おしらせ

 
おしらせ
上野由日路x伊藤弘 オールドレンズ写真学校 写真展 vol.4
11月3-5日 場所は原宿 詳しくはこちら スタッフとして参加予定です。

オールドレンズ女子部
12月2日(土) 東京ドームシティ イルミネーション撮影散歩&お茶会 詳しくはこちら

TAIR-41Mのブログエントリーに写真を追加
Oo.ema.oOさんにオリンパスPENで撮影したタイ―ル41M(前記モデル)の写真を提供していただきました。

2013/12/04

Voigtländer SKOPAREX 35mm F3.4 (DKL)


銘玉の宝庫デッケルマウントのレンズ達
PART3: SKOPAREX 35mm F3.4
軽量でコンパクトなレトロフォーカス型広角レンズ 
Skoparex(スコパレクス)はVoigtländer (フォクトレンダー)社が1956年に発売した一眼レフカメラ用のレトロフォーカス型広角レンズである。当初はレンジファインダーカメラのVitessa-T (旧式デッケルマウント)に搭載する交換レンズとしてSkoparet (スコパレット)の名で供給されていたが、1959年にデッケルマウントが新規格にマイナーチェンジされたのを機にSkoparexへと改称され、同社初の一眼レフカメラであるBessamatic(ベッサマティック)の交換レンズとして供給されるようになった。新旧のデッケルマウントに互換性はないことから、レンズ名が変更されたのは規格の変更によるユーザーの混乱を回避するためであったと考えられる。SkoparetからSkoparexへの改称ルールはVoigtländer社の他のレンズブランドにも一様に当てはまり、Vitessa-T用の交換レンズはそれぞれDynaret →Dynalex、Super-Dynaret →Super-Dynalex、Color-Skopar →Color-Skopar Xと置き換えられている。Bessamatic用のレンズだと思い込みVitessa-T用レンズを持ち出しても互換性はないので、使用することはおろかマウントすらできないのである。
Skoparexという名称から容易に連想できることだが、このレンズは同社テッサー・タイプのSkoparブランド(下図・上段)から派生したモデルであり、Color-Skoparの前方に凹レンズを据えレトロフォーカス化したProminent用Skoparon(スコパロン) 35mm F3.5(下図・左)を直接の先祖としている。Prominent(プロミネント)はミラーの可動部を持たないレンジファインダー機のため、一眼レフ的な発想からすれば本来はレンズをレトロフォーカス化する必要のないカメラである。しかし、マウント部にSyncro-Compur(シンクロ・コンパー)シャッターを組み込むという独特の構造のため、バックフォーカスを従来のレンジファインダー機よりも長く設定しなければならなかった。SkoparonはProminent固有の構造的な制限から生まれた変則的なレトロフォーカス型レンズなのである。その後、このレンズはVitessa-T用の交換レンズとして再設計され、バックフォーカスを更に伸張させたSkoparet /Skoparex F3.4へと発展している。SkoparetとSkoparonが兄弟の関係なのか親子の関係なのかについては記録がないのでわからない。
Skoparexの設計(下図・右)はテッサー型レンズ(黄色のエレメント)の前方に凹レンズ(緑のエレメント)と凸レンズ(赤のエレメント)を追加したもので、有名な元祖レトロフォーカスのAngenieux Type R1 2.5/35と同一構成である。Angenieux R1では開放でモヤモヤとしたコマの発生がみられコントラストは低下気味で発色も淡白であったが、Skoparexは口径比をF3.4と控え目に設定しているため、コマの発生は少なく、シャープでよく写るレンズとなっている。このクラスのレンズとしては極めてコンパクトかつ軽量で、重量は僅か167gしかない。
Voigtländer社のレトロフォーカス型広角レンズは1949年に登場したColor-Skopar 3.5/50(図・上段)を起点に生み出されている。1953年になるとColor-Skoparの前部に凹レンズ(緑色)を据えたProminent用レトロフォーカス型広角レンズのSkoparon 3.5/35(図・下段左)が設計され(1954年登場)、2年後の1956年には将来の一眼レフカメラ時代を念頭に据えたSkoparet/ Skoparex 3.4/35(図・下段右)が誕生している









重量:167g, 製造年:1960-1969年製造, 製造数:6万本強(Voigtlander社のデッケルレンズとしてはCoolor-Skoparに次いで2番目に多く生産されたブランドである),構成:5群6枚, 絞り羽 5枚, フィルター径 40.5mm, 最短撮影距離 1m(後期型は0.4mに短縮されている), 開放絞り値 F3.4, 焦点距離 35mm, 前玉が前方に出っ張っているので保護フィルターの装着をおすすめする




レンズは1960年から1969年まの9年間で6万本強もの数が生産され、この間に仕様変更を伴うマイナーチェンジが何度か繰り返されている。初期のモデルではColor-SkoparやTele-Artonと同様、マウント部にフォクトレンダー機では使用されるはずのない距離計連動用のカムがついていた。これは先行発売されていたデッケルマウントのレンジファインダー機Kodak Retina IIIs(1958年登場)に対抗するカメラをフォクトレンダーが計画していたためと考えられている。最短撮影距離は1mと長く、近接撮影が不得意なレンジファインダー機の都合に配慮した製品仕様となっていた。しかし、間もなくカメラ業界はレンジファインダー機の時代から一眼レフカメラの時代へと急速にシフトし、フォクトレンダーの新型レンジファインダー機は実現しなかった。これに応じるように後期のモデルでは不要となったカム構造が段階的に省かれ、最短撮影距離も0.4mまで短縮されている。また、鏡胴側面のグリップリング(ギザギザ)が幅の広いタイプに変更され、カメラへの脱着が容易になった。
 
入手の経緯
今回レンズの紹介で使用したSkoparexはデッケルレンズ愛好家のdymaさんからお借りした個体だ。dymaさんと私は鎌倉の杉本寺で偶然出会った仲である。Nikon FマウントのデジイチにTopcor(旧型)をつけ撮影していたので、普通の人でないことは直ぐにわかった。レンズの方は絞りの調子が悪く開放から2段までしか絞ることができなかったが、ガラスの状態は良く、テスト用の個体としては十分なものであった。Skoparexはデッケルレンズの中でもeBayでの流通量が比較的多いモデルなので、探すのには苦労しないであろう。現在は200-250ドル程度で取引されている。ヤフオクでの流通量は多くない。




撮影テスト
デジタル撮影  SONY A7 (AWB), Nikon D3(AWB)
銀塩撮影 Fujicolor C200(ネガ), SP400(ネガ)

最初期の製造ロットは内面反射光の問題が深刻で階調描写力が奮わなかったが、幾度かのマイナーチェンジを経て改良され、描写性能は飛躍的に向上したようである[文献1]。私が入手した個体はシリアル番号6756XXXで、1965年頃に生産された比較的後期のタイプである。
実際にレンズを手に取って使用してみると、解像力やコントラストなど基本性能は開放から良好で、ヌケや発色もよい。ピント部は開放からスッキリと写り、コマによる滲みは開放絞りの時に四隅で僅かに検出できる程度である。逆光撮影には弱く、ゴーストが出やすいことに加え、撮影条件がさらに厳しいと軽度のフレアも発生する。しかし、フレアが重症化することはなく、発色が著しく淡くなったり濁ったりということはなかった。歪みは僅かに樽型である。口径比がF3.4と控えめなので大きなボケ量は期待できないが、ボケは穏やかで安定感があり、2線ボケやグルグルボケなどの乱れは検出できなかった。以下、作例。
F8, 銀塩撮影(Fujicolor SP400 ネガ) : ご覧の通りにコントラストは良好で発色も鮮やか。Color-Skoparほど階調描写は硬くない
F5.6, 銀塩撮影(Fujicolor C200 ネガ): 右側の船のマストに注目すると、少し樽型に歪曲していることがわかる。気になる程ではない
F3.4, Sony A7 digital(AWB): 今度はデジタル撮影。逆光撮影時になるとゴーストが出やすく、発生したゴーストを中心にスペシューム光線のようなフレア(内面反射由来)が放射状に飛び出している。ただし、白濁するほどフレアが重症化することはない。2段絞ればフレアは消滅する

F3.4(開放), Nikon D3 digital (AWB): コマは初期のレトロフォーカス型広角レンズが抱えていた持病のようなものであるが、Skoparexの場合はよく補正されており、四隅で若干滲む程度である
F8, Nikon D3 digital(AWB): 深い被写界深度と適度に広い画角をもつ焦点距離35mmのレンズならではの構図だ。ちなみにここは浅草寺。100円入れて棒みくじをひき、棒の先端に記された番号をよんで引き出しから三椏紙[みつまたし](みくじの紙)を取り出すルールとなっている。娘は何と大吉を引いていた


F5.6, Nikon D3 digital(AWB): 軒先に人でもいれば、とても良い作例になっていた
F8, Nikon D3 digital(AWB): 絞れば四隅まで高解像だ(娘も5歳。大きくなりました。各方面から祝福のメールをいただき感謝しております)
F3.4(開放), Sony A7 digital(AWB): 絞りは開放だがピント部は四隅まで優れた画質である。控えめな開放F値のためボケ量は小さいが安定感のある穏やかなボケ具合である 



デッケルレンズの最大の悩みは最短撮影距離が長く、被写体に寄れない事である。とくにSkoparexのような広角系レンズでは被写界深度が深くボケ量が控えめとなるため、被写体に寄れないことは表現力におけるハンデとなっていた。このようなハンデはレンジファインダー機用レンズにも共通する悩みである。しかし、ショートフランジのフルサイズ・ミラーレス機やヘリコイドアダプターの登場が事態を一変させた。最短撮影距離を強制的に短くできるという新たな道が開けたのである。テクノロジーの変遷が半世紀も前に製造されたオールドレンズの資産価値を向上させるという、とても興味深い事例を我々は目の当たりにしている。

参考文献1 クラシックカメラ専科39 特集モダンクラシック・レンズ編 朝日ソノラマ P33

6 件のコメント:

  1. このScoparex、やはりIcarex用Zeissと同じものなのでしょうか?
    Dynarex135mmの場合は同じようで、試しに前玉をVoigtlanderとZeissで交換してみても、まったく写りには影響がなかったのですが・・・。

    返信削除
    返信
    1. どうなんでしょう。
      このあたりの関連性は耳にしたことがありません。

      削除
    2. この間ネットで同じ工場で作られて、ネームだけを変えて発売したとの書き込みを発見したのですが、ガラスの色と形状、玉交換をしても影響がなかった点からも信憑性があると思います。

      削除
    3. > ガラスの色と形状、玉交換をしても影響がなかった
      > 点からも信憑性があると思います。

      コーティング色には時代なりの変更があるかもしれませんが、
      玉交換で無影響でしたら、かなり信ぴょう性ありますよね?!


      削除
    4. Scoparexの発売時期はZeissとの統合時期に重なりますので、十分考えられる事だと思います。
      そういえば、Dynarex 200mmとRollei QBM用のSuper-Dynarexも酷似しているんですよね。
      RolleiにもColor-Scoparexがあるし、この辺の関連性を考えると頭がこんがらがってきます。

      削除
    5. まったくです。誰かに整理してほしいものです(笑)。

      削除

匿名での投稿は現在受け付けておりませんので、ハンドルネーム等でお願いします。また、ご質問を投稿する際には回答者に必ずお返事を返すよう、マナーの順守をお願いいたします。