像力が急激に落ち画質が妖しくなるため、中心部とのギャップが立体感に富んだ画作りを可能にする。このあたりは明るく画角の広いレンズによく見られる像面湾曲の影響であろう。F4あたりまで絞ればピントの合う被写界深度が広くなるので四隅まで均一に写るようになる。背後のボケは像が硬めでポートレート域をとる場合にはザワザワと煩く、2線ボケ傾向もみられるが、こうした性質を利用しバブルボケを狙うことも本レンズならば可能である。反対に前ボケは柔らかく、大きく滲みながら綺麗に拡散する。グルグルボケは開放時に近接域からポートレート域を撮影する際に発生し、1~2段絞れば全く目立たないレベルとなる。発色は癖などなく鮮やかで、ややコッテリ気味だ。逆光にさらし多少無理をさせても一定水準以上の結果をだしてくれる頼もしいレンズである。
F2.4(開放), sony A7(AWB):ピントは窓に写る遠方の木にとったので窓枠にはピントがあっていない。前ボケはフレアにつつまれ柔らかく綺麗。品のある繊細なボケ味である

F2.4(開放), sony A7(AWB): 中心解像力は高い。一方で四隅に向かって収差が急激に増し立体感に富んだ描写となる






F5.6, sony A7(AWB): 絞れば非の打ちどころのない優れた描写である。ボケは適度に柔らかく四隅まで安定感があり、ピント部も四隅までシャープでヌケがよく解像力も十分である
F2.4(開放), sony A7(AWB): 発色は癖などなくコッテリと鮮やか
F4, Sony A7(AWB): コントラストは高い
F2.4(開放), sony A7(AWB):背後のボケにかなり特徴がある。開放ではグルグルボケも出る

F4, sony A7(AWB): とてもシャープに写るレンズだ
F8, sony A7(AWB): 遠方撮影でも滲みやフレアが出ることはなく、スッキリとヌケがよい







F2.4(開放), Sony A7(AWB):続いてポートレート域。ボケはやや硬い。四隅が少しグルグルしている



4 件のコメント:

  1. はじめまして、こんにちは。
    最近M42やExaktaマウントレンズなどが気になりだしてきたもので、
    こちらのサイトにて色々お勉強させていただいております。
    これからも更新楽しみにしております。

    返信削除
    返信
    1. 楽しんでいただき何よりです。

      削除
  2. Pentacon 50mm F2.4、私も元箱付きのデッドストックをかなりの廉価で買いましたが、Pentaconらしくない濃い発色とシャープさ、Ultron並の大きさ・軽さが心地よく、気に入っているレンズの一つです。Flektogonに通じるコーティングの美しさも見逃せません。
    フルサイズだとクセの強いこのレンズも、APS-Cでは4隅のグルグルも抑えられ、素直なレンズに生まれ変わりますね。

    返信削除
    返信
    1. 写りがガウスっぽくないところが、とてもいいですよね。

      削除

匿名での投稿は現在受け付けておりませんので、ハンドルネーム等でお願いします。また、ご質問を投稿する際には回答者に必ずお返事を返すよう、マナーの順守をお願いいたします。