おしらせ

 
イベント案内
オールドレンズ写真学校ワークショップ
9月3日(日)場所はアクアパーク品川 申込制:定員15名(間もなく定員オーバーとなりキャンセル待ちに入るそうです) 詳しくはこちら スタッフとして参加予定です。

オールドレンズxポートレート写真展2
9月16日(土)―9月18日(月・祝)場所は学芸大前 こちらも関連ワークショップですので、お知らせいたします。詳しくはこちら

オールドレンズ写真学校ワークショップ
9月23日(土)場所は巾着田 申込制:定員15名(既に申込が続々と入っているそうです。最近、定員オーバーが多いので申込はお早めに) 詳しくはこちら
スタッフとして参加予定です。


2013/01/21

M42 Helicoid-hood M42ヘリコイド・フード


フォーカッシング・ヘリコイドをレンズフードにしてしまう逆転の発想

最近のM42フォーカッシング・ヘリコイドには伸縮率の高いものがあり、丈の長さが35mmから90mmまで変化する製品も出てきている。このヘリコイドにM42リバースリング・アダプターを取り付けると、何と丈の長さを自由に変えることのできる伸縮自在のフードになる。こんな製品を今まで待ち焦がれていた方も多いのではいだろうか。なお、フォーカッシング・ヘリコイドと言えば日本製ならBORGブランド、世界的にはeBayで入手できる中国製のノンブランド製品が主流となっている。
 私はイメージサークルの大きな中・大判用レンズをフルサイズ・フォーマットのカメラで用いる機会が多く、純正フードよりも丈が長く、口径の細いフードを探して使っている。しかし、市販のフードでは長さの規格が数限られているため、都合良くケラレの起きないギリギリの長さのフードが見つかる機会は極稀である。その困難をいっぺんに解決してくれるのが、今回発案するM42ヘリコイド・フードというわけだ。

前列の2枚はM42リバースリングで、後列の4本はM42フォーカッシング・ヘリコイド。後列左からBORG OASYS 7840(11-18mm)、BORG OASYS 7842(15-25mm)、中国製M42ヘリコイドユニット(25-55mm)、中国製M42ヘリコイドユニット(35-90mm)である
M42フォーカッシング・ヘリコイドの市販品
伸縮範囲     製品
11mm - 18mm  BORG OASYS 7840(日本製)
12mm - 17mm  中国製(eBay)
15mm - 25mm  BORG OASYS 7842(日本製)
17mm - 31mm  中国製(eBay)
25mm - 55mm  中国製(eBay)
27mm - 47mm  BORG OASYS 7841(日本製)
35mm - 90mm  中国製(eBay)

M42リバースリングアダプターはいろいろな規格のものがオークションやショップで購入できる。ステップアップリングやステップダウンリングと組み合わせれば装着できるレンズの幅が広がる。
M42リバースリングアダプターを介してM42フォーカッシング・ヘリコイド(35-90mm)をCarl Zeiss Jena Tessar 80mm F2.8の前方に取り付けるところ。M42リバースリングアダプターは片側がフィルタースレッドの雄ネジであるため、レンズのフィルターネジに装着できる。もう片側はM42マウントネジになっている。このレンズは35mm判のレンズとして販売されていたが、光学系自体はもともと中判撮影向けに設計されたものなので広いイメージサークルを持つ。深いフードを装着し徹底したハレ切り対策をとる必用のあるレンズだ
Meyer Primotar 80mm F3.5に中国製M42フォーカッシング・ヘリコイド(25-55mm)を装着したところ。このレンズも35mm判として販売されていたレンズであるが、上のTesssar同様に光学系自体は中判撮影用にも対応できる広いイメージサークルを持つものからの流用である。やはり深いフードを必用とするレンズだ


  本稿では2本のレンズ(Carl Zeiss Jena Tessar 80mm F2.8とMeyerのPrimotar 80mm F3.5)に対するヘリコイド・フードの装着例を示している。これら2本はもともと中判撮影用に設計されたレンズをメーカーが35mm判レンズとして売っていたものだ。不思議なことにTessarタイプの中望遠レンズには中判用からの流用が目立つ。何か深い意味でもあったのだろうか。イメージサークルが大きいので光学系が取り込む光の量も通常の35mm判レンズに比べると遙かに多い。35mm判レンズとして用いる場合には、その大半が不要光として内面反射光の供給源になってしまう。深いフードを用いて徹底したハレ切り対策を施さないとレンズ本来の描写力(シャープネスや発色)を損ねることになりかねない要注意レンズだ。
 なお、この手のフォーカッシング・ヘリコイドには内壁に内面反射防止のためのペイントや凹凸構造が施されているのでフードとしての性能も充分である。フロント部が不細工でデザインには改善の余地を残すが、機能や性能は充分のはずである。M42の口径よりも細いフードが必用な場合にはM39リバースリングを介してM39(L39)エクステンションチューブを用いるという手もある。フード用キャップにはM42マウントのリアキャップをそのまま流用すればよい。

4 件のコメント:

  1. spiralさんこんにちは。早速実用新案のお披露目ですね。

    先般ご教授いただいてから試してみましたが、モノコート、ノンコートレンズには大いに役立つフードです。
    しかもケラレが出ないように、目一杯伸ばせるのが何とも頼もしい限りです。

    ただ細いレンズに付けると、下手くそ写真同様、何となくレンズもうなだれるような気がして.....。(笑)

    ライカにはFIKUSという50mmから135mmまで伸縮するフードがあって、34mmカブセながら結構優秀で重宝しています。
    だれか伸縮自在のフードをつくって売り出さないものでしょうかね。

    返信削除
    返信
    1. lense5151さん

      こんばんは。

      >だれか伸縮自在のフードをつくって売り出さないものでしょうかね。

      そうですね。でもフードに気を使うのはオールドレンズユーザーぐらいですので需要は細いのかもしれません。

      中判レンズを135mmフォーマットの一眼レフカメラで使用する際に、ステップダウンリングで前玉の外周部をマスクしてしまう事にもフード同様に内面反射光を減らす効果があるのではと考えるようになりました。何かこのあたりでのご経験等ございますでしょうか。

      削除
    2. レンズの前にステップダウンリングを入れるのは、大いに効果のあることを以前に試してあります。
      ただし口径の大きいレンズほど、少しのことでもケラレやすいようで、これだけは実際に試さないと分かりませんね。

      フードの基本はベス単にありと思っています。あの小さく短いフードがあるのと無いのとでは、随分な違いがあるのを実感されているはずです。
      だから「ベス単フードはずし」と言うのだそうです。(当たり前か?)
      ステップダウンリングの活用は、とにかく余分な光を少しでもカットする、ベス単のフードと同じような役割だと考えます。

      逆光に近い場合、フードだけではなかなかカットしにくいフレアの原因の一つに、フードの下の部分に当たる光も大きな影響を与えていると思われます。
      わずかでも左手を添えるがけで、かなりのフレアが押さえられるのもこの事に起因するかもしれません。

      フードの研究家ではありませんが、今のトイレットペーパーが無くなったら、光が当たらないように下の部分を切り取った特製フードを作り、大実験を挙行してみます。(笑)
      と、冗談めかして言っていますが、ヴィンテージレンズの多い私にとってフード問題は、安定した写りを確保する最重要課題でもあります。

      削除
    3. ご経験談ありがとうございました。ステップダウンリングで前玉外周部をマスクし、その先から細いフードを取り付ける場合、ケラレないギリギリの所を見つけ出すのは、なかなか難しそうな問題のようですね。

      >逆光に近い場合、フードだけではなかなかカットしにくい
      >フレアの原因の一つに、フードの下の部分に当たる光も大
      >きな影響を与えていると思われます。

      そういえば、ボール紙を巻いただけのフードを使っていたときの
      ことです。このフードは内側から極小さなセロテープで固定してい
      ましたが、セロテープからの反射光がレンズに大きなフレアを
      生んで困ったことがあります。まさに同じ事でしたが、
      目の上のタンコブ。フードの内側って結構デリケートなのですね。

      削除

匿名での投稿は現在受け付けておりませんので、ハンドルネーム等でお願いします。また、ご質問を投稿する際には回答者に必ずお返事を返すよう、マナーの順守をお願いいたします。