おしらせ

 
イベント案内

オールドレンズ女子部 撮影散歩&お茶会
10月15日 場所は横浜イングリッシュガーデン
参加資格 オールドレンズに興味のある女性 詳しくはこちら 

オールドレンズ写真学校 写真展
11月3ー5日 場所は原宿 申込制:定員13名(参加資格有) 詳しくはこちら スタッフとして参加予定です。

2009/05/16

Rodenstock Eurygon 30mm/F2.8(M42)
ローデンシュトック ユリゴン(オイリゴン)

この記事は新しいものに改定されています
こちらをご覧ください


メタルスライム級レンズを試す

Rodenstock(ローデンシュトック)社と言えば日本では眼鏡メーカーとしての認知度が先行し、カメラメーカーとしてはいま一つ知られていないが、中判カメラの世界では名を馳せており、ドイツではライカ、カール・ツァイス、シュナイダーと共に4大ブランドに挙げられることもある一流メーカーである。Eurygon(ユリゴンまたはオイリゴン)はRodenstock社が1959年に僅かに製造したM42マウント仕様の広角レンズである。他にもエギザクタマウント用やライカマウント用が存在するようであるが、いずれも流通量は極めて少なく、メタルスライム級のレンズであると言ってもよかろう。同社の姉妹品にはHeligon(ヘリゴン)50mm/F1.9という名の標準レンズもあるが、こちらはEurygonよりも更に流通量が少なく、オークションに出品される事はまず無いといってよい。両レンズとも希少であることに加え、優れたデザイン性(迫力のあるゼブラ模様のヘリコイドリングとセクシーなボディラインを連想させる美しい鏡胴)から極めて人気が高い。近年のデジタル一眼レフカメラのブームの波にのり、相場価格は上がりっぱなしのようである[1]。EURYGON欲すぃ~。

最短撮影距離: 0.4m、 フィルター径: 58mm、 焦点距離/開放F値: 30mm/2.8

footnote [1] : ドイツ版eBayでは350-500ユーロ位、米国内では600-800ドル程度、日本国内では8~10万円位が相場のようである。出品頻度は3ケ月~6ケ月に一品程度だろうか。Heligonに至っては相場すらわからない。

Eurygon 30mm/F2.8とHeligon 50mm/F1.9

入手の経緯
eBayドイツ版(勿論ドイツ語での解説)は、ドイツ製のレアなレンズを狙う際の穴場的なオークションサイトである。日本人がよく利用する米国版eBayには掲載されない商品が出品されるため、競争相手が少なくて済む。配送先がドイツ国内に限定されている場合は更に狙い目で、そんなときには決まって出品者に連絡し、日本への配送を交渉するのだ。配送を断られたならば落札代行業者に依頼すればよい。落札価格の15%程度の手数料を支払えばドイツ国内経由で転送してもらえる。
本品は2009年3月に当初、ドイツ国内への限定配送品としで92ユーロの値をつけ出品されていた。若干コバ落ちがあるとのことだがレンズは綺麗、修理すれば問題ない。日本への配送が可能であることを出品者に確認し、入札締め切り3秒前に400ユーロを投じてスナイプ入札を行ったところ、たったの265ユーロであっさり落札できた。極めて幸運である。オークションで勝利するコツは自分の入札額を、現在の表示価格を参考にして判断するのではなく、自分がいくらまでなら出せるのかをよく考えて額を決めることにある。掲示板には台湾人とイタリア人が私同様に配送の問い合わせをしていた。入札した人数が4人だったので、競売相手は日本(私)・ドイツ・イタリアの三国軍事同盟国に台湾となり、国際色豊かなムードとなっていた。英語が世界共通言語だと思っている人々には入り込めないのかもしれない。海外のeBay相場は使用感のある品で500~600㌦。美品の場合には700~800㌦位である。

商品が到着
届いた品には出品者からのメッセージと、いかにもドイツらしい小人の人形がオマケで同封されていた。感じの良い出品者である。レンズの状態もオークションの記述どうりで、年代物にしては良い状態を保っていた。出品者からのメールによるアフターケアもしっかりしていた。eBayでこのような優良な出品者に出会うことは稀である。

試写テスト: クールトーン気味、上品な作風が得られる
このレンズは青と赤およびこれらの中間色がしっかり出てくれる。発色は少し渋め。僅かにクールトーン調で落ち着いた調子に仕上がる。焦点距離30mmにしては開放でのボケ味が大きいという前評判を聞いていたが本当だった。マルチコーティング仕様ではないので、屋外で使用する際にはフードをつけて、しいかりハレ切りをしなければコントラストは下がってしまう。以下は試写結果。。。

暗部まで精緻で粘りのある写りをしてくれる。自然な美しいボケ味も魅力的。グルグルボケは発生していない
赤は鮮やかにでている
ベンチの木やコンクリートが少し青っぽくなる 渋谷区・代官山

こういう灰色の被写体を撮ると青みがかった色になる 渋谷区・代官山

以下は撮影機材: Rodenstock Eurygon 30/2.8 + M42-NFマウントアダプター(補正入り) + Nikon D3


Eurygon 30mm/2.8 + EOS Kiss x3 + CENTI METAL HOOD

3 件のコメント:

  1. しぶい発色が素敵ですね。

    返信削除
  2. そうですね。そちらかといえばクールなトーンですね。

    返信削除
  3. 2009年11月30日にeBayにて本品と同じレンズが競売にかけられ、最高値529㌦で落札されていました。

    返信削除

匿名での投稿は現在受け付けておりませんので、ハンドルネーム等でお願いします。また、ご質問を投稿する際には回答者に必ずお返事を返すよう、マナーの順守をお願いいたします。