おしらせ

 
おしらせ

オールドレンズ女子部
12月2日(土) 東京ドームシティ イルミネーション撮影散歩&お茶会 詳しくはこちら

オールドレンズ写真学校12月ワークショップ
今月は12月17日(日)の予定です。まもなく正式な発表と申し込みの開始が始まります。

2009/05/20

P.ANGENIEUX PARIS RETROFOCUS Type R1 35mm/F2.5 (M42)
アンジェニュー レトロフォーカス タイプR1


オールドレンズ界のマジシャン

最新の改訂版はこちらです。

アンジェニューは、現在の広角レンズの設計の基礎となるレトロフォーカス[1]の発明や、映画撮影のシネマ用ズームレンズを製造していたことで知られている。ライカやツァイスと並びEUを代表するフランスの光学機器メーカーである。本品は1950年に製造されたM42マウント用のレンズである。他にもエグザクタマウント用やアルパマウント用の製品が製造されていた。ハロやフレアを自在にコントロールし、このレンズでしか出せない作風をつくり得る事ができる。熱狂的なファンが多い事でも知られるオールドレンズ界のマジシャンである。 レンズが届いた日、試しに自宅の部屋に飾ってあった雛人形を撮る。わずかに微笑んでいる綺麗な顔のお雛様、その白い顔の輪郭付近に青白いハロが発生、なんとも不気味な面持ちに腰を抜かした。このレンズ・・・いったい何なんだ。

footnote[1]: レトロフォーカスってなんだかカッコいい呼び名だけれど一体なんなのか。レトロフォーカスとは焦点(フォーカス)を後退(レトロ)させるという意味で、それまでの広角レンズの最前面に大型の凹レンズを取り付け、一眼レフカメラのセンサー面やフィルム面までのバックフォーカスを長くする設計。ミラーの空間確保を可能にするという画期的なものであった。いわゆるレトロ(復古調)とは全く関係ないのだが、このレンズの描写を見ていると関係ありそうに思えてしまう私。もはやアンジェニュー中毒者なのか?

最短撮影距離:0.8m フィルター径:51.5mm 焦点距離/絞り値:35mm/F2.5, F4, F5.6,F 8, F11, F22 重量:275g M42マウント用のアンジェニュー35mmはキャノンのフルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラにおいてもミラー干渉しないがエグザクタマウント用35mmはミラーに当たる

昔のシネマ用レンズによくある円筒形の鏡胴がカッコよい。写りも外観もパリジェンヌ級だ!

入手の経緯
以前から気になっていたアンジェニューだが円高の波に乗り、ついポチッと買ってしまった。本品はM42マウント仕様であり、2009年2月にeBayにて米国の中古カメラ販売業者が新品同様(MINT状態)との触込みで700ドル(約6万5千円)で売り出していた。業者に525ドルでどうかと交渉したところ600ドル(5万5千円)でならよいということで決着し落札できた。日本国内の相場だとM42マウントの場合、10万円近い値段で売られている。なんて高いんだ!

商品が到着
届いた商品はオークションの解説どうり、たいへん状態の良い品だった。アンジェニューは何かとデリケートなレンズであり、中古市場には傷んでいるものが多い。レンズ内に曇りが発生している品が大量に出回っているようである。オークションで購入する際には新品同様品を選ぶのが無難であろう。ここまで状態の良い品に巡り合えたのは、ちと大げさだが奇跡に近い。

試写テスト 既に幾つかのWEBページに作例とともにアンジェニューの描写性能に対する評価が述べられている。それらを簡単にまとめると
  1. 開放絞り付近ではフレアーの多いふわっとした描写をし、絞るとフレアーは消え、全体が均質で細かく輝く特上の画質となる(こちらを参考)
  2. アンジェニューならではのビビットな赤の表現、ハイライト部分に入る優しいフレアが魅力(こちらを参考)
何とも魅力的ではないか!なさっそく試写テストでそれを体験してみた。

ハロが発生し焦点のあった箇所が美しい光に包まれる。これがアンジェニューの魔法だ F4
開放絞り付近では更にハロが出まくり幻想的な光景に様変わりする F2.5

絞ればちゃんとシャープに写る。猪の鬣がきちんと解像されている 千葉県富津市マザー牧場 F5.6



コントラストが低いためボケた部分が空と同化している。すごくいい! 千葉県富津市マザー牧場 F4

逆光ではコントラストが低く暗部もしまりがないためユル~い作風になる 千葉県富津市マザー牧場 F5.6

順光での作例はまともだ 千葉県富津市マザー牧場 F5.6
こちらも斜光での作例 千葉県富津市マザー牧場 F8
繊細で緻密、神経質なアンジェニュー
このレンズを晴天下においてF2.5の絞り開放で使用すると作例にもあるようにハロが出まくる。その原因は開放絞りの付近においてレンズ特有の収差が大きくなるためで、実際に絞りを一段・二段と閉じてゆくと、収差が解消し、ハロの消失とともにコントラストが向上する。ところが更に絞ってF8やF11あたりまで口径を小さくすると、今度はフレアが発生しコントラストが下がってシャドーが浮き足立ってしまう。フレアの原因は光の回折が激しくなるためだ。


F2.5:中央の葉にハロが発生する。F4:ハロが消失しシャープになる。F11:中央に僅かにモヤモヤしたフレアが出始める。F16:中央にハッキリとフレアが見える
一般的なレンズの場合、回折が写真画像に与える影響は解像感の低下くらいである。しかし、アンジェニューの場合には敏感に反応し、はっきり識別できるほどのフレアを生んでしまう。晴天下でこのレンズを扱う場合には、絞りすぎに注意する必要がある。

撮影機材:Nikon D3 +M42-Nikonマウントアダプター(補正入り) + Angenieux Type R1 35/2.5 + フード:MS OPTICAL 51(宮崎製品) 


M42の母艦にニコンを使うなんて・・・フランジバックの差に憂鬱な私。早くキャノンが欲しいよぉ~!
アンジェニューは繊細な描写を生むことに定評がある銘玉だ。しかし、時にはその性質が仇となる。晴天下など光が多い状況になると性格が一変し、不安定でおとなしくない描写を示すようになる。絞り開放ではハロやフレア、絞りすぎてもフレア、神経質でコントロールが難しい様は人間の心理そのものだ。
それにしてもアンジェニュ~。あークセになりそう。ウヒヒ・・・。spiral

29 件のコメント:

  1. こんばんは SPIRAさん ブログ拝見しています。

    先日 SPIRAL さんと同じM42純正のアンジェニューを購入して、5DMarkIIで使っています。
    このレンズ 開放でもピントの芯が出て、かなり緻密(繊細)な描写になるんですね。

    F2.5開放ではハロー、F4~5.6位が最もクリアな描写、F8からは再度フレア、このブログとほぼ同じ結果でした。
    僕もMS OPTICAL 51注文中なんですが、58mm径の保護フィルター使うか使うまいか思案中なんですよね~

    コーティングの弱さを考えると、使いたいんですが・・・ヤッパリ写りに影響しますかね~ 保護フィルター。
    SPIRAL さんは見た感じ使われていないみたいなんですけど、どんなもんでしょうか?

    返信削除
  2. > こぎとさんのコメント...
    > こんばんはSPIRAさん 
    > ブログ拝見しています。

    どうもありがとうございます。
    いつも乱文ですみません。

    > 先日 SPIRAL さんと同じM42純正の
    > アンジェニューを購入して、
    > 5DMarkIIで使っています。このレンズ 
    > 開放でもピントの芯が出て、
    > かなり緻密(繊細)な描写になるんですね。

    そうなんです。意外な緻密さに驚きますよね。
    ハロがでるレンズなので、わたしも最初は
    ボヤーっと甘く細部まで淡泊でメリハリがなくなり、
    しっとりした感じの描写になるのかと思って
    いましたら、そんなことはなかった覚えがあります。



    > F2.5開放ではハロー、F4~5.6位が最もクリアな描写、
    > F8からは再度フレア、このブログとほぼ同じ結果
    > でした。僕もMS OPTICAL 51注文中なんですが、
    > 58mm径の保護フィルター使うか使うまいか
    > 思案中なんですよね~
    > コーティングの弱さを考えると、
    > 使いたいんですが・・・
    > ヤッパリ写りに影響しますかね~ 保護フィルター。
    > SPIRAL さんは見た感じ使われていないみた
    > いなんですけど、どんなもんでしょうか?


    現代の保護フィルターはよくできていまして
    光透過率は99.6%以上もありますので、
    肉眼でわかるような影響(コントラストの低下)は
    全く出ないと思います。0.4%程度の反射は
    レンズの個体差に現われる誤差程度の僅かなものです。
    フィルターはレンズと異なり光を曲げませんので、
    収差もゼロですし、大丈夫です!はい!。
     
     
    近いうちにAngenieuxをもう一度取り上げたいと
    思いますので、またコメントしてくださいね。
    しかし5D-II・・・いいカメラで使ってい
    ますね(キラーン)。

    返信削除
  3. SPIRALさん コンチハ~

    5D-IIでオールドレンズ、悪くないですけどミラー干渉が・・・(汗)。ミラー干渉は5Dと5DIIではほぼ同じみたいですが、5DIIの方が僅かに当たり易い見たいですね。最近5Dでのミラー干渉の有無をまとめたサイトを見つけので、リンク張っときますね。http://www.panoramaplanet.de/comp/
    Angenieuxの35mmはどのカメラでもOKらしいですが、28mmだと全て当たる見たいです。

    返信削除
  4. こぎとさん

    いつも書き込みありがとうございます。

    > 最近5Dでのミラー干渉の有無をまとめたサイトを見つけ
    > ので、リンク張っときますね。
    > http://www.panoramaplanet.de/comp/
    > Angenieuxの35mmはどのカメラでもOKらしいですが、
    > 28mmだと全て当たる見たいです。

    このサイト、以前からちょくちょく覗いていました。
    便利なサイトですよね?こういう世のため人のため、
    にあるサイトは本当に貴重です。
    5D-IIの方僅かに当たりやすいという
    噂は本当ですか?ちょっと調べてみます。
    とても参考になります。
     
    ミラー干渉の観点からみるとα900のパラレルターン方式の
    ミラー動作はたいへん有利ですよね。

    返信削除
  5. >5D-IIの方僅かに当たりやすいという・・・
    これは 宮○製作所のHPに5Dと5DIIのミラー干渉について写真で図解してあったと記憶しています。

    >ミラー干渉の観点からみるとα900のパラレルターン方式の
    そうですね~Eos(44.0mm)とはフランジバックで0.5mmしか違いませんからね。
    5DIIはC/Yマウントだと高率で干渉しますから・・・

    返信削除
  6. こぎとさん

    こんばんは。いろいろ教えていただき、感謝感謝です。

    > そうですね~Eos(44.0mm)とはフランジバックで
    > 0.5mmしか違いませんからね。


    ミラー干渉の可能性は、いろいろ判らないことが多く、
    悩むことが多いです。フランジバックの長短はアダプターの
    短長で埋め合わされますので、ミラー干渉の可能性の大小とは
    無関係であるというのが私の脳内シミュレーションによる
    解釈ですが、そうかとおもうと、例えばEOS5Dで干渉する
    のにPENTAXの銀塩ではセーフであったりと、
    よくわからないことが多いです。ミラー板の大きさや取り付け
    位置に製品毎の差があるのかもしれませんね。奥が深そうです。

    宮本製作所のHP情報ありがとうございます♪♪

    私は5Dを所持したことがありませんが、ずっと欲し
    かったため、ブログにはいつも5Dへの干渉のことを
    明記してしまいます。

    あとEOSは電気接点を持たないレンズ(マウントアダプター
    経由のレンズ)を使用する場合において、絞りを変えると
    露出が大きく暴れると言われています。EOS KISSで
    その癖を体験しました。絞ると明るくなってしまうので、
    マイナス補正を強くかける必要性に迫られていました。
    EOS5DーIIではいかがでしょうか?

    返信削除
  7. >EOS5DーIIではいかがでしょうか?
    5DIIでも(ペンタックスでも)同様だと考えています。露出補正をカメラ側で一次線形にかけるには、測光時のレンズの絞り値の情報がどうも不可欠のようですね。マウントアダプターを介することによって、レンズとカメラはそれぞれスタンド・アローンですから、この情報伝達は無いので、露出の暴れは不可避と考えています。どうしても露出が暴れるなら、MモードでSSをコントロールするのが手っ取り早いかもしれません。

    上記のように考える根拠ですが、天体望遠鏡の対物レンズをAFアダプターでAF化して野鳥撮影に使っています。この場合もアダプターを介するので、レンズとカメラはスタンド・アローンですが、対物レンズ光学的な絞り値に近い電気信号をカメラ側に供給する工夫をしているので、(対物レンズには絞りが無いので、主に天候変化による露出の変化に対して)露出補正が容易なようです。

    返信削除
  8. >ミラー干渉の可能性の大小とは無関係であるというのが・・
    そうでしょうね~。
    基本的には、ミラーと後玉(とその周囲の構造物)のconformationで決まるんだと思います。ただ傾向として、フランジバックの長いほうが(無限遠が出ないことからも解かるように)後玉がセンサー側に寄って来にくいので、干渉しにくい傾向はあるかもしれませんね。
    因みに5Dと5DEIIではミラーアームの軌跡は同一らしいですが、5DIIの方がミラーが少しでかいんでしょうね。
    あと、1950年代のレンズとか”建付け”がアバウトでしょう(笑)。だから個体差が大きくて、図面上はOKなんだけど、本ちゃんでは干渉するみたいなことあるそうですよ。流石にZeissとかじゃないんだろうケド・・・Angenieuxはいろいろある感じみたい。

    返信削除
  9. こぎとさん

    毎度、有意義なコメントありがとうございます。
    子供を寝かしつけレスしています。只今、ヘロヘロ状態です。

    なるほど。天体撮影では対物レンズ情報を
    カメラ側に伝えていることにより、
    良好な補正を実現しているわけですね。
    説得力のある事例です♪(^o^)
     
    カメラ本体の事は良くわからないのですが、
    絞り値の情報が欠落する際の露出補正は測光値のみを用いて
    (おおざっぱに)おこなわれるのでしょうから、
    ここに各メーカー毎の癖が出るのかもしれないという
    わけですね♪(^o^)/。

    例えばソニーのnexシリーズの場合には
    eos KISSと反対の性質を示し、絞り込む程暗くなります。
    同一のレンズを使用しているのにeosとは全く逆なのです。
    (eos程は大きく暴れませんが。)
     
    測光量を用いた一次線形補正に対し、絞り値を考慮に入れた
    高次補正の向きがeosとsonyで逆なのかもしれません。
     
    いつも悩みだったのは、eos KISSを用いてf8よりも深く
    絞ると、露出補正が既に-2evの限界値に達してしまい、
    対応できなくなることでした。

    いろいろ参考になり楽しいです。ルンルン。

    返信削除
  10. >同一のレンズを使用しているのにeosとは全く逆なのです。
    ナルホド~ そうなんだ。

    >高次補正の向きがeosとsonyで逆なのかもしれません
    仰るとおりですね、

    Nex-5は、チョッと購入も検討しているんですが。
    確か、別ページで作例アップされてましたね。

    しかし、ソニーのセンサー オールドレンズに相性いいみたいなんですよね。ペンタックスでもサムスン製よりソニー製の方が絵がいいんですよね。

    返信削除
  11. こぎとさん

    > Nex-5は、チョッと購入も検討しているんですが。
    > 確か、別ページで作例アップされてましたね。

    今のところ、不満と言えば
    手ぶれが起こりやすいくらいです。

    スイングパノラマは
    マウントアダプター使用時に作動しません。

    今週末はHELIOSを使った撮影に
    出かけてきます。ではでは。

    返信削除
  12. こんちは~

    Rマウントのアンジェニューズーム45-90mm/2.8(2カム)をゲットしました。シリアルから見て1956年製みたいです。これもズミクロンに負けない位の繊細な描写なんですが、タッチは暖かい感じです。5DIIで使用予定ですが、ズームなんで電子マウントでのAFアシスト(フォーカスエイド)精度がどうなるか?・・・ですね。一応、設定を変えずに使える範囲内ではありますが、まあやってみてのお楽しみでしょうね。ミラー干渉はしないはずなんですが・・・

    返信削除
  13. こぎとさん

    ANGENIEUX ZOOMの入手おめでとうございます!
    69年に発売された初のライカ用ズームレンズ。
    発売当初はかなり高価なレンズだったようですね。
    しかも15枚とは大した構成です。
    よく造ったと思います。

    WEB上に素晴らしい作例がみつかります。
    面白そうなレンズですね。

    望遠側で端部が僅かに回っている作例が2-3枚あ
    りました。5DIIで端部まで写すことができれば、
    これも作風として生かせそうですね。

    このレンズについて何か面白いことがわかりましたら、
    ♪♪教えてくださいね♪♪

    私の方はプロミネント用NOKTONを
    入手しました。アダプター経由でLEICA L/Mに変換しますが、
    こいつをマウントできる安い母艦を探しています。
    BESSA-Tあたりを狙っています。

    返信削除
  14. こぎとさん

    ズームレンズでマニュアルフォーカスを
    行う際に昔から気になっていた事ですが、
    望遠側でピントを合わせ広角側に戻す時、
    合焦は保たれていますでしょうか?

    カメラやの親爺曰く古いレンズはこれが
    保たれているが、新しい物ではNGだとか
    ・・・。真相はわかりません。

    返信削除
  15. >焦点距離を一定の範囲で自由に変化できるレンズのうちで、その際ピント位置の移動が生じないものをズームレンズ、生じるものを可変焦点レンズ(バリフォーカルレンズ)という・・・この事でしょうね。MFレンズは、殆どがズームレンズで、テレ側でピントを合わし、必要な画角まで引いて、フレーミング出来ますが、通常のAFカメラではこの様な使い方が出来ません。何故ならば、AFレンズでは、一部の高級レンズを除きバリューフォーカスレンズになっているからです。ズームでない理由はズームレンズよりバリューフォーカスレンズの方が、設計がコンパクトに出来るのと、AFのため多少の焦点移動は実用上問題にならないからです。さて、アンジェニューズームレンズ(45-90mm/F2.8)はMFの”ズームレンズ”ですから合焦は保たれているはずですが、個体によってはこれが上手く作動しない”不良”もあるようですね。
    また、アンジェニューズームレンズでもAngenieux 28-70mm f:2.6 はTokinaのOEMみたいで、ミノルタやニコンマウントの製品が出ています。これには注意必要ですね。ライカは1970年頃にRレンズ用に45-90mmf2.8ZoomをAngenieuxに生産委託していますが、レンズボディには「P.Angenieux Paris」と刻印されているようです。やはりフランスのドイツに対する意地でしょうか?(笑)モチロンTokina製には”Tokina"の刻印なんかは入っていないようですが(爆)。
    まだレンズが手元に無いので、届いたら今回入手したズームレンズ(1974年製)をチェックしてみようと思っています。

    返信削除
  16. こぎとさん
    こんばんは

    なるほど。コンパクトに設計できる
    バリフォーカルレンズ。そういうことだったのですね。

    >やはりフランスのドイツに対する
    >意地でしょうか?(笑)

    SUPER ANGULONなんかは「LEIZ」とあります。
    シュナイダーの「シュ」の字も記されてません
    からね(笑)。

    ドイツ製品にある程度の敬意がある日本人には
    こんな意地はなさそうですね。早速1.1万円で購入した
    日本製(コシナ製)ベッサーTには、本体に平気で
    VOIGTLANDER GERMANY 1756
    などと刻印があります。

    アンジェニューでのチェックも
    楽しみにしていますね♪♪

    返信削除
  17. こんばんは~
    アンジェニューズーム、届きました~♪♪

    いや~殆ど使用感のない美品です! ビックリしました。作りは重量感があって、これはもう純然たるLeitzのレンズですね~。

    しかし鏡筒には、Lens Made in France for Leitz-Leicaflexとも また先端のフードの部分には大きく一目でわかるように、P.ANGENIEUX  PARISの文字とアンジェニュー独自のシリアルナンバーのロゴがidentityを主張すべく入っています。

    5DIIでミラー干渉無く、夜間遠景で見る限り無限遠も問題ないようで、マウンドアダプターの加工精度も良いのでしょうね。開放でのハロは35mm F2.5より少ないようですね。たぶん、35mm F2.5のアンジェニューとは少し(あるいはかなり)描写の性格が違うのではないかと思います。

    さて、焦点工房の電子アダプターですが、フォーカスエイドも45mm~90mmで良い感じに決まっている様子。確かな情報によると、ここのNC旋盤は日本製を持ち込んでいるので、加工精度は日本の一流ブランドと同等らしいです。ですから無限遠もしっかり出るんでしょうね。

    鏡筒は長めですが、手のひらに丁度収まるので、あまり重量を感じさせません。また、親指、人差し指と中指でズームとピンとリングを同時に作動させることが出来て快適ですね。

    こうした緻密かつ質実剛健なメカの内部に、フランスのエスプリをどのようにし忍ばせているのか・・・まあ、ボチボチと撮ってみますね~

    返信削除
  18. こぎとさん
    こんばんは


    > いや~殆ど使用感のない美品です! ビックリし
    > ました。作りは重量感があって、これはもう
    > 純然たるLeitzのレンズですね~。

    いやー素晴らしい!なかなか無いんでしょうね。

    > しかし鏡筒には、Lens Made in France
    > for Leitz-Leicaflexとも、また先端のフードの
    > 部分には大きく一目でわかるように、
    > P.ANGENIEUX PARIS
    > の文字とアンジェニュー独自のシリアルナンバーの
    > ロゴがidentityを
    > 主張すべく入っています。

    うーん。感動的なコラボレーションですね。
     
    コラボの感動で申しますと、先日、落札に失敗した
    ロボット用の40mm/F1.9というレンズで
    "Rodenstock Kilar"というヘンテコな製品がありました。
    しかも鏡胴側面にはKilfittのロゴが入っています。
    ローデンとキルフィットの完全な合作です。
    650㌦で入札したところ、僅かな差で破れました。
    いまでも悔やんでいます。
     
    > 5DIIでミラー干渉無く、夜間遠景で見る限り無限遠も
    > 問題ないようで、マウンドアダプターの加工精度も
    > 良いのでしょうね。

    それは、ラッキーでした。
    思い描いた最良のシナリオが実現しましたね~。
    羨ましい。
     
    > 開放でのハロは35mm F2.5より少ないようですね。
    > たぶん、35mm F2.5のアンジェニューとは
    > 少し(あるいはかなり)
    > 描写の性格が違うのではないかと思います。
     
    ライツにOEM提供するという事への気配りなんでしょうか。
    案外シャープなのかもしれませんよ。
     

    > さて、焦点工房の電子アダプターですが、
    > フォーカスエイドも45mm~90mmで良い感じに
    > 決まっている様子。確かな情報によると、
    > ここのNC旋盤は日本製を持ち込んでいるので、
    > 加工精度は日本の一流ブランドと同等らしいです。
    > ですから無限遠もしっかり出るんでしょうね。

    オーバーインフ仕様ではなく、ジャスト無限遠といった
    感じでしょうか?

    > 鏡筒は長めですが、手のひらに丁度収まるので、
    > あまり重量を感じさせません。また、親指、人差し
    > 指と中指でズームとピンとリングを同時に作動さ
    > せることが出来て快適ですね。

     
    初期のズームなので、ユーザーへの配慮等
    いろいろ試行錯誤があったのかと思われます。
     
    > こうした緻密かつ質実剛健なメカの内部に、フランスの
    > エスプリをどのようにし忍ばせているのか・・・まあ、
    > ボチボチと撮ってみますね~

    うーん。楽しみにしています。
    じっくりレンズと対話してみてくださいね♪

    返信削除
  19. こんちは~

    ベランダからチョコット試写してみました。

    >なかなか無いんでしょうね。
    滅茶苦茶にレアなコレクターズアイテムではないと思いますが、一説によると製造本数は2000~3000本だろうと言われています(これが多いのか少ないのかは解かりませんが・・汗)。

    >コラボの感動・・・
    昔のOEMは SPIRALさん仰るようにまさに”コラボ”の感覚だったんでしょうね。だからしっかりとレンズ製造メーカーのロゴが入っているんだと思います。製品の”市場”ではなく、製品の”品質”に拘り(つまり自負と責任)のあった時代だったんでしょうね、と言ってしまうのは言い過ぎかもしれませんが・・・

    90mmではジャスト無限遠で45mmでは僅かにoverinfでした。これは許容範囲(仕様)でしょう。ズームによるピント移動は感じられませんでした。レンズ内部での調節機構が正常に動作していると思います。

    描写はエルマリートみたいな感じですが、逆光ではフレアが出ます。これはレンズ15枚のライカ初のレトロフォーカスズームということであれば致し方ないのでしょう。だから、ライカからこのレンズの描写に入ってくるか、アンジェニューから入ってくるかで、評価の分かれるところだと思います。

    開放でのハロはエルマリートより多く35mm F2.5のアンジェニュー単焦点より少ない感じです。球面収差を少なくして、より”現代的”な描写への指向性が伺えます。レトロフォーカスは球面収差を完全になくすのにはやや不利なレンズ構造なので、ピエスカー・ベルリン フォスなど初期のレトロフォーカスではSPIRALさんが別ページで指摘されているように、”この球面収差を生かしたチューニング”を念頭に置いた撮影が理にかなっているんだと思います。また、アンジェニューの50mm F1.8,90mm F1,8はレトロフォーカスでないので球面収差が残りにくく、開放でハロの少ない描写になっているのではないかな~と”妄想”しています。

    今の高倍率ズームから見れば45-90mmの2倍ズームなんでズームに入らないと思いますが、近距離撮影では画角の変化は明らかですから、撮影者の意図や感性が問われるchallengingなズームとも言えるでしょうね。折角だからFlickrかどこかに作例をアップしようかとも考えていま~す。

    返信削除
  20. こぎとさん
    ごんばんは

    いつも楽しい話題をありがとうございます。


    > 今の高倍率ズームから見れば45-90mmの
    > 2倍ズームなんでズームに入らないと思
    > いますが、近距離撮影では画角の変化は
    > 明らかですから、撮影者の意図や感性が
    > 問われるchallengingなズームとも言え
    > るでしょうね。

    ズーム幅は広ければ広いほどいいという考え方
    も確かに一理はありますが、全く異なる考え
    方も成立するかもしれません。

    たとえば、本来のズームの使い方をせず、 
    カメラマンの単焦点的な使い方に
    揺さぶりをかけることで、新しい
    感性を呼び醒ます事を目的とした
    ズームレンズというのは
    どうでしょうか?

    一度決めたフレーミングでシャッターボタン
    を押す前に、グラグラと焦点を微調整し、
    フレーミングの決まり具合を省みるのです。
    そんな発想もありかな?なんて思います。

    そういう意味で使うのでしたら、
    45-60MMだってよいと思います。


    > 折角だからFlickrかどこかに作例を
    > アップしようかとも考えていま~す。

    アップしましたら、教えてくださいね♪
    アンジェニューと共に
    よい週末をお過ごしください。

    返信削除
  21. こんちは~ 
    ジュピター9の写真にコメントありがとうございま~す。
    あの、コスモス赤が飽和してますね。ペンタックスのK-xで撮ったんですが、なんか天然シネマチックというか(笑)、結構派手な発色でした。

    さて、Kodak Retinette Angenieux 50mm F2.8をゲットしたので、K-xでとって見ました(AWB ISO200 F8)。JPEGです。
    http://www.flickr.com/photos/54760136n08/5289821894/
    これはこれで、良い感じかもしれないですね~

    返信削除
  22. 左側の半島のあたり、シャドーが黒つぶれせずに
    しっかり粘っている感じがで、いいですね。

    全体に紫がかっているのは、何か後処理を
    したのですか?幻想的ですね。

    私は自分用にクリスマスプレゼントとして
    BIOTAR 75mm/F1.5(M42)の新品同様を
    奮発GETしました。落札代金の1050㌦を工面するのに
    レンズを何本か放出しました。財布の中が寂しい・・・。

    返信削除
  23. こんばんは~

    >全体に紫がかっているのは・・・
    これはK-xのAWBの特徴なんでしょうね、As Shotです。 SPIRALさんのブログの御写真を拝見していて、EosX3やNEX-5とはK-xのAWBの転び方が違っているんでしょうね。他のブログでもK-xのこの色調変化は指摘があるみたいです。Flickrにアップしているのは、リサイズあるいはトリミングのみの加工です。

    BIOTAR 75mm/F1.5ですか~、いいですね、これ。
    ホスィ~(笑)。

    返信削除
  24. こんばんは

    K-xの色調変化、素晴らしい色ですね。
    いつか、こんな色が出したいと思っています(笑)。

    >BIOTAR 75mm/F1.5ですか~、いいですね、これ。

    しかも戦後の初期タイプで寸胴のスリムモデルです。
    鏡胴にやかましいくらいの指標線が入っていて、
    そのカッコ良さに一目惚れ。以前から気になる存在
    でした。ほとんどがEXAKTAマウント仕様ですが、
    チェコのカメラメイトがM42の極上品を出したので、
    ちょっと奮発しました。
     
    >ホスィ~(笑)。
     
    うひゃ~。しばらく忘れていた私のセリフ。
    一本とられました。

    返信削除
  25. はじめまして。
    いつも楽しく拝見させていただいております。

    最近、CマウントのANGENIEUXを手に入れて、一眼レフ用レンズの写りも気になっていたので、記事がとても参考になりました。
    知人に聞いてみても、傷の多いモノ、曇りの目立つもの、フォーカスが重いモノ・・など、状態の良くないものが多いようで、入手には時間がかかりそうです。。

    関係のない話ですが、最近、ヤフオク出品者の中にも、SPIRALさんの記事をそのまま使う輩がちらほら目立つようになりましたね・・
    ANGENIEUXの出品も、まんまSPIRALさんの文章を使ってるし・・
    http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n103915263
    こういうのは防ぐ手立てはないんでしょうかね。
    細かなレビュー記事は、とても参考になり、読者が楽しめる反面、こうした転売業者がラクをするために盗用するケースが多くて、楽しみにしている読者としては本当に腹が立ちますね(^^;)

    ともあれ、これからもSPIRALさんの記事を楽しみにさせていただきます!

    返信削除
  26. こんばんは。書き込みありがとうございます。

    >関係のない話ですが、最近、ヤフオク出品者の中にも、
    >SPIRALさんの記事をそのまま使う輩がちらほら
    >目立つようになりましたね・・


    防止は不可能。まぁ実害がないわけですし、グルになっているような
    書き方さえされなければ良しということで気にしないようにしています。

    「オールドレンズパラダイス」の一説もそのまま使われていますが、
    こちらの本はあまりにも有名なので全く問題ないのかもしれません。
    お気づかいありがとうございます。

    Angenieux R1については、最近いろいろ分かってきたことがありまして
    近いうち改定版を出したいと思い、作例を撮りためています。
    こちらをご覧ください

    http://www.nocto.jp/board/board.html?code=ogmosp015_image2&page=2&type=v&num1=999332&num2=00000&lock=N

    http://www.nocto.jp/board/board.html?code=ogmosp015_image2&page=1&type=v&num1=999329&num2=00000&lock=N

    TYPE R1とTYPE S1はコマフレアに関して特異な存在だと思うようになってきました。

    ここだけの話、次はxenotarですが・・・近いうちにANGENIEUX R1も出しますので、お楽しみください。

    返信削除
  27. こんばんは。

    こんなのもありました。ちょっと困るのではないでしょうか?
    デリカシーが無いと言いますかSpiralさんが売っているみたいに
    勘違いされそうですね。

    http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/152686362

    返信削除
  28. VGP-BMSさん

    ご連絡ありがとうございます。うーん。もちろん承諾などは無かったのですが、確かに露骨ですね。ローデンストックの台帳をせっせと数えたの、私なんですが・・・。ちょっと様子見でしょうかね。

    返信削除
  29. 皆様、ありがとうございます。ブログの下段、カウンタの横に
    引用ルールとCopyright(C)2012を明記しました。効果無いかもしれませんが。。。

    返信削除

匿名での投稿は現在受け付けておりませんので、ハンドルネーム等でお願いします。また、ご質問を投稿する際には回答者に必ずお返事を返すよう、マナーの順守をお願いいたします。